人生の教科書



同棲
短期間で同棲を解消することもあっていい。
同棲
同棲でも、相手に言えない秘密はあってもいい。
同棲
結婚前に同棲をしておくべきか。
同棲
同棲の2大条件「期限付き」「結婚前提」を拒む人の心理とは。
同棲

別れと同棲解消をスムーズにする
30の方法

  • 同棲とは、
    結婚相手としてふさわしいか見極める手段。
別れと同棲解消をスムーズにする30の方法

もくじ

1
★1

同棲とは、結婚相手としてふさわしいか見極める手段。

同棲とは何か。 一般的な意味としては、結婚していない男女が同じ家で一緒に暮らすことを言います。 しかし、本当はもっと深い意味があります。 同棲とは、結婚相手としてふさわしいか見極める手段です。 そのため同棲中は、恋人と一緒に暮らしつつも、相手の様子を注意深く見ておく必要があります。 もちろん人間ですから、欠点の1つや2つはあって当然。 おならもすることもあれば、ど忘れをすることもあります。 言い間違いをすることもあれば、何かに失敗することもあります。 少しおかしな癖もあるかもしれません。 欠点が1つあるだけで別れるなら、どんな人とも結婚できません。 多少の短所や欠点には目をつぶり、気にしないことも必要です。 しかし、あまりにも耐えられない事情があるなら、やはり大きな決断も必要です。 暴力・浪費癖・浮気癖・ギャンブルなどのような、重大な欠点です。 残念ながら、同棲しながら相手のことが深く分かると、結婚相手としてふさわしくないと分かることがあります。 1年以上一緒に暮らせば、相手のことが一通り分かるようになるでしょう。 結婚相手としてふさわしくないことが分かれば、ずっと同棲を続けていても仕方ありません。 早めに別れと同棲解消の決断をして、次のステップに進むことをおすすめします。 好きだから一緒に暮らし続けるのはゴールが見えません。 同棲のゴールは結婚です。 同棲は、あくまで結婚相手としてふさわしいか見極める手段と心得てください。 結婚相手としてふさわしくないと分かれば、別れと同棲解消を切り出す。

2
★0

同棲中に別れるなら、大きな行動力が必要。

同棲中に別れるなら、大きな行動力が必要です。 普通に別れるなら、話し合ってお互いが納得すれば、それで別れが成立します。 早ければ、その日のうちに別れが成立することも珍しくありません。 しかし、同棲中に別れるなら、一般的に引っ越しが伴います。 どちらか一方が部屋を出て行くことになるため、お金・時間・労力など、大きな負担がかかります。 自分が部屋から出て行くなら「引っ越し」という大きな作業が必要です。 物件を探したり、賃貸契約を結んだり、敷金・礼金・家賃を支払ったりなど、手間暇の連続。 引っ越し業者を利用するなら、さらに「引っ越し代」という大金も必要です。 同棲中に別れるなら、大きな行動力を覚悟する必要があるでしょう。 あまり深く考えずに別れを切り出すと、後から手間や出費に振り回され、痛い目に遭います。 準備不足で別れ話を切り出すと、ただでさえ大変な別れが、さらに大変になるでしょう。 そのため、本当に正しい判断なのか何度も自分に問いかけ、決意を固めてから別れ話を切り出すことが必要です。 自分が部屋から出て行く側なら、きちんと計画を立てて、準備もしておきたい。 別れ話を切り出す段階では、すでに別れる決意が固まっている状態が賢明です。 同棲中に別れるなら、大きな行動力を覚悟しておく。

3
★0

同棲解消を決意すれば、ずるずる行動を先延ばししない。

同棲解消を決意するまでは、慎重に考えることが必要です。 本当に同棲をやめていいのか、後悔がないよう自問自答を繰り返します。 決意をするまでは、時間がかかってもいい。 むしろしっかり時間をかけたほうがいいでしょう。 しかし一度決意が固まれば、できるだけ行動は大胆で早いほうがいい。 決意した後に迷うのはよくありません。 「もう少し様子を見てから」 「もう少し時間を置いてから」 ずるずる行動を先延ばしにしていると、だんだん決意が揺らいできます。 そのうち「本当に同棲をやめていいのだろうか」「やめたほうがいいのではないか」と自分でも判断に自信が持てなくなる。 「同棲解消をしよう」という決意が衰え、同棲解消のタイミングを逃してしまいます。 同棲解消を決意すれば、必要な準備に取りかかりましょう。 勢いで行動するのはよくありませんが、慎重に考えた結論なら間違いありません。 具体的な計画を立てる。 必要な資金を貯める。 引っ越し先を探す。 不要なものは処分する。 話し合うタイミングを見計らう。 必要なら、第三者の立ち会いもお願いする。 決意が固まっているうちに行動するのが得策です。 同棲解消には、大きなパワーが必要です。 気持ちが熱いうちに行動したほうが、よい結果をもたらします。 同棲解消を決意すれば、ずるずる先延ばしせず、できるだけ早めに行動する。

