執筆者:水口貴博

食の大切さに気づく
30の名言

5
1

あなたの個性は、
好きな食べ物に表れる。

あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。 | 食の大切さに気づく30の名言

あなたの個性は、どこに表れるのでしょうか。

答えはシンプルです。

ずばり、好きな食べ物に表れます。

好きな食べ物には、あなたの内面が反映されます。

「好き」という感情は、内面を映し出したポジティブな感情です。

好きな趣味や音楽にはあなたの内面が反映されますが、それは好きな食べ物であっても同じです。

好きな食べ物は、あなたの個性が反映されるところです。

あなたが好きな食べ物は何ですか。

好きな食べ物は「素晴らしい価値がある」と認めている対象です。

おいしく感じるものは、あなたとぴったり合っている証拠です。

スムーズに受け入れられるのですから、そこに個性が表れます。

相性がよいため、それに触れているだけで明るい気持ちになっていきます。

テレビのトーク番組で、タレントが自分の好きな食べ物を紹介することがあります。

「私は○○を食べるのが好きなんですよ。しょっちゅう食べています。○○がないと生きていけません」

好きな食べ物の話題が出ると「そういう食べ物が好きなんだね」と思います。

好きな食べ物を通して、相手の内面が感じられます。

この瞬間、その人の「プロフィール」だけでなく「個性」も感じられるはずです。

甘いものが好きなら「かわいい」という印象を受けることがあるでしょう。

辛いものが好きなら「刺激を好む性格なのかな」と感じるでしょう。

好きな食べ物にユニークな食べ物が紹介されると、それだけ印象深くなって記憶に残るでしょう。

好きなものを聞くだけで、間接的に相手の個性を感じるはずです。

それは、あなたも同じことです。

好きな食べ物は、愛すべき対象

好きな食べ物も、あなたの個性です。

たかが好きな食べ物と侮ってはいけません。

あなたの大事な個性の1つですから、きちんと尊重して大切にしてください。

自己紹介では、ぜひ好きな食べ物も紹介しましょう。

ストレートに「好きな食べ物は○○です」と言えばいいだけです。

それを聞いた相手は「へえ、○○が好きなのですね」とあなたの個性を感じ取ってくれるでしょう。

好きな食べ物は、あなたの人生に花を添える存在ですから、堂々と紹介してあげてください。

好きな食べ物も「紹介してくれてありがとう」と喜んでくれます。

好きな食べ物は、もっと愛しましょう。

あなたが愛すべき対象です。

あなたの個性は、好きな食べ物に表れます。

好きな食べ物を食べると、自分らしさに磨きがかかります。

食の大切さに気づく名言(5)
  • 好きな食べ物に、自分の個性が表れると考える。
落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。

食の大切さに気づく30の名言
食の大切さに気づく30の名言

  1. 今の食欲は、未来の準備。
    今の食欲は、未来の準備。
  2. 大好物は、人生のパートナー。
    大好物は、人生のパートナー。
  3. 無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
    無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
  4. 食事には、本番しかない。
    食事には、本番しかない。
  5. あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
    あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
  6. 落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
    落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
  7. 「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
    「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
  8. 食べるのは、あなたの仕事。<br>消化吸収は、内臓の仕事。
    食べるのは、あなたの仕事。
    消化吸収は、内臓の仕事。
  9. まずい食べ物にも感謝しよう。<br>すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
    まずい食べ物にも感謝しよう。
    すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
  10. 一食一食を大切にして満足するのではない。<br>一口一口を大切にするのだ。
    一食一食を大切にして満足するのではない。
    一口一口を大切にするのだ。
  11. 嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
    嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
  12. おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。<br>どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
    おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。
    どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
  13. 外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
    外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
  14. 料理で満腹でも諦めない。<br>おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
    料理で満腹でも諦めない。
    おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
  15. 「味わう」より「味わわせていただく」。
    「味わう」より「味わわせていただく」。
  16. 下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。<br>同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
    下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。
    同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
  17. ぼんやり食器を洗うのではない。<br>感謝の気持ちを込めながら洗おう。
    ぼんやり食器を洗うのではない。
    感謝の気持ちを込めながら洗おう。
  18. 満腹を自慢するな。<br>食べすぎたことを反省しろ。
    満腹を自慢するな。
    食べすぎたことを反省しろ。
  19. おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
    おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
  20. 「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
    「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
  21. 生きるために食べているのではない。<br>食べるために生きているのだ。
    生きるために食べているのではない。
    食べるために生きているのだ。
  22. 味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
    味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
  23. いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
    いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
  24. 「単なる食事」は、1つもない。
    「単なる食事」は、1つもない。
  25. すべての食事は、一期一会。<br>完全に同じものは二度と楽しめない。
    すべての食事は、一期一会。
    完全に同じものは二度と楽しめない。
  26. 「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。<br>「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
    「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。
    「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
  27. お店との出会いは、すべてが奇跡。
    お店との出会いは、すべてが奇跡。
  28. 食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
    食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
  29. 気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
    気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION