人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
面接官を挑発するだけでは、選考を通過できない。
防犯・防災
ストーカー行為をやめさせる発言が、脅迫になってはいけない。
防犯・防災
「気持ち悪い」と言ってはいけない。
「迷惑」と言えばいい。
防犯・防災
ストーカーを無視で対応する場合は、慎重になっておく。
人生論
「好き」
緊張・あがり症
きちんと緊張することも、大切な仕事の1つ。

ストーカー対策をする
30方法

お気に入り0 読んだ
9

冷静説得はよくても、
攻撃的挑発はいけない

冷静な説得はよくても、攻撃的な挑発はいけない。 | ストーカー対策をする30の方法

手を挑発するような発言は要注意です。

もちろん普通に「迷惑です」「やめてください」と言うだけならいいのです。

迷惑であることを意思表示しなければ、困っていることを伝えられません。

あくまで自分の状況を伝えるだけですから、相手も冷静に受け止めやすくなるでしょう。

 

しかし、迷惑であることを伝える発言はいいのですが、挑発にならないよう注意してください。

  • 「やれるものならやってみろ」

  • 「やめてくれないなら、こちらにも考えがある」

  • 「こんなことをするなんて、人として最低」

  • 「どんな嫌がらせを受けても、絶対負けません!」

  • 「どうされても、私の考えは変わりません」

  • 「警察に言いつけるよ」

  • 「法的手段に訴えるぞ」

感情が高ぶると、つい強い言葉になりがちです。

強気の態度を見せれば、相手は諦めたりおじけづいたりするのではないかと思いますが、逆効果になりやすい。

人間は、感情を持つ生き物です。

高圧的な態度を取ると、とげとげしい感情が伝わり、相手も高圧的になります。

相手は挑発として受け止め、ストーカー行為がエスカレートする可能性があります。

ストーカー行為は、悪化すればするほど、改善が難しくなります。

あくまで心がけるのは、冷静な説得です。

「冷静な説得」と「攻撃的な挑発」は天と地の差があります。

どんなときでも冷静な説得を続け、攻撃的な挑発は避けるようにしてください。

冷静な説得を通して誠意が伝われば、相手は納得して、迷惑行為も収まりやすくなります。

ストーカー対策をする方法 その9

  • 相手挑発するような発言をしない
ストーカー対策で地味に重要なのが、日記。

もくじ
(ストーカー対策をする30の方法)

同じカテゴリーの作品