人生の教科書



生き方
「ぼうっとするな」と注意される人ほど、才能がある。
プラス思考
すっきりした部屋では、すっきりした生活が送れる。
生き方
かっとなりやすい年配者が増えている。
ストレス対策
励ましていると、自分が励まされる。
気力
人の本性は「足元」に現れる。
気力
素直な人は、落ち込まない。
気力

落ち込まない人になる
30の方法

お気に入り38 読んだ
19

自分だけに注意を向けていると、
落ち込みやすくなる。

自分だけに注意を向けていると、落ち込みやすくなる。 | 落ち込まない人になる30の方法

落ち込みやすい人には、ある共通点があります。

 

「自分だけに注意を向けていること」です。

 

自分にしか注意を向けていませんから、自分のことしか考えていません。

落ち込む人は、自分のことを深刻に考えすぎです。

他人が、それほど思ってもいないことを、大げさに考えています。

自分に注意が向けば向くほど、自分はおかしく見えてき始めます。

こんな経験はありませんか。

  • 「今の私はどう映っているのだろう」

  • 「私はかわいく見られているかな」

  • 「自分の顔のこんなところに、ほくろがある」

  • 「このほくろのせいで、おかしな顔に見えているかもしれない」

  • 「ほかの人は、どう思っているのかな」

  • 「どうしよう。どうすればいいだろうか」

口には出していいませんが、頭の中で念仏のように何度も考えて、妄想を膨らませています。

あげくには、疲れ果てて、落ち込んでしまうというパターンです。

注意が自分に向きすぎているためです。

自分との距離が近すぎて、間近で見ています。

美しい花も間近で見ると、ちょっと怖く見えてしまうように、自分もあまりに間近で見ていると、ちょっと恐ろしく怖く見えます。

適度な距離感が大切なのです。

もっと自分を見たいからとはいえ間近で見ていると、逆に本質を見失います。

適度な距離を置いて、客観的に見るくらいでいいのです。

まとめ

落ち込まない人になる方法 その19
  • 間近で自分を見ないようにする。
ペットから、無邪気を学ぼう。

もくじ
(落ち込まない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品