人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
防犯・防災
冷静な説得はよくても、攻撃的な挑発はいけない。
防犯・防災
「気持ち悪い」と言ってはいけない。
「迷惑」と言えばいい。
防犯・防災
ストーカーを無視で対応する場合は、慎重になっておく。
防犯・防災
ストーカーを解決する手段の1つが、探偵。
プラス思考
「そんなの常識だよ」と言う人が、一番常識を分かっていない。
防犯・防災
ごみを出す適切なタイミングとは。

ストーカー対策をする
30方法

お気に入り0 読んだ
8

ストーカー行為をやめさせる発言が、
脅迫になってはいけない

ストーカー行為をやめさせる発言が、脅迫になってはいけない。 | ストーカー対策をする30の方法

トーカー行為をやめてほしいときに注意したいのは、過激な発言です。

とにかく早く苦痛から逃れたい気持ちが強いと、相手に注意するときの表現も大げさになりがちです。

自分でも悪気があるわけではなく、無意識のうちに起こりがちです。

強く言うくらいならいいですが、感情的になって余裕がないときは、相手を脅すような発言になることがあります。

  • 「やめないなら、あなたに危害を加える」

  • 「私を傷つけたら、あなたも命を覚悟しろ」

  • 「知り合いに信頼できる協力者がいる。あまり私に近づくと後悔するよ」

  • 「精神的な苦痛を受けた。とにかく100万円を払え!」

恐怖を与えれば、相手はおじけづいて、少しは抑制できるのではないかと思うかもしれません。

 

しかし、こうした発言は厳禁です。

脅迫になる可能性があります。

明らかな脅迫でなくても、危険をほのめかした発言もグレーと考えていいでしょう。

本人に悪気はなくても、脅すような発言をするだけでNGです。

逆に相手から訴えられ、さらに面倒な話に発展する可能性があります。

被害者が加害者になっては本末転倒です。

いくらストーカー行為をやめさせたいとはいえ、過激な発言は慎みましょう。

相手を注意するなら、終始一貫して冷静な言葉を使うことが大切です。

ストーカー対策をする方法 その8

  • ストーカー行為注意する発言が、
    脅迫にならないよう注意する
冷静な説得はよくても、攻撃的な挑発はいけない。

もくじ
(ストーカー対策をする30の方法)

同じカテゴリーの作品