食生活

食の大切さに気づく
30の名言

0
15

「味わう」より
「味わわせていただく」。

「味わう」より「味わわせていただく」。 | 食の大切さに気づく30の名言

食を味わうだけでは物足りない

 

私たちは味を楽しむとき「味わう」と表現します。

「肉を味わう」

「コーヒーを味わう」

「デザートを味わう」

味わう姿勢には、食べ物の味をしっかり感じ取る様子があります。

もちろん味わうという姿勢もいいのですが、食生活を豊かにするならここにポイントがあります。

さらに高い意識を心がけたい。

それが「味わわせていただく」という姿勢です。

 

「味わう」より「味わわせていただく」

 

「味わわせていただく」という姿勢になれば、自然と謙虚な気持ちが出てくるはずです。

物腰を低く考えることで、当たり前のように感じていた味がいつもより奥深く感じられます。

普通に食べることが幸せなことに感じられるようになります。

一口一口の味が感動的になるでしょう。

感謝の気持ちも強くなり、より味を楽しめるようになります。

 

食べることは、命をいただくことです。

命をいただくのですから、味わうより味わわせていただくと考えるほうが適切です。

命に対する敬意と感謝の気持ちがよりいっそう強くなります。

 

 

食に対して謙虚な姿勢を持つことで、よりおいしくいただけるようになる

 

「味わわせていただく」という姿勢を身につけることです。

「味わう」から「味わわせていただく」という姿勢に切り替えてください。

「味わう」もいいですが「味わわせていただく」のはもっといい。

心の在り方を変えるだけで、食べ方も洗練され、味わい方がレベルアップします。

食べられるだけでありがたいことだと感謝できます。

普通の味であっても、しっかり味わえます。

平凡な食事も、しみじみ感じるようになるでしょう。

食に対して謙虚な姿勢を持つことで、よりおいしくいただけるようになります。

手を合わせて「いただきます」と言うとき「命をいただきます」だけでなく「味わわせていただきます」と意味も含めることです。

頭を下げながら言えばさらに効果的です。

味わわせていただくと考えれば、食の神様もにっこりします。

「謙虚な姿勢で素晴らしいですね」とほほ笑んでくれるでしょう。

「味わわせていただく」は、感謝の心と謙虚な気持ちを忘れないための大切な姿勢です。

食の大切さに気づく名言(15)
  • 「味わう」より「味わわせていただく」と考える。
下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。
同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。

もくじ
食の大切さに気づく30の名言
「味わう」より「味わわせていただく」。 | 食の大切さに気づく30の名言

  1. 今の食欲は、未来の準備。
    今の食欲は、未来の準備。
  2. 大好物は、人生のパートナー。
    大好物は、人生のパートナー。
  3. 無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
    無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
  4. 食事には、本番しかない。
    食事には、本番しかない。
  5. あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
    あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
  6. 落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
    落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
  7. 「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
    「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
  8. 食べるのは、あなたの仕事。<br>消化吸収は、内臓の仕事。
    食べるのは、あなたの仕事。
    消化吸収は、内臓の仕事。
  9. まずい食べ物にも感謝しよう。<br>すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
    まずい食べ物にも感謝しよう。
    すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
  10. 一食一食を大切にして満足するのではない。<br>一口一口を大切にするのだ。
    一食一食を大切にして満足するのではない。
    一口一口を大切にするのだ。
  11. 嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
    嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
  12. おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。<br>どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
    おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。
    どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
  13. 外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
    外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
  14. 料理で満腹でも諦めない。<br>おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
    料理で満腹でも諦めない。
    おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
  15. 「味わう」より「味わわせていただく」。
    「味わう」より「味わわせていただく」。
  16. 下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。<br>同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
    下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。
    同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
  17. ぼんやり食器を洗うのではない。<br>感謝の気持ちを込めながら洗おう。
    ぼんやり食器を洗うのではない。
    感謝の気持ちを込めながら洗おう。
  18. 満腹を自慢するな。<br>食べすぎたことを反省しろ。
    満腹を自慢するな。
    食べすぎたことを反省しろ。
  19. おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
    おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
  20. 「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
    「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
  21. 生きるために食べているのではない。<br>食べるために生きているだ。
    生きるために食べているのではない。
    食べるために生きているだ。
  22. 味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
    味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
  23. いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
    いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
  24. 「単なる食事」は、1つもない。
    「単なる食事」は、1つもない。
  25. すべての食事は、一期一会。<br>完全に同じものは二度と楽しめない。
    すべての食事は、一期一会。
    完全に同じものは二度と楽しめない。
  26. 「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。<br>「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
    「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。
    「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
  27. お店との出会いは、すべてが奇跡。
    お店との出会いは、すべてが奇跡。
  28. 食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
    食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
  29. 気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
    気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品