4
★0

計画も準備もないまま、同棲解消を切り出さない。

始めるのは簡単でも、終えるのが難しい。 それが、同棲です。 計画も準備もないまま、同棲解消を切り出すのはよくありません。 同棲解消は、段取りが悪いと、失敗したり余計な時間がかかったりトラブルに発展したりしやすくなります。 「同棲をやめたい」と言うだけで、簡単に済む話ではありません。 家賃・光熱費・通信費の話になるでしょう。 引っ越しの話をするでしょう。 引き止められることもあれば、言い争いになることもあるはずです。 お金も時間も労力もかかる。 体力だけでなく、精神的にも消耗します。 同棲を解消するまでには、いくつも山を乗り越える必要があり、消耗の連続になるはずです。 そのため、同棲を解消するなら、前もって計画を立てておくことが必要不可欠です。 ・いつ同棲解消を切り出すのか ・どこへ引っ越すのか ・どうやって引っ越しをするのか ・費用はいくら必要なのか ・どう相手を説得するか ・相手の言い分にどう反論するか ・いつ家を出て行くのか ・共有財産はどうするか ・親や友達にはどう説明するか 2人で契約していることがあれば、名義の話し合いも必要です。 ほかにも考えなければいけないことが山ほどあります。 同棲解消の計画を考えられるだけ考えておきます。 頭だけで考えるのが難しくなれば、紙に書き出しましょう。 一度計画を目に見える形にすれば、具体的に考えやすくなります。 ただしそのメモは、絶対相手に見つからないようにしてください。 また計画を立てれば、次は準備です。 前もってお金を貯めたり、引っ越し先を探したりします。 話し合いが揉めそうなら、前もって第3者に仲介をお願いしておくのもいいアイデアです。 準備ができていれば、いざ引っ越しをするときもスムーズです。 計画と準備が整っていれば、難しい同棲解消もきっと成功するでしょう。 計画と準備を整えた上で、同棲解消を切り出す。

5
★0

同棲解消と貯金のどちらを優先すべきか。

別れることになれば、同棲解消のため、部屋を出て行くのが一般的です。 一方が出て行くこともあれば、2人とも出て行くこともあります。 別れているにもかかわらず、同じ部屋で一緒に暮らすのも違和感があり不自然です。 自分が部屋を出て行く側なら、引っ越しが必要です。 ところが引っ越しをしたくても、お金がないと、切り出すべきか迷うのではないでしょうか。 「一刻も早く別れたい」という気持ちがある一方「お金が足りない」という現実の板挟みに悩みます。 では、別れと引っ越しのどちらを優先すべきか。 考え方はシンプルです。 同棲解消より貯金を優先させるのが得策です。 お金がないにもかかわらず、引っ越しするのは現実的ではありません。 感情的に別れと同棲解消を切り出しても、お金がなければ次のステップに進めません。 引っ越し費用のために、わざわざ借金するのも得策とは言えないでしょう。 少し時間はかかりますが、お金が貯まってから同棲解消を切り出したほうがスムーズです。 恋人には見つからないように平然と生活をしつつ、裏では貯金や物件探しを始めます。 もちろん正確に必要な金額を把握するのは難しいですが、大まかで十分です。 物件の予算を決めておけば、そこから逆算して必要なお金が分かります。 必要なら、新しく銀行口座を開設しておくのも悪くありません。 少しずつ残高が増えていく様子が分かると、節約や貯金のモチベーションも高くなるでしょう。 お金が貯まっていれば、自信につながり、同棲解消を切り出す勇気も出やすくなります。 もちろん同棲解消した後の引っ越しも、お金があればスムーズです。 お金が足りなければ、同棲解消より貯金を優先させる。

6
★0

お金がない状態で早く同棲を解消させたいとき。

同棲を解消するときは、必要なお金が貯まってから行動に移すのが得策です。 お金がないにもかかわらず、引っ越しするのは現実的ではありません。 引っ越し費用のために、わざわざ借金するのも得策とは言えないでしょう。 少しもどかしいかもしれませんが、お金が貯まってから同棲解消を切り出したほうがスムーズです。 ただし、どうしても待てない状況もあるはず。 一刻も早く同棲を解消させたくて我慢できないときは、できるだけお金のかからない方法を考えます。 たとえば、引っ越しを業者にお願いするのではなく、自前で済ませる方法です。 運転免許証と車があれば、少し手間はかかりますが、ガソリン代だけで済ませられます。 運転免許証がなければ、親や友達などに車の手配と協力をお願いするのもいいでしょう。 手間賃を支払うのがマナーですが、それでも業者に依頼するより大きく費用を抑えられるはずです。 新しいアパートの家賃が心配なら、実家に戻って暮らす方法もあります。 親には驚かれるかもしれませんが、実家なら家賃は必要ありません。 実家に戻りにくければ、シェアハウスという手段もあります。 複数人と同居すれば、家賃を低く抑えられます。 新しい人間関係が増えれば、失恋の落ち込みも立ち直りやすくなるでしょう。 友達の部屋に居候させてもらう手段もあります。 長期間は迷惑になりますが、短期間なら許してもらえるかもしれません。 それぞれの選択肢にメリットとデメリットがあります。 自分に合う方法なら、状況によって利用する価値があるでしょう。 少しでも早く同棲を解消させたければ、できるだけお金のかからない引っ越し方法を考える。

7
★0

別れ話と同棲解消は、同時にしないほうがいい。

別れ話と同棲解消は、同時に行われるのが一般的です。 相手が嫌いになったから、別れる。 別れるから、同棲も解消する。 ごく自然で普通の流れですが、実は最もトラブルに発展しやすいパターンでもあります。 別れ話と同棲解消を同時にしようとしても、なかなか思うようにいかない場合が多い。 いきなり別れ話から始まると、相手は感情的になるでしょう。 相手が別れを拒むと、その後の同棲解消もしにくくなります。 同棲解消には、お金や手続きなど、デリケートな話し合いが必要です。 相手が別れを拒んでいる状態では、デリケートな話をしたくてもできないため、同棲解消が行き詰まります。 強引に同棲解消をしようとすると、ますます相手を不快にさせ、トラブルに発展しやすくなる。 婚約中、一方的に同棲解消をすると、慰謝料という問題に発展する可能性もあります。 そのため、できれば別れ話と同棲解消は、同時にしないほうが賢明です。 トラブルを防ぎたければ、同棲解消をしてから別れ話を切り出すようにするのが安全です。 最初は、交際関係を維持したまま、同棲を解消します。 すでに別れを決めていたとしても、表向きは前向きな理由にしておきます。 「一人暮らしをしてみたいから」 「仕事に集中したいから」 「通勤が楽な場所に引っ越したいから」 前向きな理由のほうが、健全な印象をアピールできるため、相手の同意を得られやすくなります。 穏便に同棲解消の話し合いもできるでしょう。 同棲解消後、落ち着いてから別れ話を切り出せば、すでに別々の生活なのでスムーズに話ができます。 なかなか難しい場面もあると思いますが、できるだけ心がけてください。 できれば同棲を解消してから、別れ話を切り出す。

