食の大切さに気づく
30の名言

6
0

落ち込んでいる人を励ますくらいなら、
食事に誘ったほうが早い。

落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。 | 食の大切さに気づく30の名言

落ち込んでいる人をどう励ますか

 

落ち込んでいる人を励ましたいとき、あなたならどうしますか。

まず元気を出してもらおうと思って「明るい言葉」をかけることが多いのではないでしょうか。

「どう言えば、明るい気持ちになってもらえるかな」

「こう言えば、元気を出してもらえるかな」

相手の立場を想像しながら、言われて嬉しい言葉を選ぶことでしょう。

相手の気持ちに寄り添いながら、明るい言葉で相手を元気づけていくのではないでしょうか。

しかし、励ますとはいえ言葉選びが難しい。

「大丈夫だよ」と言っても、相手に聞き流されるかもしれません。

「何とかなるよ」という言葉も、ちょっと無責任に感じます。

励ましの言葉とはいえ、ありきたりなフレーズでは陳腐な感じがあって説得力が足りません。

うまいセリフを言って笑わせたり楽しませたりしたいところですが、とっさにセリフが浮かばないこともあるでしょう。

あれこれ考えていると頭を抱えることになり、かえって自分がストレスを感じてしまいます。

もちろん言葉で励ますことも大切ですが、実はもっとシンプルでいいのです。

食事に誘うだけでいいのです。

 

 

食事に誘うだけで、相手を励ますことになる

 

落ち込んでいる人を励ましたいなら、ぜひ食事に誘ってください。

「一緒に食べに行こう!」

「何か食べに行こうよ!」

「おいしいものを食べに行こうよ!」

食事に誘えば、相手は明るい表情を見せてくれるでしょう。

食は、元気の源です。

どんなに落ち込んでいようと、おいしいものを食べると単純に元気が出ます。

おいしいものを食べることで腹も心も満たされます。

心に明るい気持ちが広がって、下向きだった心のベクトルが上向きに変わります。

もちろん気分転換やストレス解消の効果も抜群です。

おいしい料理を食べているうちにエネルギーが充電され、相手はみるみる元気を取り戻していくでしょう。

これが具体的なアクションです。

あなたが食事に誘うことで、落ち込みから立ち直るきっかけをプレゼントできるのです。

 

励ますことを難しく考えないでください。

食の力は偉大です。

こういうときこそ、食の力を借りようではありませんか。

食事に誘うだけでいいのです。

食事に誘うことはポジティブな行為です。

励ましの言葉選びに頭を抱えて悩むくらいなら、食事に誘ったほうが早い。

相手を励ませるだけでなく自分もおいしい食事を楽しめるので、お互いにとって笑顔です。

食事に誘うだけで、相手を励ますことになるのです。

食の大切さに気づく名言(6)
  • 落ち込んでいる人を励ましたいなら、食事に誘う。
「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。

食の大切さに気づく30の名言
食の大切さに気づく30の名言

  1. 今の食欲は、未来の準備。
    今の食欲は、未来の準備。
  2. 大好物は、人生のパートナー。
    大好物は、人生のパートナー。
  3. 無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
    無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
  4. 食事には、本番しかない。
    食事には、本番しかない。
  5. あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
    あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
  6. 落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
    落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
  7. 「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
    「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
  8. 食べるのは、あなたの仕事。<br>消化吸収は、内臓の仕事。
    食べるのは、あなたの仕事。
    消化吸収は、内臓の仕事。
  9. まずい食べ物にも感謝しよう。<br>すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
    まずい食べ物にも感謝しよう。
    すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
  10. 一食一食を大切にして満足するのではない。<br>一口一口を大切にするのだ。
    一食一食を大切にして満足するのではない。
    一口一口を大切にするのだ。
  11. 嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
    嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
  12. おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。<br>どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
    おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。
    どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
  13. 外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
    外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
  14. 料理で満腹でも諦めない。<br>おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
    料理で満腹でも諦めない。
    おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
  15. 「味わう」より「味わわせていただく」。
    「味わう」より「味わわせていただく」。
  16. 下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。<br>同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
    下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。
    同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
  17. ぼんやり食器を洗うのではない。<br>感謝の気持ちを込めながら洗おう。
    ぼんやり食器を洗うのではない。
    感謝の気持ちを込めながら洗おう。
  18. 満腹を自慢するな。<br>食べすぎたことを反省しろ。
    満腹を自慢するな。
    食べすぎたことを反省しろ。
  19. おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
    おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
  20. 「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
    「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
  21. 生きるために食べているのではない。<br>食べるために生きているのだ。
    生きるために食べているのではない。
    食べるために生きているのだ。
  22. 味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
    味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
  23. いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
    いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
  24. 「単なる食事」は、1つもない。
    「単なる食事」は、1つもない。
  25. すべての食事は、一期一会。<br>完全に同じものは二度と楽しめない。
    すべての食事は、一期一会。
    完全に同じものは二度と楽しめない。
  26. 「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。<br>「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
    「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。
    「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
  27. お店との出会いは、すべてが奇跡。
    お店との出会いは、すべてが奇跡。
  28. 食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
    食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
  29. 気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
    気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品

3:37

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION