人生の教科書



気力

落ち込まない人になる
30の方法

お気に入り28 読んだ
18

すべての
「~のせいで」は
「~のおかげで」と考えることができる。

すべての「~のせいで」は「~のおかげで」と考えることができる。 | 落ち込まない人になる30の方法

落ち込んでいる今は、考えにくいことかもしれません。

へこんでいるうちは、考える余裕はないことでしょう。

 

しかし、心が広く大きくなり、余裕ができたとき「~のせいで」と考えていたことを「~のおかげで」と考えるようにしましょう。

「~のせいで」と考えることは、必ず「~のおかげで」と考えることができるようになります。

物事のある一面しか見ていないから「~のせいで」と思います。

自分にとって、つらく悲しく悔しいことを、単純にマイナスと受け止めてしまいます。

 

しかし、実は、つらく悲しく悔しいことこそ「~のおかげで」と変換することができるようになるのです。

今まで「~のせいで」と考えていたことを「~のおかげで」と考えることができるようになれば、あなたが成長した証拠です。

親から厳しいしつけのせいで、人とうまくコミュニケーションを取ることが苦手となった。

「父のせいで、母のせいで」と恨むことになるでしょう。

 

しかし、自分が今、生きている事実に目を向ければ、ここに存在していることは「親のおかげだ」ということに気づきます。

どんなに考えたくなくても、その事実は曲げようがありません。

親がいなければ、悔しい苦しいと思うどころか、今の自分が存在すらしていません。

「私」という狭い視野しか考えていないから「父のせいで、母のせいで」と恨んでしまいます。

 

しかし、今の自分が存在しているという事実は「父のおかげ、母のおかげ」としか考えられないのです。

自分のことしか見ていないときには、視野が狭くなっています。

 

しかし、心が成長すれば「人生、命」という広く大きなテーマで考えることができるようになります。

そうすると、自分が悩んでいたことはとてもささいなことだと気づくのです。

天から見る気持ちになるといいでしょう。

高い空から、地上を見るような気持ちです。

1人の人間が悩んでいることは、小さなことに思えます。

まとめ

落ち込まない人になる方法 その18
  • 「~のせいで」と思っていたことを
    「~のおかげで」と考える。
自分だけに注意を向けていると、落ち込みやすくなる。

もくじ
(落ち込まない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品