8
★0

貯金が多いと、別れる勇気も出やすくなる。

今、どのくらい貯金がありますか。 一定の貯金があるなら安心ですが、まったく貯金がないのは要注意です。 余裕があれば、少しでも貯金を増やすようにしましょう。 貯金が多いと、別れる勇気も出やすくなるからです。 お金は、心に安心をもたらすお守りのような役目があります。 下品な話と思うかもしれませんが、現実に直結した問題です。 お金には、愛も友情も絆もありません。 話し相手にも相談相手にもなってくれません。 泣いたり笑ったりすることもない。 しかしお金は、いざとなったとき、確実にあなたを助けてくれる存在です。 少しでも貯金があれば、融通が利きやすくなり、別れた後の生活にも余裕が出てきます。 貯金は、気づかないうちに別れによい影響を及ぼします。 前向きに別れを考えることができたり、別れ話を切り出す勇気が出たり、堂々と話し合いをしやすくなったりします。 お金は使わないと恩恵が得られないと思われがちですが、持っているだけでも精神的な余裕を作る効果があります。 別れる準備の1つとして、少しでも貯金を増やしておきましょう。 すぐ十分な貯金を貯めるのは困難ですが、日頃から少しでも節約を心がけ、貯金に励むといいでしょう。 1円でも10円でも貯めておく。 日々の積み重ねが大切です。 貯金を貯めておくことが、間接的にスムーズな別れの準備につながります。 別れる準備の1つとして、貯金を増やしておく。

9
★0

結婚する気がなければ、同棲解消することはあって当然。

同棲のゴールはどこなのか。 同棲のゴールといえば、結婚です。 もちろんそうでないカップルもいますが、目的がないまま一緒に暮らしていても年をとるだけ。 結婚を前提としているかどうかにかかわらず、長く一緒に暮らしていると、自然と結婚を意識するのが普通です。 一緒に暮らし始めてしばらく時間が経つと「いつまで同棲を続けるのだろう」と思います。 その疑問を自分の中だけでため込むのはよくありません。 同棲を始めて一定期間が経てば、きちんと相手に確認をとっておくといいでしょう。 「結婚する気はあるのか」 「結婚するなら、いつ頃を予定しているのか」 聞きにくい質問でしょう。 返事を聞くのも怖いかもしれません。 しかし、人生にかかわる大事な質問です。 自分は結婚をするつもりであっても、相手は結婚する気がないかもしれません。 相手に結婚する気がなければ、同棲を続ける意味がありません。 世の中には事実婚も存在しますが、自分が目指したい未来と違うなら同棲解消が必要です。 相手に結婚する気がなければ、別れや同棲解消の理由になります。 相手を説得することも必要ですが、まったく考えを変える気配がなければ、決断は早いほうがいい。 お互いの目指す方向が違うなら、早めの決断をおすすめします。 同棲してしばらく経てば、お互いのゴールを確認しておく。 相手に結婚する気がないと分かれば、同棲解消を検討する。

10
★0

電話やメールで同棲解消を切り出さない。

同棲解消を切り出すとき、電話やメールで済ませるのは厳禁です。 たしかに同棲解消は言いにくい話です。 簡単に話が済まないのはほぼ確実。 説得が必要になったり、言い争いになりやすかったりなど手間もかかります。 相手が怒っている顔を見るのも嫌だという人もいるはずです。 電話やメールを使えば、直接会わずに伝えられるため、これほど楽な手段はありません。 しかし電話やメールで同棲解消を切り出すと、誤解や勘違いを生みやすいデメリットがあります。 声や文字のやりとりだけで、詳しく説明するには限界があります。 一緒に暮らしているにもかかわらず、電話やメールで伝えるのは不自然です。 誠意がないと誤解され、余計に同棲解消がこじれやすくなるでしょう。 いくら相手と険悪な仲であっても、同棲解消は、お互いの生活に直接関係する話。 大事な話は、やはり直接相手と向き合った上で話すのがマナーです。 お互い無視を貫きたくても、同棲解消の話し合いは、きちんと会って話すのが一番です。 同棲解消を考える経緯は、会って話したほうが説得力はあります。 名義や財産分与などのデリケートな話も、やはり直接会って話し合うほうが早くてスムーズでしょう。 同棲解消は、電話やメールではなく、きちんと対面で話し合う。

11
★0

前もって引っ越し先を決めておく。

同棲解消を切り出すなら、できれば前もって引っ越し先を決めておきましょう。 同棲解消が決まってから引っ越し先を決めるのもいいですが、ばたばた忙しくなって大変です。 別れる予定の2人が同じ生活空間で暮らし続けるのは、居心地がいいとは言えないでしょう。 だらだら同棲を続けているうちに決意が緩み、気持ちが変わることもあります。 もちろん話し合いの前ですから、まだ正式に同棲解消が決まったわけではありません。 話し合いの結果、同棲解消を撤回する可能性もあるでしょう。 しかし、まだ正式に同棲解消が決まっていなくても、部屋から出て行く準備だけはしておきたい。 同棲解消が決まれば、できるだけ早めに引っ越しを済ませるのがマナーです。 必要ないものは処分したりして、身軽になっておきます。 簡単な荷造りをしておくのもいいでしょう。 前もって引っ越し先を決めておけば、切り出してからも進行がスムーズになります。 同棲解消後に一人暮らしをするなら、先に物件を探しておくといいでしょう。 余裕があれば、引っ越し業者や引っ越し日も決めておくのもいいでしょう。 同棲解消の決意が十分固まっているなら、自己責任の上、正式な契約まで結ぶのも悪くありません。 必要な作業をある程度進めておくことで、自分を追い込めます。 「少しやりすぎではないか」と思うかもしれませんが、本気なら、このくらいの行動力が必要です。 同棲中の別れは、普通の別れより大きな行動力が必要です。 計画だけで中途半端に終わらせないためにも、前もって具体的な行動を進めておくことも大切です。 同棲解消を切り出す前に、引っ越し先を決めておく。

