人生の教科書



読み上げ動画・音声

同棲れたときの
30言葉

お気に入り2 読んだ
18

つまらないことでんでいないかえる余裕ちたい

棲に疲れたとき、考えてみてほしいことがあります。

 

「つまらないことで悩んでいないか」です。

 

「本気で悩んでいる」と思うかもしれませんが、一度心を大きくして、状況を振り返ってみてください。

自分の立場だけでなく、パートナーの立場を含めた全体的な状況を振り返ってみるのがポイントです。

 

たとえば、パートナーが家事をしないことで悩んでいたとしましょう。

自分だけが家事をして、パートナーは非協力的なら、不公平な感じがします。

自分がお手伝いさんのような存在に感じて、不満が出るでしょう。

 

しかし、パートナーは家事をしてくれない代わりに、家計の大半を支えてくれている状況ならどうでしょうか。

「家事が自分に偏っている」と思っているなら、パートナーは「金銭的負担が自分に偏っている」と思っているかもしれません。

「仕事の種類」は違っていても「総合的な負担」という点では、バランスが取れているときがあります。

パートナーのいびきや歯ぎしりがうるさくて、悩んでいた場合はどうでしょうか。

パートナーのいびきや歯ぎしりがうるさいと、睡眠が妨げられて苦労しますが、そんな自分はどうでしょうか。

「いびきや歯ぎしりがうるさい」と言っている自分も、いびきや歯ぎしりをしている場合があります。

「自分も人のことを言えない」と思えば、パートナーだけの問題ではないと分かるでしょう。

偏っているように見えて、実はバランスが取れている場合があります。

相手が悪いように思えて、実はお互い様という場合があります。

人は、自分を中心に見てしまいがちです。

自分では不公平であるように感じても、全体で見ると、公平になっていることがあります。

生活全体を振り返り「つまらないことで悩んでいないか」と考える余裕を持ってみてください。

振り返ったところで結果は変わらないかもしれませんが、一度考えてみる価値はあるでしょう。

暴力や浮気など、重大な過失がある場合は別ですが、小さなことなら笑って済ませられることがあります。

軽微なことなら、無視していいこともあるはずです。

自分が考えすぎていたり、神経質になっていたりしているだけかもしれません。

一度じっくり考えてみると、つまらないことで悩んでいることに気づけるかもしれません。

同棲に疲れたときの言葉 その18

  • つまらないことでんでいないかえてみる

同じカテゴリーの作品