緊張・あがり症

緊張をほぐす
30の方法

  • 緊張対策の定番といえば、
    深呼吸。
緊張をほぐす30の方法

もくじ
  1. 緊張対策の定番といえば、深呼吸。

    緊張をほぐす定番といえば、深呼吸です。
    いつでもどこでも誰でもできます。
    お金も時間も才能も必要ない、手軽な方法です。

  2. 甘くておいしいお菓子は、緊張をほぐしてくれる救世主。

    緊張をほぐしてくれる救世主。
    それは、お菓子です。
    たった一口でも、甘くておいしいお菓子の効果は絶大です。

  3. ルーチンとは、精神統一の儀式。
    いつもの動作で、普段の自分を取り戻す。

    あなたには「ルーチン」がありますか。
    ルーチンとは「いつもの動作」「決まりきった一連の手順」という意味です。
    珍しい行為・特別な行為・大げさな行為ではなく、私たちの日常で頻繁に見かけます。

  4. 緊張をほぐすおまじない。
    手のひらに「人」という字を書いて飲み込む。

    緊張をほぐすおまじないがあります。
    手のひらに「人」という字を書いて飲み込みましょう。
    「人を飲み込む」という心理作用を促すことで、緊張をほぐす効果があります。

  5. 感動的な景色を想像すると、緊張もほぐれる。

    感動的な景色を思い出すことも、緊張をほぐす効果があります。
    美しい景色を見て感動すると、心が癒されるでしょう。
    一瞬で緊張がほぐれ、気持ちが落ち着きます。

  6. 信頼できる人とのスキンシップには、心に癒しと安らぎを与える効果がある。

    緊張をほぐすヒントは、スポーツの世界から学べます。
    格闘技の試合を思い出してください。
    選手が試合でリングに上がる直前、コーチが選手の両手を握って、励ましている光景を見ることがあります。

  7. 人前で話す前は、ガムを噛もう。

    人前で話すときに役立つのが、ガムです。
    たった1枚のガムでも、プレゼンやスピーチをスムーズにする効果は絶大です。
    ガムを噛むことには、人前で話すときに役立つ効果が3つあります。

  8. 自分で自分を応援して、気持ちを奮い立たせよう。

    自分で自分を応援するのも、緊張をほぐすのに効果的です。
    「応援」といえば「他人にされるもの」と思われがちですが、誤解です。
    応援に決まりはありません。

  9. もっと緊張する場面を想像すると、今がかわいらしく思えるだろう。

    緊張をほぐすために、ある場面を想像してください。
    もっと緊張する場面です。
    緊張する場面に直面したら、もっと緊張する場面を想像してください。

  10. 本物の花の美しさと香りには、緊張をほぐす力がある。

    緊張をほぐすために役立つのが、花です。
    緊張をほぐしたいときは、花をじっと見つめましょう。
    造花では不十分です。

  11. 緊張をほぐすのに最も適した飲み物といえば、ハーブティー。

    緊張をほぐすのに最も適した飲み物は何でしょうか。
    水ではありません。
    コーヒーでもありません。

  12. 自信が出たから胸を張るのではない。
    胸を張るから自信が出るのだ。

    自信が出ないとき、どんな態度になっていますか。
    自信が出なくて緊張しているときは、弱気の態度になりがちです。
    下を向いていたり腰が曲がっていたりする姿勢が多いのではないでしょうか。

  13. あなたの緊張は、紙1枚とペン1本で解決する。

    緊張してたまらないとき、A4サイズの1枚の紙を取り出してください。
    A4サイズの紙がなければ、ノートやメモ帳でもかまいません。
    白紙いっぱいに「リラックス」という言葉を繰り返し書きましょう。

  14. 嘘でもいいから、自分は一番偉い人間だと思い込む。

    嘘でもいいから、自分は一番偉い人間だと思い込みましょう。
    スピーチでもプレゼンでも、多くの聴衆がいるでしょう。
    大勢がいる中で、自分が一番偉い人間だと思うだけでいい。

  15. ユーモアによる笑いがあると、緊張がほぐれる。

    緊張をほぐすには「笑い」が大切です。
    スピーチやプレゼンの冒頭で、ユーモアを含めてみてはいかがでしょうか。
    大爆笑をさせるような笑いである必要はありません。

  16. 緊張をほぐすのに有効な4つのツボ。

    緊張をほぐすなら、ツボを押さえてみませんか。
    ツボは「気と血のエネルギーの通り道」と言われています。
    道具は必要なく、いつでもどこでも実践できます。

  17. ストレッチ体操の3つの効果。

    筋肉や関節を伸ばす柔軟体操は、緊張対策として有効です。
    いわゆる、ストレッチ体操です。
    ストレッチ体操が苦手な人は「痛い」と感じる程度を想像しているからではないでしょうか。

  18. 人の緊張を励ますと、自分の緊張がほぐれる。

    スピーチやプレゼンをするのは、あなただけでしょうか。
    もしほかにも一緒に発表する人がいれば、その人の緊張を励ましてあげましょう。
    他人の緊張をほぐすお手伝いをするのです。

  19. 先のことを考えるのはよくても、考えすぎるのはよくない。

    先のことを考えすぎていませんか。
    先のことを考えすぎるのは、緊張を促す原因になります。
    もちろん先のことを考えるのがすべて悪いわけではありません。

  20. 変顔には、緊張をほぐす効果が2つある。

    緊張をほぐすなら、変顔が役立ちます。
    人に変顔をしてもらうのではありません。
    自分が変顔をするのです。

  21. 舌を出すと、緊張がほぐれる。

    緊張をほぐす方法には、ユニークなものもあります。
    その1つが「舌を出す」という方法です。
    緊張していると、自然と喉元や口元に力が入ったり、歯を食いしばったりする傾向があります。

  22. 大げさに考えすぎているだけではないだろうか。

    過度の緊張をもたらす原因の1つが、大げさに考えすぎることです。
    スピーチやプレゼンなど、人前で発表するとき「絶対失敗してはいけない」と思うのが普通でしょう。
    もちろん失敗より成功するほうがいいのは当然です。

  23. 何かをきれいにする作業は実に快感。
    自分の机を掃除すると、緊張がほぐれる。

    緊張したら、とりあえず掃除をしてみませんか。
    掃除をする場所はどこでも自由ですが、迷ったら、まず自分の机から始めると取り組みやすいでしょう。
    自分に最も関係した場所なので掃除もしやすい。

  24. 歯磨きは、精神統一の時間。

    プレゼンやスピーチの本番前は、歯を磨きましょう。
    歯磨きは「歯の汚れを落とす行為」だけではありません。
    辞書で「歯磨き」の意味を調べても「歯ブラシで歯を磨いて清潔にすること」というシンプルな解説のみ。

  25. セルフモニタリングで、緊張した自分を実況中継する。

    緊張をほぐす方法として「セルフモニタリング」が役立ちます。
    セルフモニタリングとは、心理学用語の1つです。
    自分で自分の行動や考えや感情を観察して、記録する行為のことをいいます。

  26. 腹式呼吸で、緊張をほぐす。

    緊張をほぐすときには「腹式呼吸」が有効です。
    普通の深呼吸を思い浮かべるかもしれませんが、少し違いがあります。
     

  27. メイク直しに必要なポイントは、緊張をほぐすときのポイントと一致する。

    メイク直しとは何か。
    メイク直しとは「崩れたメイクを改めて整える行為」と考える人が多いのではないでしょうか。
    もちろんそれが本来の意味であり目的ですが、ほかにも大切な効果があります。

  28. 即効性のある緊張対策として有効なのが、スクワット。

    緊張をほぐすなら、適度な運動で体を動かすことが有効です。
    大切なのは、筋肉に負荷を与えること。
    運動神経を刺激することで、緊張から意識がそらせたり、気分転換になったり、体を温めたりする効果があります。

  29. 体が冷えると、緊張しやすくなる。
    特に冷え性の人は要注意。

    緊張の隠れた大敵。
    それが寒さです。
    寒さと緊張は無関係に思えますが、深い関係があります。

  30. 仮眠を取ると、緊張がほぐれる。

    緊張をほぐすには、仮眠が有効です。
    仮眠とは、本格的に寝ないで、短時間だけ寝る行為のことをいいます。
    緊張対策として当たり前の方法の1つですが、緊張して心に余裕がないときは、選択肢から外れていることが多い。

同じカテゴリーの作品