執筆者:水口貴博

外食の達人になる
30の方法

23
0

「いつもので」が通じるようになったら、
常連客として認められた証拠。

「いつもので」が通じるようになったら、常連客として認められた証拠。 | 外食の達人になる30の方法

カフェやレストランで朝食やランチを食べる人も多いでしょう。

同じ店で同じメニューを注文する人もいるでしょう。

私たちが普段注文するものは、同じパターンが多いものです。

いろいろなメニューを注文していても、ひととおり試し終われば、再び同じメニューに落ち着いてきます。

同じお店で同じ店員さんに同じ注文を繰り返していると、だんだん店員さんがそのメニューを覚えてくれます。

あるときから「いつもので」だけで通じるようになります。

「いつもので」という一言も、心のコミュニケーション

「いつものでお願いします」

「はい、いつものですね」

この会話が成り立つようになれば、あなたはお店から「常連客」として認められている証拠です。

「いつもので」が通じるようになれば、ガッツポーズで喜んでください。

もはやあなたは普通のお客さんではありません。

上客として認められ、一目置かれていると考えていいでしょう。

これは大変素晴らしいことです。

どのくらい通えば通じるようになるか、頻度や回数はまちまちです。

気の利いた店員さんなら、比較的早く覚えてくれるでしょう。

すんなり通じなくてもむっとしてはいけません。

人間ですからスムーズに覚えられないことはあって当然です。

なかなか注文を覚えてもらっていないかもしれませんが、何度も通っていきましょう。

根気よく通い続けていれば、いつか必ず覚えてくれるようになります。

あなたの顔を見た瞬間、注文内容を入力し始めてくれるでしょう。

同じ店員さんであれば「きっと今日も同じ注文をするのだろう」とわかってくれるはずです。

「いつもので」という一言も、心のコミュニケーションです。

外食の達人になる方法(23)
  • 「いつもので」が通じるようになったら、常連客として認められた証拠として喜ぶ。
外食でお金を使いすぎた罪悪感は、仕事で晴らす。

外食の達人になる30の方法
外食の達人になる30の方法

  1. 外食の予定を立てることは、積極的に人生を楽しむことになる。
    外食の予定を立てることは、積極的に人生を楽しむことになる。
  2. 「今度行ってみよう」と思ったお店に行ってみよう。
    「今度行ってみよう」と思ったお店に行ってみよう。
  3. 外食は、財布と時間に余裕があるに超したことはない。<br>ただし、ないならないで楽しめる。
    外食は、財布と時間に余裕があるに超したことはない。
    ただし、ないならないで楽しめる。
  4. お店の前を通り過ぎても頭から離れないなら、本当はそこに行きたいということ。
    お店の前を通り過ぎても頭から離れないなら、本当はそこに行きたいということ。
  5. お店の外観も、外食の楽しみの1つ。
    お店の外観も、外食の楽しみの1つ。
  6. 「まあ、この料理でいいか」と考えるのではない。<br>「よし、この料理に決めた!」と考えるのだ。
    「まあ、この料理でいいか」と考えるのではない。
    「よし、この料理に決めた!」と考えるのだ。
  7. 注文するときは、きちんと料理名を言い切る。
    注文するときは、きちんと料理名を言い切る。
  8. 「おいしいものを食べに行こう」は、言われるものではなく、言うもの。
    「おいしいものを食べに行こう」は、言われるものではなく、言うもの。
  9. メニューの裏側を見る癖は、食の可能性を広げる癖。
    メニューの裏側を見る癖は、食の可能性を広げる癖。
  10. どれだけ素晴らしい料理も、トイレを我慢していると集中できない。
    どれだけ素晴らしい料理も、トイレを我慢していると集中できない。
  11. 店員さんを名前で呼ぶと、早く仲良くなれる。
    店員さんを名前で呼ぶと、早く仲良くなれる。
  12. お店の人と仲良くなる3つのポイント。
    お店の人と仲良くなる3つのポイント。
  13. 本当に食べたいなら、喜んで行列に並ぼう。<br>暇つぶしの道具があれば、待ち時間は苦にならない。
    本当に食べたいなら、喜んで行列に並ぼう。
    暇つぶしの道具があれば、待ち時間は苦にならない。
  14. 少しくらい値段が高くても、第一希望を食べるのがいい。<br>人生に、第二希望・第三希望を選んでいる暇はない。
    少しくらい値段が高くても、第一希望を食べるのがいい。
    人生に、第二希望・第三希望を選んでいる暇はない。
  15. フードペアリングのおすすめは、変に身構えず、素直に受け入れてみる。
    フードペアリングのおすすめは、変に身構えず、素直に受け入れてみる。
  16. 普通に慣れたらカスタマイズに挑戦して、バリエーションを楽しもう。
    普通に慣れたらカスタマイズに挑戦して、バリエーションを楽しもう。
  17. マイ箸は、エコに役立つだけではない。<br>外食をグレードアップさせる道具。
    マイ箸は、エコに役立つだけではない。
    外食をグレードアップさせる道具。
  18. なぜ食通は嫌われるのか。
    なぜ食通は嫌われるのか。
  19. 同じお店を楽しむのもいい。<br>いろんなお店を楽しむのはもっといい。
    同じお店を楽しむのもいい。
    いろんなお店を楽しむのはもっといい。
  20. 食事会を企画することは、企画力のトレーニングになる。
    食事会を企画することは、企画力のトレーニングになる。
  21. レストランの予約は、残業の抑止力になる。
    レストランの予約は、残業の抑止力になる。
  22. 「食事が終わった」と油断してからのデザートには、格別の嬉しさがある。
    「食事が終わった」と油断してからのデザートには、格別の嬉しさがある。
  23. 「いつもので」が通じるようになったら、常連客として認められた証拠。
    「いつもので」が通じるようになったら、常連客として認められた証拠。
  24. 外食でお金を使いすぎた罪悪感は、仕事で晴らす。
    外食でお金を使いすぎた罪悪感は、仕事で晴らす。
  25. 食べたいものがたくさんあるときは「次のお楽しみ」と考えよう。
    食べたいものがたくさんあるときは「次のお楽しみ」と考えよう。
  26. 「また来ますね」を社交辞令で終わらせていないか。
    「また来ますね」を社交辞令で終わらせていないか。
  27. 雨の日は、外食日和。
    雨の日は、外食日和。
  28. 意見箱には、感謝の感想を書いてもいい。<br>お店にとって絶賛の言葉ほど嬉しいものはない。
    意見箱には、感謝の感想を書いてもいい。
    お店にとって絶賛の言葉ほど嬉しいものはない。
  29. 新しい食生活として「外食のはしご」を取り入れてみませんか。
    新しい食生活として「外食のはしご」を取り入れてみませんか。
  30. 人生で一度くらいは「最高級店」に行ってみる。
    人生で一度くらいは「最高級店」に行ってみる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION