食の大切さに気づく
30の名言

21
1

生きるために食べているのではない。
食べるために生きているのだ。

生きるために食べているのではない。食べるために生きているのだ。 | 食の大切さに気づく30の名言

すべての人にお勧めできる、生きる目的とは

あなたが生きる目的は何ですか。

「夢を叶えるため」

「人や社会に貢献するため」

「子供の成長を見るため」

生きる目的は人それぞれです。

決まった正解があるわけではなく、個人の価値観によって多種多様です。

自分にとって貴いことなら、それが正解です。

生きる目的は人生のステージによって変わることもあります。

もちろん生きる目的は自由に設定していいのですが、ここでよくある盲点があります。

「生きる目的」という仰々しい響きのためでしょうか。

スケールの大きなことばかりに注意が向いて、見落としがちな目的があります。

もっと基本的なことを忘れていないでしょうか。

すべての人にお勧めできる、生きる目的があります。

ここはひとつストレートにいきましょう。

「食べるために生きている」です。

食べるために生きている

普通に考えるなら「生きるために食べるもの」になるところです。

食べないと生きていけません。

食べることでエネルギーや栄養を摂取して、生きていくことができます。

しかし、常識にとらわれていてはいけません。

決まった考え方だけでは、人生の可能性も限られます。

食生活を豊かにしたいなら、ぜひ「逆転の発想」にチャレンジしてください。

生きるために食べているのではありません。

食べるために生きているのです。

私たちは幸運にも、食の豊かな時代に生まれてきた

人生は80年。

医療技術が進歩して、これからは人生100年時代も近づいています。

私たちは幸運にも、食の豊かな時代に生まれてきました。

過去の歴史を振り返っても、現代ほど食が発達している時代はありません。

コンビニといい、外食といい、食品売り場といい、無数の選択肢があります。

食べるものに囲まれて生きていると言っても過言ではありません。

世の中にはさまざまな食べ物があるのですから、おいしく楽しまなければ損です。

人生は有限なのですから、食べるために生きてください。

おいしいものを食べることは、快感であり、感動であり、幸せです。

長生きをすればするほど、それだけいろいろなものを食べる機会に恵まれます。

おいしいものを食べることを目標に生きてください。

食を生きがいにして、食べるために生きてください。

おいしいものを食べるために、少しでも長生きをしようではありませんか。

「少しでも健康で長生きしたい」と思うようになります。

食を生きがいにすることは本能的な生き方です。

食を生きがいにすることでシンプルに幸せを感じられます。

「食べるために生きている」と考えることで、生きる力も湧いてくるのです。

今すぐ人生が輝き始めます。

人生で、食べることほど大切なことはない

食べることは何でしょうか。

食べることは、楽しいことであり、面白いことです。

明るいことであり、素晴らしいことです。

なにより幸せなことです。

「食べるだけ」と思いますが、そこにはいろいろな夢や希望がいっぱい詰まっています。

人生で食べることほど大切なことはありません。

「何のために生きているの?」と聞かれたら、堂々と答えましょう。

「食べるために生きている」と。

食の大切さに気づく名言(21)
  • 食を生きがいにして、今日を生きる。
味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。

食の大切さに気づく30の名言
食の大切さに気づく30の名言

  1. 今の食欲は、未来の準備。
    今の食欲は、未来の準備。
  2. 大好物は、人生のパートナー。
    大好物は、人生のパートナー。
  3. 無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
    無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
  4. 食事には、本番しかない。
    食事には、本番しかない。
  5. あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
    あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
  6. 落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
    落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
  7. 「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
    「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
  8. 食べるのは、あなたの仕事。<br>消化吸収は、内臓の仕事。
    食べるのは、あなたの仕事。
    消化吸収は、内臓の仕事。
  9. まずい食べ物にも感謝しよう。<br>すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
    まずい食べ物にも感謝しよう。
    すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
  10. 一食一食を大切にして満足するのではない。<br>一口一口を大切にするのだ。
    一食一食を大切にして満足するのではない。
    一口一口を大切にするのだ。
  11. 嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
    嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
  12. おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。<br>どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
    おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。
    どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
  13. 外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
    外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
  14. 料理で満腹でも諦めない。<br>おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
    料理で満腹でも諦めない。
    おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
  15. 「味わう」より「味わわせていただく」。
    「味わう」より「味わわせていただく」。
  16. 下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。<br>同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
    下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。
    同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
  17. ぼんやり食器を洗うのではない。<br>感謝の気持ちを込めながら洗おう。
    ぼんやり食器を洗うのではない。
    感謝の気持ちを込めながら洗おう。
  18. 満腹を自慢するな。<br>食べすぎたことを反省しろ。
    満腹を自慢するな。
    食べすぎたことを反省しろ。
  19. おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
    おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
  20. 「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
    「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
  21. 生きるために食べているのではない。<br>食べるために生きているのだ。
    生きるために食べているのではない。
    食べるために生きているのだ。
  22. 味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
    味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
  23. いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
    いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
  24. 「単なる食事」は、1つもない。
    「単なる食事」は、1つもない。
  25. すべての食事は、一期一会。<br>完全に同じものは二度と楽しめない。
    すべての食事は、一期一会。
    完全に同じものは二度と楽しめない。
  26. 「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。<br>「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
    「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。
    「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
  27. お店との出会いは、すべてが奇跡。
    お店との出会いは、すべてが奇跡。
  28. 食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
    食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
  29. 気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
    気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品

4:38

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION