プラス思考

ダメな自分を励ます
30の言葉

12
13

挫折をしたのではない。
方向転換をしたのだ。

挫折をしたのではない。方向転換をしたのだ。 | ダメな自分を励ます30の言葉

新しい仕事に取り組んだものの、途中でつまずくことがあります。

時間不足、資金不足、能力不足。

時期尚早、過大評価、反対意見。

想定外のトラブルが発生して、計画が狂うこともあるでしょう。

急な用件が発生して振り回され、仕事に集中できないこともあるでしょう。

仕事に取りかかってから「そもそも必要ない仕事だった」と気づくこともあるでしょう。

熱意を持って始めたものの、厳しい現実に直面した結果、自分の限界を悟り、途中で諦めることがあります。

そのとき、私たちはこう思います。

「挫折した」と。

 

たしかに成果を出す前に諦めたわけですから「挫折」という厳しい言い方をすることもあるでしょう。

途中で諦めると、いたらなかった自分が恥ずかしく思います。

大きな挫折経験があると、負の記憶になるように思えます。

挫折経験は「大きな後悔」「恥ずかしい過去」「人生の汚点」として受け止める人も多いでしょう。

嫌な思い出として封印したくなるかもしれません。

 

しかし、「挫折」という言い方はセンスがありません。

自分を暗くさせるだけで、重大な罪を犯したような響きがあります。

ここで気づいてほしいことがあります。

そもそも挫折というのは誤解です。

挑戦したものの、途中で限界や不都合を感じて、手詰まりになるのはよくあること。

無理や不可能がわかれば、勇敢な挑戦とはいえ、計画を見直すのは当然のこと。

別に罪を犯したわけでもなければ、大失敗を犯したわけではないのですから、堂々とすることができます。

考え方によっては「成功した」とも言えます。

「自分に合っていなかった」「進むべき道ではない」ということがわかったのですから、一歩前進です。

こういうときこそ、考え方をポジティブに変えてください。

挫折をしたのではありません。

方向転換をしたのです。

「自分に向いていない。進むべき道ではない」と判明して、別の方向を模索し始めました。

人生には、三日坊主もあります。

取り組んだものの、途中で限界や不都合を感じて、方向転換が必要になるのはよくあること。

人生には、やってみないとわからないことがあります。

くじけた自分を恥ずかしく思う必要はありません。

もちろん自分を責める必要もありません。

むしろいつまでもこだわらなくてよかったとも言えます。

限界にもかかわらず、見栄やプライドで固執しているほうが危険です。

早めに方向転換をしたなら、時間や資金の無駄を最小限に抑えることができたと言えます。

思いきり挫折をしたなら「潔く方向転換をした」と考えましょう。

よりよい道を選べるようになったのです。

「挫折をした」という言い方は、人生に必要ありません。

今すぐあなたの辞書から「挫折」という言葉を削除しましょう。

挫折はすべて「方向転換」と言い換えるのが正解です。

ダメな自分を励ます言葉(13)
  • 「挫折」は「方向転換」という考え方をする。
ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。

もくじ
ダメな自分を励ます30の言葉
挫折をしたのではない。方向転換をしたのだ。 | ダメな自分を励ます30の言葉

  1. 失敗した自分を責めるな。<br>努力した自分を褒めろ。
    失敗した自分を責めるな。
    努力した自分を褒めろ。
  2. 笑わない日もあっていい。<br>別の日にたっぷり笑えばいい。
    笑わない日もあっていい。
    別の日にたっぷり笑えばいい。
  3. 「失敗した自分を許せない」と思うのではない。<br>「絶対自分を許す」と思うのだ。
    「失敗した自分を許せない」と思うのではない。
    「絶対自分を許す」と思うのだ。
  4. プレッシャーは、苦しむものではなく、生かすもの。
    プレッシャーは、苦しむものではなく、生かすもの。
  5. 他人が持っているものを羨むのではない。<br>自分が持っているものを大切にしよう。
    他人が持っているものを羨むのではない。
    自分が持っているものを大切にしよう。
  6. 弱みがあるのは幸せ。<br>あなたの弱みは、楽しませる力だけでなく、親しくなる力もある。
    弱みがあるのは幸せ。
    あなたの弱みは、楽しませる力だけでなく、親しくなる力もある。
  7. ダメ人間でも、幸せになれる。
    ダメ人間でも、幸せになれる。
  8. つまずいても転ばなければいい。<br>転んでも起き上がればいい。<br>起き上がれなくても這っていけばいい。
    つまずいても転ばなければいい。
    転んでも起き上がればいい。
    起き上がれなくても這っていけばいい。
  9. 弱い人ほど、弱い人の気持ちがわかる。
    弱い人ほど、弱い人の気持ちがわかる。
  10. 長所や得意がわかれば喜ぼう。<br>短所や苦手がわかっても喜ぼう。
    長所や得意がわかれば喜ぼう。
    短所や苦手がわかっても喜ぼう。
  11. 自分だけできないことを嘆くのではない。<br>自分しかできないことを喜ぼう。
    自分だけできないことを嘆くのではない。
    自分しかできないことを喜ぼう。
  12. 自信とは、小さな成功体験の集合体。
    自信とは、小さな成功体験の集合体。
  13. 挫折をしたのではない。<br>方向転換をしたのだ。
    挫折をしたのではない。
    方向転換をしたのだ。
  14. ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。<br>ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
    ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
    ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
  15. 元気が出ないと感じることはあっても、その理由まで考える人は少ない。
    元気が出ないと感じることはあっても、その理由まで考える人は少ない。
  16. 小さなコンプレックスは、笑い飛ばせ。<br>大きなコンプレックスは、忘れてしまえ。
    小さなコンプレックスは、笑い飛ばせ。
    大きなコンプレックスは、忘れてしまえ。
  17. うっかり間違えたときは、自分で自分を「ばかだな」と笑ってしまおう。
    うっかり間違えたときは、自分で自分を「ばかだな」と笑ってしまおう。
  18. 「最初から全力を出そう」と思うと、なかなか始められない。<br>「まず少し頑張ろう」と思うと、すぐ始められる。
    「最初から全力を出そう」と思うと、なかなか始められない。
    「まず少し頑張ろう」と思うと、すぐ始められる。
  19. 「死にそう」という口癖は、百害あって一利無し。
    「死にそう」という口癖は、百害あって一利無し。
  20. 1日の終わりに反省するのはいいが、寝る直前に反省するのはよくない。
    1日の終わりに反省するのはいいが、寝る直前に反省するのはよくない。
  21. 「自慢にならない」と思っていることでも、誰かに自慢できる。
    「自慢にならない」と思っていることでも、誰かに自慢できる。
  22. どんなに不幸な人生でも、全面的に肯定しよう。
    どんなに不幸な人生でも、全面的に肯定しよう。
  23. 明るいときも元気なときも自分。<br>暗いときも落ち込んでいるときも自分。
    明るいときも元気なときも自分。
    暗いときも落ち込んでいるときも自分。
  24. 足が遅いカメでもいい。<br>歩き続けるカメになればいい。
    足が遅いカメでもいい。
    歩き続けるカメになればいい。
  25. 簡単に夢を諦めるな。<br>簡単に自分を捨てるな。<br>簡単に人生に絶望するな。
    簡単に夢を諦めるな。
    簡単に自分を捨てるな。
    簡単に人生に絶望するな。
  26. 「一生続けるわけではない」と考えれば、心の折り合いがつく。
    「一生続けるわけではない」と考えれば、心の折り合いがつく。
  27. トラブルが起こったら「大変だ」と騒ぐのではない。<br>「そんなこともあるさ」と気楽に考えよう。
    トラブルが起こったら「大変だ」と騒ぐのではない。
    「そんなこともあるさ」と気楽に考えよう。
  28. 苦手や困難に取り組むだけが挑戦ではない。<br>娯楽や興味関心に取り組むことも挑戦の1つ。
    苦手や困難に取り組むだけが挑戦ではない。
    娯楽や興味関心に取り組むことも挑戦の1つ。
  29. マイペースを無視すると、途中棄権を招く。<br>マイペースを尊重すると、無事にフィニッシュできる。
    マイペースを無視すると、途中棄権を招く。
    マイペースを尊重すると、無事にフィニッシュできる。
  30. 自分をけなすことは、親や友達をけなすことになる。<br>自分を認めることは、親や友達を認めることになる。
    自分をけなすことは、親や友達をけなすことになる。
    自分を認めることは、親や友達を認めることになる。

同じカテゴリーの作品