時間を増やす
30の方法

22
1

「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、
成功できない。
「通勤時間は無駄」と考える人が、
成功する。

「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。 | 時間を増やす30の方法

「通勤時間は仕方ない」と考えていませんか。

自分で車を運転して出社している人もいるでしょう。

バスや電車などの公共交通機関を使って通勤している人もいるでしょう。

中には自転車に乗って、汗を流しながら運動がてらに通勤している人もいるはずです。

あらためて確認したいことは、通勤時間の悪影響です。

通勤時間は、長ければ長いほど、疲れとストレスがたまります。

通勤時間は、仕事時間ではありません。

体を動かして疲れるため、仕事をしたような気になってしまうのが厄介なところです。

ましてや朝の通勤ラッシュは特に大変です。

ぴりぴりした雰囲気が漂い、ごみごみしていてストレスも多いため、短い時間でも疲れます。

肉体的だけでなく、精神的にも疲れます。

会社に到着するころには、すっかり疲れ果てているでしょう。

通勤時間が長くなるにつれて、通勤による悪影響も多くなります。

「通勤時間は仕方ない」と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、仕方ないとはいえ、常識だと思わないことです。

通勤時間は、あるよりないほうがいいもの

通勤時間は、あるよりないほうがいいものです。

通勤時間は、移動時間にすぎません。

価値を生むこともなければ、ゆっくり休むこともできません。

本を読んだり音楽を聴いたりして上手に時間を使っているならまだ賢明ですが、それでも限界があります。

上手に時間を使っているとはいえ、少なからず疲れやストレスにつながることは避けられません。

そして貴重な時間を消耗します。

通勤時間とはいえ、毎日積み重なると、ばかになりません。

家を出てから会社に着くまでを、通勤と考えるとします。

行きに1時間かかるとすれば、往復で2時間かかる計算になります。

通勤だけに1日2時間を使うのは、なかなか大きなことです。

週に5日出社するとすれば、通勤だけで「10時間」を消費することになります。

月に20日働くとすれば、通勤時間は「40時間」という計算になります。

なんてもったいないのでしょう。

私たちは、単なる移動のために、こんなにも多くの時間を費やしています。

私たちの気づかないところで、無駄を生む原因になっています。

通勤時間は「あって当たり前」と考えがちだからこそ注意したい。

当たり前とはいえ、ないほうがいいものです。

通勤時間を減らす王道は、会社の近くに引っ越すこと

「そうは言っても通勤しないと会社に行けない」という人もいるでしょう。

仕方ないとはいえ、改善が不可能というわけではありません。

通勤時間を減らす王道は、1つです。

それは「会社の近くに引っ越すこと」です。

会社の近くに引っ越せば、通勤時間が大幅に減ります。

通勤時間が減る分だけ、疲れも減ります。

限りあるリソースを仕事に集中させることができ、結果を出しやすくなるのです。

引っ越しにお金・時間・労力はかかりますが、通勤時間が短くなれば、十分ペイできるでしょう。

これこそが、改善です。

「みんな通勤している」「通勤時間はあって当たり前」「通勤時間が長くても仕方ない」という考え方を改めましょう。

通勤時間をゼロにできなくても、減らすことならできるはずです。

通勤時間が少なくなるにつれて、余計な疲れを感じなくて済みます。

「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できません。

「通勤時間は無駄」と考える人が、成功するのです。

時間を増やす方法(22)
  • 通勤時間を「仕方ない」で諦めるのではなく、少しでも短くなるように改善する。
「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。

時間を増やす30の方法
時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
    目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION