時間を増やす
30の方法

3
3

目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、
時間が増える。

目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。 | 時間を増やす30の方法

時間を増やすポイントは「寝起き直後」にある

時間を増やすポイントは「寝起き直後」にあります。

朝目が覚めて、寝床でごろごろしていませんか。

眠気があると、なかなか布団から離れられず、つい怠けてしまいます。

自然と眠気が覚めるまで、しばらく寝床でごろごろしていることが多いもの。

眠い目をこすりながら「もう5分だけ」「もう10分だけ」と思いつつ、寝床でごろごろしていることが多いのではないでしょうか。

しかし、この時間が重要です。

寝床でごろごろしているのは、中途半端な時間です。

気持ちのいい時間ではありますが、きちんと休んでいるわけでもしっかり行動しているわけでもなく、中途半端でしかありません。

ほとんど無駄な時間であり、非生産的です。

ごろごろしているとどんどん時間が過ぎるばかりです。

うっかり二度寝をしてしまうと、起きたときには30分・1時間が経っていることも少なくありません。

目が覚めたらさっと起きる

寝床でごろごろする時間をなくしましょう。

中途半端な時間をなくすのです。

目が覚めたらさっと起き、寝床でごろごろする5分・10分をゼロにしましょう。

そうすれば、5分・10分という時間が生まれます。

結果として1日の時間を増やすことになります。

「たかが5分、たかが10分」と思うかもしれませんが、軽く考えないことです。

5分・10分あれば、本を読んだりニュースをチェックしたりできます。

大きな仕事はできなくても、ちょっとした小さな仕事であれば片付けられるでしょう。

5分・10分という小さな細切れ時間も、積み重なれば大きくなります。

1週間続けば、35分、70分。

1カ月続けば、150分、300分。

1年間続けば、1825分、3650分。

数字で見ると、いかに大きな時間になるか驚くでしょう。

目が覚めてすぐ起きることを習慣にするだけで、これだけ膨大な時間が手に入ることになります。

大変なのは最初だけ

とりあえず頭を上げましょう。

血の流れ方が変わって、脳が重力の向きの変化を感知します。

さっと起きれば、運動神経を通して体のスイッチが切り替わり、眠気もさっと消えます。

眠気が残っているのでちょっと大変かもしれませんが、ここが踏ん張りどころです。

「中途半端な時間をなくそう! 時間を増やすポイントだ!」と思いながら気合を入れてください。

すぐ起きるのは大変かもしれませんが、最初だけです。

とりあえず頭を上げ、なるべく早めに立ち上がりましょう。

朝からスタートダッシュを実現することができます。

なかなか眠気が取れないのは、睡眠時間が不足している可能性がある

なかなか眠気が取れない場合もあるでしょう。

それは、そもそも睡眠不足という可能性があります。

睡眠時間が足りていないなら、なかなか眠気が取れないのも当然です。

成人の睡眠時間の推奨は、7時間から8時間です。

どんなに少なくても6時間は確保しておきたいところです。

十分な睡眠時間を取っていれば、眠気に悩まされることなく、目が覚めてすぐ行動できます。

時間を増やす方法(3)
  • 目が覚めたら、寝床でごろごろするのではなく、さっと起きる。
平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。

時間を増やす30の方法
時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
    目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION