人生の教科書



同棲

同棲に疲れたときの
30の言葉

お気に入り2 読んだ
9

感謝の言葉を省くようになれば、
疲れやすくなる。

感謝の言葉を省くようになれば、疲れやすくなる。 | 同棲に疲れたときの30の言葉

最近、パートナーに感謝の言葉を使っていますか。

「ありがとう」という言葉があるかどうかです。

感謝の言葉が少ないと、疲れやすくなります。

同棲に慣れてくると、だんだん感謝の言葉が少なくなりがちです。

最初は小さなことにも嬉しく感じて感謝していても、同棲を始めると、感じ方が変わります。

だんだん慣れてきて、新鮮味が薄れてくる。

何でも当たり前に感じてきて慣れてくる。

最終的に感謝をしなくなります。

最も親しい関係にもかかわらず、最も感謝をしない相手になってしまうのです。

同棲とはいえ、感謝は必要です。

「感謝されたいのはむしろこちらのほうだ」と思うかもしれませんが、難しく考えすぎないでください。

相手から言ってくるまで待っていると、心が卑屈になり、性格が歪んできます。

もっと素直になりましょう。

相手から好意や親切があったとき「ありがとう」という一言を伝えるだけでいいのです。

できるだけ明るい笑顔と高いトーンで言いましょう。

感謝の言葉を伝えると、相手に嬉しい気持ちが伝わるだけでなく、自分の心も癒されます。

感謝の言葉を発すると、相手が聞くと同時に、自分も聞くことになるからです。

「ありがとう」という言葉には、心の疲れを癒す力があります。

「ありがとう」を1回言えば、疲れが1つ軽くなります。

「ありがとう」をたくさん言えば、それだけ疲れも軽くなります。

感謝の言葉をたくさん言えるのは、同棲を快適にする習慣です。

まとめ

同棲に疲れたときの言葉 その9
  • 感謝の言葉をきちんと伝える。
疲れたから、コミュニケーションが減るのではない。
コミュニケーションが減るから、疲れるのだ。

もくじ
(同棲に疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品