読み上げ動画・音声
心の健康
相手を傷つけない発言にも、気を使おう。
文章力
同じ表現を使いすぎると、読者が飽きてしまう。
会話
「かもしれない」「だと思う」は、心に響かない。
会話
いずれにせよは、言わないほうがいい。
就職活動
志望動機は、企業をおだてることではない。
言葉
迷惑な行為であっても「迷惑」とは言わないほうがいい。

ストーカー対策をする
30方法

お気に入り0 読んだ
その7

「気持ってはいけない
「迷惑」えばいい

「気持ち悪い」と言ってはいけない。「迷惑」と言えばいい。 | ストーカー対策をする30の方法

トーカー行為をされたとき、相手に言ってしまいがちな一言があります。

 

「気持ち悪い」です。

 

たとえば「気持ち悪いことはしないでください」「気持ち悪いのでやめてください」などです。

おかしな表現ではありません。

しつこくつきまとわれると、誰でも気持ち悪いと思うのが当たり前。

鳥肌が立つような嫌悪感があれば、体が強い拒否反応を起こします。

しかし「気持ち悪い」という一言は、状況をエスカレートさせやすい言葉でもあります。

「気持ち悪い」と言われた相手の立場を考えてみてください。

人から「気持ち悪い」と言われると、自分の存在を否定されたように感じるでしょう。

「虫けらのように扱われた」「プライドを傷つけられた」などと感じ、強い不快感を覚えるはずです。

相手の感情を刺激してしまい、ストーカー行為がさらに悪化する可能性があります。

「気持ち悪い」という表現に限らず、相手の尊厳を傷つけるような発言はすべてNGと考えるのがいいでしょう。

では、どういう発言をすればいいのか。

こうしたときは「気持ち悪い」ではなく「迷惑」という表現が適切です。

たとえば「気持ち悪いのでやめてください」という表現なら「迷惑なのでやめてください」と言い換えます。

「迷惑」という表現は、あくまで自分の状態を伝える言葉です。

相手の威厳やプライドを傷つける心配がありません。

なかなか相手がやめてくれないと、もっと強い言葉を言いたくなりますが、過激な発言は面倒を増やすだけ。

感情に振り回されず、常に冷静を保ちましょう。

ストーカー対策をする方法 その7

  • やめてほしいときは
    「気持ではなく
    「迷惑」という表現がける

【→次の記事】

ストーカー行為をやめさせる発言が、脅迫になってはいけない。

もくじ
(ストーカー対策をする30の方法)

同じカテゴリーの作品