時間を増やす
30の方法

13
4

4分の1まで進んでつまらないなら、
途中でやめていい。

4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。 | 時間を増やす30の方法

時間の無駄を省くなら、早めに作品の良しあしを見極めましょう。

「価値が乏しい」と感じているにもかかわらず、無理やり最後まで進めるのは時間の無駄です。

早めに無駄と判断できれば、途中でやめることができ、時間を節約できます。

では、作品のどの時点で良しあしを判断すればいいのか。

そこで活用したいのが「4分の1ルール」です。

本や映画など、全体の4分の1まで進んでもつまらないなら「駄作」と判断して、早めに見切ります。

もちろん4分の1より後で面白くなるケースもあります。

面白い展開が後半に隠されていることもあるでしょう。

前半は退屈だったのに、後半から急に面白くなることもゼロではありません。

しかし、実際はまれなケースです。

本であれ映画であれ、4分の1まで「つかみ」が1つもないのは致命的です。

少なくとも「面白そう」と予感させるものが、4分の1時点まで1つもないのは、作品として失格です。

完成度が低い証拠であり、読者や視聴者のことを考えていません。

4分の1まで進んでつまらないなら、駄作と判断して、早めに見切りましょう。

たとえそれがヒット作であろうと受賞作品であろうと「自分の好みには合わない」と判断してOKです。

少しお金の無駄は発生しますが、大幅に時間を節約できます。

たとえば、読書です。

200ページの本だとして、50ページまで読み進めてつまらないなら「最後まで読む価値はない」と判断します。

途中で読むのをやめてしまいましょう。

残りの150ページも引き続きつまらないと予想できるので、早めに見切りをつけます。

本は、ごみ箱行きでOKです。

映画も同じです。

2時間の映画だとして、30分が経ってもつまらないままなら「見る価値はない」と判断していいでしょう。

我慢をしながら無理やり最後まで見るほうが苦痛です。

時間の無駄が発生します。

映画館で映画鑑賞をしているなら、途中で退席してかまいません。

本であれ映画であれ、最後まで続けるルールはありません。

お金の元を取ろうと、根性論を持ち込んで無理に最後まで見ようとすると、時間の無駄が発生します。

時間はお金より重要です。

そのため、お金より時間の節約を重視するのが賢明です。

判断基準は「4分の1まで」と心得てください。

4分の1ルールを活用すれば、時間の使い方が上手になります。

時間を増やす方法(13)
  • 4分の1まで進んでつまらないなら「駄作」と判断して、途中でやめる。
なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。

時間を増やす30の方法
時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
    目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION