人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
健康
カメラを持って歩くと、散歩がもっと楽しくなる。
旅行
旅の達人は思い出を、写真に残すより、心に残す。
家族運営
家族とは、監視カメラ。
見られている感覚のおかげで、身が引き締まる。
遠距離恋愛
テレビ電話できれいに映るための6つの準備。

ストーカー対策をする
30方法

お気に入り0 読んだ
25

防犯カメラのないアパートに、
防犯カメラ設置できるのか

防犯カメラのないアパートに、防犯カメラを設置できるのか。 | ストーカー対策をする30の方法

んでいるアパートに防犯カメラは設置されているでしょうか。

ストーカーの被害届の1つとして、防犯カメラの録画映像も有効です。

防犯カメラによる録画映像はデジタル記録ですが、証拠能力と証明力を兼ね備えています。

顔まではっきり写っていれば、本人の特定も容易でしょう。

アパートに不法侵入している様子、郵便ポストやごみ捨て場を物色している様子。

違法行為をしている録画映像があれば、証拠として提出でき、法律に基づく対処を行えます。

防犯カメラが設置されていたほうが、アパートの住人も安心して暮らせるでしょう。

 

さて、問題なのは、防犯カメラが設置されていないアパートの場合です。

大家や管理会社に依頼すれば、すぐ防犯カメラを取り付けてもらえそうな気がしますが、少し事情が特殊です。

残念ですが、大家や管理会社に防犯カメラの設置をお願いしても、断られるのが一般的です。

 

たしかに大家や管理会社には、建物の安全を確保して、住民に安心できる空間を提供する義務があります。

防犯カメラを設置しているアパートも数多く存在します。

 

しかし、防犯カメラはどのアパートにも設置されているものとは限りません。

特に古いアパートは、防犯カメラが設置されていない場合のほうが多いでしょう。

そのため断られることが多く、自己負担で防犯対策を行う必要が出てきます。

 

ただし、これはあくまで一般的な話です。

大家や管理会社によっては、住人の意見を尊重して対応してくれる可能性もあります。

「物騒なので設置していただけないでしょうか」と丁寧にお願いすれば、すんなり意見が通る場合もあります。

また1人だけでお願いするより、複数人による集団でお願いしたほうが、さらに対応してもらえる可能性が上がります。

無理を承知で一度お願いしてみる分には無駄にならないはずです。

ストーカー対策をする方法 その25

  • アパート防犯カメラ設置されていない場合
    無理承知一度いしてみる
ストーカー対策としての引っ越しは、あまり有効とは言えない。

もくじ
(ストーカー対策をする30の方法)

同じカテゴリーの作品