時間を増やす
30の方法

16
3

時間の安売りは、
悪魔に魂を売るのと同じこと。

時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。 | 時間を増やす30の方法

時間を増やしたいなら「時間の安売りをしない」と決めることです。

時間の安売りをしていませんか。

時間は、誰でも持っている資源です。

生まれてから死ぬまで、常に時間が存在しています。

努力しなくても、無料で手に入ります。

そのため、時間がたくさんあるように感じている人も多いでしょう。

時間がたくさんあるように感じれば「時間とお金を交換してもいいだろう」と考えがちです。

いわゆる「時間の切り売り」です。

安いお金で時間を売っても「また次がある」と思ってしまいます。

特に若い人は、あまり寿命を意識しないため、時間がたくさんあるように錯覚します。

時間がたくさんあるように錯覚すれば、時間を安売りすることにも罪悪感がありません。

しかし、これほど愚かなことはありません。

時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと

時間は本来、お金より貴重です。

自分の時間を失ったら、泣いても笑っても取り戻せません。

時間を安く売ることは、安いお金で寿命を売っているのと同じです。

時間の安売りは、自分の安売りでもあります。

「私の時間には価値がありません。お金が欲しいので、どうぞ私の時間とお金を交換しましょう」と言っているようなもの。

よくある話ですが、笑えません。

時間を売ることは、寿命が削られるということです。

お金は得られますが、寿命も持っていかれます。

つまり、時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じことなのです。

わずかなお金を得るために、貴重な寿命を売るのは、なんて愚かなことなのでしょう。

悪魔に魂を売りたくないなら、時間の安売りをやめることです。

悪魔が「あなたのお金を買い取ってあげるよ」とささやいてくるかもしれませんが、しっかり振り切ることです。

「時間は価値のあるもの」と自覚して、1分1秒を大切にしましょう。

時給の低いアルバイトには要注意

時給の低いアルバイトには注意してください。

時給の低いアルバイトは、誰でもできる特徴があるため、いつでも替えがききます。

時間を安く買い取られる上、いらなくなれば、簡単に解雇されます。

若い時期は短く、限られています。

若いころの貴重な時間を、安いお金と交換することほど、愚かなことはありません。

時給の低いアルバイトをするくらいなら、長期的な将来設計を考えた上で、正社員として仕事をしたほうが賢明です。

正社員への登用を目指しているなら別ですが、安易な気持ちで時給の安いアルバイトをしているなら、考え直す価値があるでしょう。

時間は貴重な財産

「人生は時間でできている」と考えてください。

時間は貴重な財産です。

時間を安売りせず、賢明に活用することが、人生を豊かに生きるコツです。

自分の価値を固め、自由な時間を手に入れましょう。

自分の価値を上げて、時間を高く売れるようにしよう

時給の低いアルバイトをするくらいなら、知識と教養に時間を使って、自分の価値を高めたほうが賢明です。

学生であれば、まず学業に専念すること。

資格を取ったり、スキルを身につけたり、キャリアを積んだりすることも大切です。

自分の価値を高めることで、時間の安売りを防げます。

自分の価値が高まれば、時間を高く売れたり他人の時間を買えたりできるようになります。

時間を増やす方法(16)
  • 時間を安売りしない。
「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。

時間を増やす30の方法
時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
    目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION