緊張・あがり症

まとめ
(緊張をほぐす30の名言)
緊張をほぐす30の名言

  • 「上手にしよう」ではなく「真剣にしよう」と考える。
  • 緊張は、心の成長に必要な栄養素だと考える。
  • 緊張を、避けるのではなく、生かす。
  • 緊張は、苦しむのではなく、笑い飛ばす。
  • 緊張を作り出しているのは自分の心であることを、再認識する。
  • 多くの人は、自分の緊張に興味がないことに気づく。
  • 緊張しても死ぬことだけはないので、安心する。
  • 「緊張して変だったら笑ってね」と笑いながら言いふらす。
  • 緊張と戦うのではなく、ダンスする付き合い方をする。
  • 緊張をほぐしたいなら、素直に自分の緊張を認める。
  • 緊張は、人生の眠気覚ましだと考える。
  • 緊張できるのも才能だと考える。
  • 「緊張している」ではなく「緊張させてもらっている」と考える。
  • 緊張したら「臆病な心」ではなく「繊細な心」と呼ぶ。
  • 緊張することを恐れるより、結果が出せないことを恐れる。
  • 緊張は、してもしなくても、歓迎する。
  • 緊張は、自分が人間であることを再認識する機会だと考える。
  • 「絶対ミスしてはいけない」ではなく「3回までミスしても大丈夫」と考える。
  • 緊張したくない気持ちを通して、責任感のある自分に気づく。
  • 緊張する経験を通して、心を若返らせる。
  • 緊張した後の解放感と達成感を楽しみにする。
  • 「緊張は、人生のスパイス」として考える。
  • 重要な発言をする場面では、適度に緊張しておく。
  • 緊張した経験を通して、リラックスの素晴らしさに気づく。
  • 緊張感を通して、魅力的な雰囲気を出す。
  • 緊張で苦しんだら、印象的な思い出に変える。
  • 「緊張させてくれてありがとう」と思う。
  • どんな緊張も、永遠に続くわけではないことに気づく。
  • 「緊張は、人生が与えた愛のむち」と考える。
  • 限られた時期しか経験できない緊張は、後悔がないよう、今のうちにたっぷり感じておく。

同じカテゴリーの作品