時間を増やす
30の方法

21
3

隙間時間の最小単位は
「10秒」。

隙間時間の最小単位は「10秒」。 | 時間を増やす30の方法

私たちの日常では「隙間時間」が存在しています。

  • 病院の待合室で待っている時間
  • バスや電車を待っているときの時間
  • 飲食店の列に並び、順番待ちをしている時間
  • 銀行や郵便局で、窓口から呼ばれるのを待っている時間
  • 約束の場所に到着して、相手が来るのを待っている時間

日常を見渡すと、いろんなところに隙間時間が点在しています。

仕事ができる人は、隙間時間を上手に利用します。

上手に隙間時間を活用することで、少しずつ仕事を進めていき、大きな結果を出します。

隙間時間の最小単位は「10秒」

隙間時間の最小単位は、どの程度の時間でしょうか。

10分くらいでしょうか。

5分くらいでしょうか。

はたまた1分くらいでしょうか。

隙間時間とはいえ、あまりに短時間では使い道が限られるように思われます。

「あまり時間が短いと意味がない」と考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、今こそ隙間時間の常識を変えるときです。

隙間時間は、もっと短くていい。

極めて短い時間であっても、隙間時間として活用できる可能性があります。

隙間時間の最小単位は「10秒」です。

たった10秒あれば、有効な隙間時間として活用できます。

10秒なりにできることがある

「たった10秒では何もできない」

そう思うかもしれませんが、誤解です。

たしかに10秒は一瞬です。

時間が短すぎるため大きな仕事はできませんが、だからといって何もできないとは言い切れないはずです。

たった10秒であっても、10秒なりにできることがあります。

たとえば、本であれば、1行くらいなら読めるはずです。

わずかな文章であっても、きちんと情報の塊です。

読むのが速い人なら、2行か3行くらい読めるでしょう。

10秒あれば、メールを確認することもできます。

メールを読むだけなら苦にならないはずです。

一言で済む要件なら、10秒で返信できるかもしれません。

手帳を開いて、スケジュールを確認する時間に使えるでしょう。

じっくり確認することはできなくても、簡単な確認ならできるはずです。

ど忘れを防いだり頭を整理したりするのに役立つでしょう。

受験生であれば、単語カードを見直す時間に使うことが可能です。

ぱっと見て、さっと思い出す。

一瞬であっても、記憶と想起の時間に使えます。

隙間時間の常識を変える

隙間時間の最小単位は「10秒」と考えれば、私たちの日常は、隙間時間だらけであることに気づけるでしょう。

あらかじめ隙間時間用の仕事を準備しておけば、急に隙間時間ができても安心です。

隙間時間の常識を変えてください。

今まで隙間時間を「分単位」で考えていたなら、これからは「秒単位」に改めましょう。

10秒あれば「まとまった時間」と呼べます。

1秒が、10回連続でまとまっています。

たかが10秒、されど10秒。

10秒を大切にする人は、小さな積み重ねができるため、いずれ大きな仕事を達成できるでしょう。

「せっかち」と言われようと「忙しい」と言われようと気にしないことです。

人と差がつくのは、小さな習慣です。

10秒あれば、いろんなことができます。

隙間時間の最小単位は「10秒」なのです。

時間を増やす方法(21)
  • 隙間時間の最小単位は「10秒」と考え、有効に活用する。
「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。

時間を増やす30の方法
時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
    目が覚めたらさっと起きることを習慣にすると、時間が増える。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION