スキル

時間を増やす
30の方法

0
3

手書きのお礼状に時間をかけることは、
自分の時間を増やすことになる。

手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。 | 時間を増やす30の方法

自分の時間を増やしたいなら、お礼状を書きましょう。

「お礼状は非効率」

「お礼状を書くと、自分の時間が奪われる」

「今の時代、いちいちお礼状を書く人なんていない」

そう思う人もいるでしょう。

たしかに、お礼状を書くのは、手間暇のかかる作業です。

1通の手紙を書くとき、少なからず手間暇がかかります。

はがきや切手を用意したり、お礼の文章を考えたり、手紙を投函とうかんする手間もあったりします。

デジタル社会のため、はがきよりメールでお礼を済ませるほうが一般的です。

いちいちお礼状のため、限りある時間を使うのは非効率と考えるのも無理はありません。

しかし、お礼状を書けば、必ず相手に喜ばれます。

 

たとえば、お世話になった取引先があれば、当日中にお礼状を出してみましょう。

入手困難の商品があれば、特別な配慮をしていただき、スムーズに案内していただけるかもしれません。

 

ホテルで特別お世話になった人がいれば、お礼状を出してみましょう。

予約が難しいホテルであっても、特別な配慮をしていただき、スムーズに予約ができることがあります。

 

お世話になった人がいるなら、ぜひお礼状を書いてみましょう。

次回会うときに、予約が難しいレストランの手配をしていただけることがあります。

 

何らかの形で別のタイミングに助けられ、自分の手間暇を大きく省けます。

結果として、自分の時間が増えることになるのです。

もちろん見返りを目的でお礼状を出すわけではありません。

普通にお礼状を出すだけで、自分の時間が増える状況があるということです。

 

シンプルなお礼状でいい

 

お礼状は、長々した文章である必要はありません。

数行のシンプルなお礼状で十分です。

「先日はどうもありがとうございました」という1行だけでもかまいません。

短い文章であっても、手書きであれば、心に響きます。

短い文章のほうが、相手も受け取りやすくなります。

相手は必ず喜んでくれます。

 

 

手書きのお礼状には、特別な価値がある

 

印刷されたお礼状もいいですが、できれば手書きのお礼状がおすすめです。

デジタル社会において、アナログのお礼状はインパクトがあります。

簡単にメールができる時代のため、手書きの手紙を書く人が少なくなっています。

「手書きでお礼状を書く人はほとんどいない」と言っても過言ではありません。

だからこそ、手書きのお礼状は特別な価値があります。

手書きの手紙をもらうと特別感があるため、相手に感動してもらえるはずです。

筆記用具は、鉛筆ではなく、ボールペンや万年筆を使うといいでしょう。

消しゴムで消せない字のほうが、重厚感・高級感・信頼感があります。

会っている時間は短くても、お礼状を書けば、再び思い出してもらえ、しっかり覚えてもらえます。

純粋な感謝の気持ちを持って筆を執りましょう。

「面倒くさい仕事」と思わず「楽しい仕事」と思うこと。

手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになるのです。

時間を増やす方法(3)
  • 手書きのお礼状を書く。
平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。

もくじ
時間を増やす30の方法
手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。 | 時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 頭の回転が速いから、即答ができるのではない。<br>即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。
    頭の回転が速いから、即答ができるのではない。
    即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品