人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
防犯・防災
ストーカー問題の理想的な解決方法は、話し合い。
防犯・防災
ストーカーの危険度には、3つの段階がある。
防犯・防災
ストーカーを解決する手段の1つが、探偵。
防犯・防災
書類を処分するときは、シュレッダーを使うのが安心。
防犯・防災
1人になる道は、できるだけ避けたほうがいい。
防犯・防災
ストーカーに悩んでいるとき、身につけたい2つの持ち物。

ストーカー対策をする
30方法

お気に入り1 読んだ
6

ストーカーうときは、
できるだけ2人きりの環境ける

ストーカーと話し合うときは、できるだけ2人きりの環境を避ける。 | ストーカー対策をする30の方法

トーカーと話し合うときは、できるだけ2人きりの環境は避けましょう。

2人きりのほうが、じっくり話しやすいと思うかもしれません。

もちろん恋人と別れ話をするなら、2人きりで話し合うのも悪くないでしょう。

節操と良識をわきまえた恋人なら、暴力を振るわれる心配もないため、2人きりで話し合うのも1つの選択肢です。

聞かれたくない話もあるはずですから、時と場合によっては許容範囲です。

 

しかし、今回の相手はストーカーとなると、話は別です。

すでにしつこくつきまとう迷惑な行為をされているため、油断が許されません。

話し合いがヒートアップすれば、何をされるか分からないでしょう。

相手が男性なら、力が強く、一方的な暴力を受ける可能性もあります。

そのため、ストーカーと話し合うときは、できるだけ周りに人がいる環境が適切です。

 

たとえば、公園・カフェ・レストランなどです。

近くに交番のある場所なら、なお安心です。

周りに人がいれば、万が一のとき、助けを呼べます。

周りに人がいたほうが、適度なざわつきがあって雰囲気が和らぎ、話しやすくなります。

電話やメールなど1対1のやりとりの場合は仕方ありませんが、対面で話す際は必須の心がけです。

「どうしても2人きりになりたい」とお願いされても、油断せず、しっかり断るのが得策です。

最悪の場合、身の危険に関わることですから譲れません。

ストーカー対策をする方法 その6

  • ストーカーうときは、
    できるだけりにがいる環境
「気持ち悪い」と言ってはいけない。
「迷惑」と言えばいい。

もくじ
(ストーカー対策をする30の方法)

同じカテゴリーの作品