12
★0

同棲解消を切り出すタイミングは、休日の前日がベスト。

同棲解消を切り出すなら、タイミングが重要です。 いつでもよいわけではなく、お互いにとって余裕のあるタイミングがベスト。 同棲解消を切り出した直後は、精神的に動揺しがちです。 特に別れと同棲解消の両方を切り出すなら、ショックも2倍になるでしょう。 さすがに気持ちが落ち着かず、不安定な状態になって当然です。 翌日に仕事があれば、同棲解消のことが気になって、なかなか仕事に集中できないでしょう。 もともと度胸がある人でも、さすがにショックを隠しきるのは難しいはずです。 そのため同棲解消を切り出すタイミングとしては、休日の前日がベストです。 時間があれば、たっぷり話し合いもできます。 次の日が休みなら、同棲解消で動揺していても、仕事への悪影響を最小限に抑えられます。 時間に余裕があれば、心を整理する余裕も生まれます。 同棲解消は、段取りが大切です。 少しでも仕事に影響しないよう配慮することは、同棲解消の成功率を上げることにもつながります。 先に予定を入れられないよう、あらかじめ「この日の予定をあけておいてほしい」とお願いしておくといいでしょう。 「何の話?」と聞かれたら「同棲についての話し合い」などとほのめかしておくのも悪くありません。 少しでもお互いにとってスムーズになるよう、タイミングを見計らった上で同棲解消を切り出しましょう。 同棲解消を切り出すなら、休日の前日にする。

13
★0

機嫌が悪いタイミングは避ける。
機嫌がいいタイミングを狙う。

重要ではないものの、余裕があれば考慮しておきたいポイントがあります。 相手の機嫌の良しあしです。 「今日こそきちんと話をしよう」 そう思っていても、相手の機嫌が悪いときなら、念のため避けておくのがいいでしょう。 人には誰でも機嫌が悪くなるときがあるもの。 わざわざ機嫌が悪いときにネガティブな話を切り出すのは、火に油を注ぐようなもの。 相手の機嫌が悪いときは、丁寧に話を切り出してもなかなか受け入れてもらえないでしょう。 ますます相手を不機嫌にさせてしまい、話の展開がやっかいになります。 インパクトの大きな話なので、相手の性格によっては、ひどく取り乱す可能性も否定できません。 相手の機嫌が悪いなら、潔くタイミングをずらしたほうがいいでしょう。 一方、狙い目なのは、相手の機嫌がいいタイミングです。 相手の機嫌がよくなりやすいタイミングはありませんか。 たとえば、週末や給料日などです。 一緒に暮らしていると、相手の機嫌がよくなりやすいタイミングが予想しやすくなるのではないでしょうか。 相手の機嫌がいいタイミングを狙えば、難しい話も落ち着いて聞いてもらいやすくなるでしょう。 相手の機嫌がいいときに暗い話を切り出すのは心苦しいものですが、計画を進めるためには堅実なタイミングです。 もちろん必ずうまくいくとは限りませんが、話がスムーズになる確率は上がるでしょう。 機嫌の良しあしは、話の流れに影響します。 無理にこだわる必要はありませんが、調整できる余裕があるなら、考慮に入れておくといいでしょう。 難しい話を切り出すときは、相手の機嫌が悪いときは避け、相手の機嫌がいいときを狙う。

14
★0

同棲解消を話し合うなら、自宅はやめたほうがいい。

同棲解消の話し合いは、場所の選び方が大切です。 同棲では、2人が同じ場所で住んでいます。 普通に話し合う場所を考えるなら、まず自宅を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。 自宅は、2人にとって住み慣れた生活空間です。 話し合うのが一番早くて楽でしょう。 リラックスできる場所であり、閉鎖的でプライベートも守られています。 だからこそ、なかなか話がうまく進まないことがあります。 同棲解消を話し合うなら、自宅はやめたほうがいい。 生活感が漂う中では緊張感が乏しく、だらだらした雰囲気が漂いやすい。 慣れ親しんだ場所だからこそ、感情をぶつけやすくなり、冷静な話し合いの妨げになりやすいのです。 同棲解消を話し合うなら、人目のある場所がおすすめです。 たとえば、喫茶店やレストランです。 あえて緊張感のある場所を選んだほうが、話し合いにはメリットです。 人目のある場所のほうが、適度な緊張感があるため、形式張った話し合いをしやすくなります。 荒っぽい性格の人でも、周りに人がいれば抑止力になります。 暴力を振るいやすい相手なら、万一のとき、助けを呼べます。 どうしても2人きりがいいなら、個室のある飲食店を選べばいいでしょう。 話し合いで取り乱しても、周りの人に見られる心配はありません。 暴力を振るわれても、店内なら人を呼べるので安心です。 同棲解消と同時に別れ話も切り出すなら、なおさら心がけておくのが賢明です。 少し手間かもしれませんが、きちんとした話し合いをするための大切な段取り。 話し合う場所で話し合いの流れや雰囲気が大きく変わるため、慎重に選ぶことが大切です。 同棲解消の話し合いは、人目のある場所でする。

15
★0

何の話もなく、急に家を出て行かない。

「話し合いをせず、今すぐ家を出て行ってしまおう」 同棲解消を考えるとき、話し合いをしないで家を出て行こうと考える人もいるかもしれません。 相手の留守中を見計らって、さっと消えるように家を出て行く。 わざわざ話し合うのが面倒だから、手間を省きたい。 「行動は早いほうがいい」と思えば、ますます前向きになるでしょう。 しかし、いくら話し合いが面倒とはいえ、何の連絡もなく突然出て行くのはよくありません。 まず相手に心配をかけます。 何の説明もなく、突然相手が荷物と一緒に消えると、誰でも驚きます。 ましてや同棲している関係なら、驚きを通り越して心配するはずです。 実家や職場を知られている場合、連絡されたり来られたりして、話が大げさになることがあります。 後から逃げるために出て行ったと分かれば「なぜ一言も説明がないのだろう」と思います。 大事な話し合いをせず、自己都合で出て行ったことに、相手は憤りを覚えるかもしれません。 家を出て行くことができても、後になってトラブルに発展する可能性があります。 何の連絡もなく出て行くのは、社会人として非常識な行動です。 同棲を解消するなら、事件性がある場合を除いて、きちんと話し合いをしておくのがマナーです。 同棲は、お互いが同意して始めたことですから、解消するときも、お互いの同意が必要です。 きちんと同棲解消の話し合いをしてから、家を出て行く。

16
★0

同棲解消のとき、必ず話し合っておきたい5つの項目。

同棲解消のときは、さまざまな話をします。 中でも、必ず話し合っておきたいことが5つあります。 確認を忘れることがないよう、あらかじめリストアップしておくといいでしょう。 忘れそうなら、メモを持参していくのも悪くありません。 (1)なぜ同棲解消をしたいのか まず同棲解消にあたっては、その理由が必要です。 同棲解消の中でも、最も時間をかけて話したい部分です。 相手を傷つけない範囲で正直に理由を伝え、納得してもらいましょう。 深く考えないまま発言すると、なかなか理解してもらえないことがあります。 相手が納得してもらえるような説明を、前もって準備しておくとスムーズです。 (2)誰が出て行くのか 次に話しておきたいのは「誰が出て行くのか」という点です。 自分が出て行くのか、相手に出て行ってもらうのか、それとも2人とも出て行くのか。 自分が出て行くつもりでも、話し合いの末、相手も出て行くことになるかもしれません。 名義や財産分与に関わることですから、曖昧にせず、きちんと話し合っておきます。 (3)いつ出て行くのか 自分が出て行くなら、できるだけ早いほうがいいでしょう。 できるだけ最短の日程で出て行けるように調整します。 相手に出て行ってもらうなら、準備があるため、より長い猶予期間を設けたほうがいいでしょう。 普通は3カ月。 短くても1カ月は猶予期間を作りたいところです。 自分の都合で出て行ってもらうため、あまり無理なスケジュールを押し付けないようにしましょう。 (4)費用の負担についてどうするか 同棲しているなら、家賃・水道光熱費・通信費などを折半している場合が多いでしょう。 出て行く日程によっては、日割り計算が必要になるため、その点についてきちんと話し合っておきましょう。 (5)共有財産はどうするか 共同で購入したものは、どちらが持つのか。 2人で飼っていたペットも、どちらが引き取るのか。 同棲解消を切り出す側がより負担を負うのが基本であるものの、最終的には話し合って決めることが大切です。 そのほかの細かい話については、その都度、確認するようにしましょう。 必ず話し合っておきたい5項目を確認しておく。

17
★1

意見が対立しても、感情的にならない。

同棲解消の話し合いのとき、揉めることが少なくありません。 お互いの言い分が食い違う。 相手から傷つけられることを言われる。 相手が悪いにもかかわらず、素直に認めようとしない。 意見が対立したときは感情が高ぶり、理性を失いがちです。 今までずっと我慢してきた分、なかなか自分の意見や気持ちを受け入れてもらえないと、不満が爆発しそうになるでしょう。 「どうして分かってくれないの?」と思うと、興奮のスイッチが入りそうになる。 しかし、意見が対立しても、感情的になってはいけません。 高ぶった感情のままに発言すると、完全な言い争いになります。 余計に対立がひどくなり、同棲解消の話し合いがスムーズにできなくなります。 自分のプライドを傷つけられることがあっても、ぐっと我慢して、冷静を保ちます。 感情的に言い争ったところで、場が乱れるだけでいいことはありません。 話が進まなくなり、不毛な時間が過ぎるだけになります。 場合によっては相手を逆上させてしまい、面倒なトラブルに発展する可能性もあります。 感情が高ぶってくれば、飲み物を一口飲みましょう。 水分が喉を通ると、落ち着きを取り戻しやすくなります。 それでも気持ちが収まらなければ、トイレ休憩を挟みます。 一度席を離れることで、興奮が冷めて、元の自分を取り戻せます。 とにかく最後まで冷静を保ちながら話し合うことが大切です。 意見が対立しても、感情的にならず、常に冷静な対応を心がける。

18
★1

相手から引き止められても、情に流されない。

同棲解消の話し合いのとき、相手から引き止められる可能性があります。 「何とか考え直してもらえないか」 「もう少しだけ一緒にいよう」 「今後は家賃を全額負担するから考え直してほしい」 相手が悲しそうな表情で必死に引き止めてくると、心が動かされるでしょう。 だんだん相手がかわいそうになって、同情の気持ちが出てきます。 「そこまで言うなら」と決意が揺らぎますが、ここが肝心です。 同棲を解消すると決めたなら、やはり意志を貫くことが大切です。 相手が泣きながら謝ってきても、情に流されてはいけません。 たとえ土下座をされても、決意を覆さない。 同棲解消を撤回して元の関係に戻ったところで、中途半端な関係になるだけです。 今までずっと改善されなかったことが、急に改善される可能性は低い。 しばらくしてトラブルが始まり、再び「同棲をやめたい」と思うようになるでしょう。 今まで悩んだあげく、出した結論を尊重しましょう。 「同棲をやめる」と決めたら、最後まで意志を貫くことが大切です。 相手から引き止められても、情に流されず、同棲解消の意志を貫く。

19
★0

婚約中の同棲解消も、あっていい。

同棲を解消しにくい状況の1つが、婚約している場合です。 すでに結婚の約束を交わし、お互いの親にも挨拶を済ませている。 ここまで関係が進んだ状態から、別れと同棲解消を言い出すのは、心苦しく感じるでしょう。 婚約破棄は苦渋の決断。 すでに同棲までしているなら、なおさらです。 お互いの親に恥をかかせてしまい、顔向けしづらいはずです。 特に親を説得して同棲を始めたにもかかわらず、最終的に別れることになれば、この上ない恥ずかしさがあるでしょう。 しかし、勇気を持ってください。 婚約しているからとはいえ、強い嫌悪感と違和感があるまま結婚するのは危険です。 結婚後も、一生ずっと合わない人と生活するのは大変になるでしょう。 好きだから同棲を始めたものの、一緒に暮らし始めてから相手の嫌な点に気づいて、愛情が冷めるのはよくあること。 そもそも同棲の本来の目的は、結婚相手としてふさわしいか見極める手段のはずです。 本来の目的で考えるなら「こんなはずではなかった」という結果もあって当然です。 むしろ気づけてよかったと思うことです。 婚約中の同棲解消は残念ですが、仕方ありません。 婚約中の同棲解消は心苦しくても、結婚の失敗に比べれば小さなこと。 情に流されず、義理や罪悪感にも縛られず、大切な決断をしてください。 結婚は無理だと確信すれば、婚約中であれ同棲中であれ、勇気を出して別れることが必要です。 「結婚できない」と感じたら、婚約中や同棲中であっても、きちんと別れておく。

20
★0

同棲中に別れ話を切り出せば、できるだけ早く出て行く。

同棲中に別れ話をすれば、できるだけ早く出て行くようにします。 たとえば、別れ話をして、部屋を出て行くのが1カ月後だとします。 次に住む場所が決まっていないため、少し時間を作ろうと思う。 別れが決まっていれば、遅くなっても大丈夫だろうと思いますが、その油断こそ失敗を招くもと。 出て行くまでに時間がかかると、いろいろ考えるようになります。 「私たちは本当にこれでいいのだろうか」 「自分の決断は、間違っているのではないだろうか」 「別れたとしても、新しい恋人を見つけられるかな」 「今までの時間がもったいない」 「別れを撤回して、元の関係に戻ったほうがいいのではないか」 時間が経つにつれて、だんだん決意が揺らぎ、別れの意欲が弱くなります。 余計なことを考えたり情が湧いたりして、別れの撤回を考えるようになる。 せっかく決意していた別れが、失敗に終わる可能性があるのです。 そのため、同棲中に別れ話を切り出したら、できるだけ早く部屋を出て行くのが得策です。 これから別れる2人が一緒に暮らすのは、お互いにとって居心地がよくないでしょう。 たとえ相手が納得してくれなくても、部屋を出て行くだけでも優先させます。 どちらが部屋を出るのかは状況によりますが、自分が出て行く側なら、行動は早いほうがいい。 別れる決意が固まっているうちに部屋を出て行くこと。 早ければ早いほど、同棲解消の失敗を防げます。 同棲中に別れ話を切り出せば、できるだけ早く部屋を出て行く。

21
★0

同棲をしているなら、合鍵の返却・回収は必須。

同棲解消が決まれば、どちらかが部屋を出て行くことになるでしょう。 2人とも出て行くわけでなく、一方が出て行くなら注意したいことがあります。 合鍵の返却・回収です。 同棲を解消する際は、必ず合鍵の返却・回収をしましょう。 自分が部屋を出て行く側なら、相手に合鍵を返却します。 合鍵を複製しているなら、それも一緒に返却します。 一方、出て行ってもらう側なら、必ず合鍵を回収します。 合鍵の複製があるなら、それも含めてすべて回収します。 回収・返却をせずに放置するのは、セキュリティー上よくありません。 もし返却できない場合、大家と相談して鍵の付け替えが必要になり、費用と手間暇がかかります。 アパートの契約にもよりますが、入居者の都合による鍵の付け替えは、修理ではないため自己負担になるのが一般的です。 鍵の付け替え費用は安くありません。 手間も費用もかかり、お互い余計な負担になるでしょう。 同棲をスムーズに終わらせるためにも、合鍵は忘れずに返却・回収をしましょう。 同棲して合鍵があるなら、必ず返却・回収をする。

22
★0

引っ越しの荷物が多いときの5つのポイント。

同棲解消の際、荷物の量に悩まされることがあります。 別れ話を切り出せば、できるだけ早く部屋を出て行くべきですが、荷物が多いとやっかいです。 同棲が長くなるにつれて、衣類や小物など、持ち物も増えていきます。 荷物が多ければ多いほど、荷造りにも手間暇がかかる。 すぐ引っ越しをしたくても、思うようにいかない場合もあります。 同じ空間でごそごそ荷造りをするのは、相手の迷惑になることもあるでしょう。 そこで、引っ越しの荷物が多いときに心がけたいポイントが、5つあります。 (ポイント1)前もって荷物を整理しておく 一般的に荷物の整理は同棲解消が決まってから始めますが、状況が許すなら、早めに取り組むのもいいでしょう。 たとえば、同棲解消の決意が固い場合は、早めに整理しておくほうがスムーズです。 急に荷物が減ると怪しまれるので、気づかれない範囲で不要なものを処分したり、荷物をまとめたりします。 引っ越し先が決まっていないなら、簡単な荷物の処分だけでもできるはずです。 前もって移動させる荷物を減らしておけば、正式に同棲解消が成立した後の引っ越し作業が短縮できます。 (ポイント2)相手が留守のタイミングを狙う できるだけ相手の迷惑を避ける配慮も心がけておきましょう。 状況によっては、許可を得た上で、相手が留守中の引っ越しも検討しましょう。 部屋にいるのが自分だけなら、荷造り・片付け・掃除に集中しやすくなります。 最後のお別れがしにくいデメリットはあるものの、2人の都合によっては有効な方法になるでしょう。 (ポイント3)一部の荷物を残したまま出て行く 一度に引っ越しを終わらせられない場合は、一部の荷物を残したまま出て行くのも方法です。 必要な荷物だけ移動させて、重要度の低いものは後から取りに行くようにします。 (ポイント4)きれいに部屋は掃除しておく 自分が使っていたスペースは、きれいに掃除しておきましょう。 汚したままいなくなるのは美しくありません。 使い始める前よりきれいにするつもりで掃除をしておきましょう。 (ポイント5)引っ越し業者を活用する 荷物が多いときは、思いきって引っ越し業者を頼ることも検討してください。 費用はかかりますが、プロに任せれば、引っ越しの苦労から解放されます。 荷物の破損があっても、引っ越し業者に責任があれば損害が補償されるのも、隠れたメリットです。 荷物が多いときは、お互いの都合を考えながら、ベストな方法を考える。

23
★0

共同で購入したものは、どちらのものになるのか。

同棲解消のときに難しいのが、共有財産の扱いです。 たとえば、共同で購入した家具・家電・キッチン用品などです。 2人がお金を出し合って買ったものは、所有の判断に迷います。 購入するときは、まさか別れることになるとは思わなかったことでしょう。 気に入っているものなら「できれば欲しい」と思うところではないでしょうか。 さて、共同で購入した家具は、どちらのものになるのでしょうか。 もちろん話し合いで決めますが、基本的な考え方があります。 一般的には同棲解消を切り出す側が、より負担を負うべきでしょう。 自分が持ち去ると、相手はなくなった家具や家電を買い直さなければいけなくなります。 余分な出費がかかり、思わぬ痛手になるでしょう。 せめて経済的な負担だけでも軽くなるよう、共有財産は、できるだけ譲る配慮が必要です。 少なくともずけずけ所有権を主張するのは、控えめにしておくのが賢明です。 自分の都合で同棲を解消させるのですから、謙虚な姿勢が大切です。 切り出した側がより負担を負うようにすれば、話もまとまりやすくなります。 ただし、最終的には話し合いで決めます。 あくまで「同棲解消を切り出す側がより負担を負うほうがスムーズ」というだけの話です。 都合もあるため、お互いがよく話し合った上で決めるのが最も安心です。 基本的に同棲解消を切り出した側が、より負担を負うものと考える。

24
★0

お金の貸し借りがあるなら、きちんと借用書を交わしておく。

恋人とお金の貸し借りをしていることもあるでしょう。 お金の貸し借りをしたときは親しい恋人同士だったので、借用書を作らないこともあるはず。 本来なら借金を返済してから同棲を解消したいところですが、ないものを要求しても仕方ありません。 お金の貸し借りをしたまま、同棲を解消することになれば、不安がつきものです。 しかし別れてしまえば、他人です。 「後から返す」と約束しても、別れてから態度が急変することも考えられます。 時には相手に返す気がなく、トラブルに発展することも珍しくありません。 貸し借りの金額が大きければ大きいほど、無視することもできない。 そのため、お金の貸し借りをしたまま同棲を解消するなら、借用書を交わしておくことをおすすめします。 借用書があれば、それが証拠書類になるため、返済を要求するときに役立ちます。 その気になれば、法的に訴えることも可能です。 お金の貸し借りをしたのは昔で、今さら借用書を書いてもらうのは遅く感じるかもしれませんが、十分間に合います。 むしろ同棲解消だからこそ、いい機会。 「同棲をやめるのだから、お互いきちんとしよう」などの言い分で切り出せば、相手も応じてくれるでしょう。 今まで言い出しにくかった借金の借用書を、この際きちんと書いてもらいましょう。 逆にあなたがお金を借りているなら、きちんと借用書を書いて渡しましょう。 借用書があれば、相手も安心して同棲を解消できます。 堅苦しく感じるかもしれませんが、お金の問題はトラブルに発展しやすいものです。 「別れたら他人」と厳しく考え、手抜かりのない対応を心がけましょう。 お金の貸し借りがあるなら、面倒であっても、きちんと借用書を交わしておく。

25
★0

同棲を解消で部屋から出て行くなら、最後くらいは感謝を伝えたい。

出て行くときは、きちんとお別れを伝えておきましょう。 トラブルがあって別れることになれば「会いたくない。話したくない。顔も見たくない」と思うかもしれません。 しかし、別れ際はあなたの本当の人間性が表れる瞬間です。 無言のまま出て行くのは、大人の対応とは言いがたいでしょう。 トラブルがあって別れたとしても、最後くらいは感謝を伝えるのが礼儀。 感謝を言えるような雰囲気でなくても、一言くらいは言えるはずです。 「短い間だったけど、ありがとう」 「早く新しい人を見つけてね」 「悲しい結果で終わったけど、お互い頑張りましょう」 最後の言葉があれば、気持ちよく同棲の終わりを締めくくれます。 たった一言でも、感謝の言葉があるのとないのとでは、印象が違います。 険悪な雰囲気でもいい。 相手から返事がなくてもいいのです。 言うだけ損はありません。 気持ちのいい言葉で別れると、自分の中でもきちんとした区切りができます。 同棲解消で部屋から出て行くときは、きちんと感謝の言葉を伝える。

26
★0

留守中に部屋を出て行くなら、感謝をつづった置き手紙を残しておく。

相手が部屋にいるとき出て行くなら、お別れを伝えられます。 最後に感謝の言葉を伝えることで、気持ちよく交際を締めくくれます。 しかし、相手が留守中の場合は何も言えません。 何もなく出て行くのも物足りない。 相手の留守中に部屋を出て行くなら、配慮があるといいでしょう。 その配慮とは、置き手紙です。 簡単な手紙を書いて、テーブルの上に置いてから家を出て行きます。 手紙には、これまでの感謝をつづります。 トラブルがあって別れることになったとしても、最後くらいは感謝を伝えたい。 字のきれいさにこだわる必要はありません。 書き方にこだわる必要もない。 たくさん書いてもいいですが、短くてもかまいません。 便せん1枚で十分。 余裕があれば、手紙に相手が好きな飲み物を添えておくと喜ばれるでしょう。 お酒でもソフトドリンクでもいい。 最後のプレゼントです。 あなたが出て行った後、飲み物を飲みながら手紙を読めば、しみじみした思いになるでしょう。 最後の瞬間を美しく締めくくることで、気持ちよく同棲を解消できます。 留守中に部屋を出て行くなら、感謝をつづった置き手紙を残しておく。

27
★0

きれいに部屋を掃除してから、出て行く。

家を出て行くなら、きれいに部屋の掃除をしておきましょう。 自分が出て行くなら、家の中を散らかしたまま出て行くのはマナー違反。 「出て行った後のことはどうでもいい」と思うのは、社会人らしくありません。 掃除が不十分になっていると、後味の悪い印象を与えてしまいます。 相手に迷惑がかからないよう、せめて家をきれいに掃除しておくのが最低限の礼儀です。 もちろん家中をきれいにするのは難しいですが、せめて自分の部屋くらいは掃除しておくのがマナーです。 基本的に自分の持ち物は、すべて持ち出します。 自分の持ち物のうち、いらないものがあれば処分します。 粗大ごみは、面倒であっても業者に電話をして、引き取ってもらいます。 自分が使っていたスペースは、ごみが1つもないようにしておくのが理想的です。 共同のスペースも、できる範囲できれいにしておきます。 掃除や処分の仕方に迷うことがあれば、相手と相談した上で判断します。 難しいかもしれませんが、住み始めたときよりきれいにするつもりを心がけるのがいいでしょう。 同棲解消の最後の大仕事です。 さっさと出て行きたいかもしれませんが、やるべきことはきちんとやらなければいけません。 きれいに掃除してから出て行けば、美しく立ち去ることができます。 部屋を出て行くときは、きれいに掃除しておく。

28
★0

家を出て行くときに、余計ないたずらをしない。

相手が嫌いになって、家を出て行くことにした。 恨みがあって、晴らしてやりたい。 そんなとき「最後に何かいたずらをしてやりたい」と思う人がいます。 相手が留守中なら、やりたい放題。 相手の所有物を汚したり壊したりしてから、家を出て行く。 わざと相手を困らせることをすれば「ざまあみろ」と思い、自分はせいせいするかもしれません。 しかし、いくら恨みがあっていたずらしたくても完全なマナー違反。 わざと相手の所有物を汚したり壊したりすると、同棲を解消できても、後からトラブルに発展する可能性があります。 相手に恨みがあったとしても、余計な禍根を残さないために、いたずらなんてしないこと。 最後だからこそ、大人の対応を見せましょう。 去り際に、あなたの本性が映し出されます。 出て行くときは、自分の部屋をきれいに掃除と整理整頓しておきます。 共同のスペースも、できる範囲できれいにしておきます。 できれば感謝をつづった置き手紙を残しておくといいでしょう。 美しく後を去るのが、最も好印象です。 家を出て行くとき、余計ないたずらをしない。

29
★0

相手の親に挨拶して同棲を始めたなら、解消するときも、報告が必要。

同棲は、結婚を前提に始めるのが一般的です。 男女が同じ空間で暮らすのは、夫婦生活のようなもの。 特に女性側の親は、自分の娘が彼氏と一緒に暮らすとなれば、心配でたまらないでしょう。 そうしたことから、同棲を始める際、相手の親に挨拶したり許可をもらったりした状況も多いはずです。 もし同棲を解消するなら、相手の親にもきちんと報告しておきましょう。 特に婚約をしているなら、社会人としての誠意を見せるためにも、相手の親への報告が欠かせません。 ●連絡方法について 直接会いに行くのもいいですが、すでに別れている関係なら、電話や手紙で十分でしょう。 「事情があって同棲が解消になったこと」と「今までお世話になったお礼」の2つは、必ず伝えます。 自分の不手際や力不足で同棲解消になったことを謝っておくのも悪くありません。 言いにくいかもしれませんが、重要な報告なので、欠かさないようにしましょう。 厳しい言葉を言われるかもしれませんが、余計な言い訳はせず、深く謝って済ませるのが得策です。 ●報告のタイミングについて 注意したいのは、報告のタイミングです。 誠意を見せるなら、事前に連絡したほうがよさそうに思えますが、同棲を解消してからのほうがいいでしょう。 事前に報告すると、相手の両親から説得され、同棲解消が失敗に終わる可能性があります。 同棲解消を成功させるためにも、事後報告のほうが確実です。 相手の親に挨拶して同棲を始めたなら、解消するときも、事後に連絡しておく。

30
★0

同棲を解消したら、後悔はしないこと。

同棲中は煩わしくても、離れてみると恋しくなるもの。 同棲を解消してから、後悔してしまうことが少なくありません。 別々に暮らし始めてみると、今まで気づかなかった相手のよさに気づいてしまう。 そんなとき「同棲を解消しないほうがよかったかな」と思う瞬間があるかもしれません。 しかし、どんなことがあっても、同棲解消を後悔してはいけません。 後悔していると、心の重荷になるため、フットワークも悪くなります。 くよくよしていると、あなたの貴重な気力・体力・精神力が奪われていきます。 後悔したところで、いいことはありません。 たとえ後悔が事実でも、もう終わった出来事です。 復縁したところで、反省がなければ、同じ過ちを繰り返すでしょう。 あなたにやってくるのは、新しい未来だけ。 時間は前にしか進まない一方通行です。 過去を懐かしむことはあっても、後悔だけはしないこと。 全面的に自分の決断を受け入れて、自分を認めましょう。 同棲を解消したら、新しい未来に集中しましょう。 「同棲を解消しないほうがよかったかな」と思いそうになれば「同棲を解消してよかった」と思えることを、これから作ればいい。 自分が決めた道ですから、後悔せず、しっかり前を向いて歩むことが大切です。 「これで正しかった」と思えば、前を進む勢いも加速します。 同棲を解消したら、後悔はしないこと。

同じカテゴリーの作品