人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
就職活動
OB・OG訪問を最大限に生かすために必要なのは、近状報告。
就職活動
OB・OG訪問の基本的な流れ。
就職活動
OB・OG訪問をしている人は少ない。
だから、狙い目。
就職活動
先輩にとってOB・OG訪問は、ほぼボランティア活動。
就職活動
OB・OG訪問は、できればエントリーが始まる前にしたい。

就職活動の不安と悩みを軽くする
30の言葉

お気に入り0 読んだ
5

OB・OG訪問が少なければ、
低い評価しか得られないのか。

OB・OG訪問が少なければ、低い評価しか得られないのか。 | 就職活動の不安と悩みを軽くする30の言葉

OB・OG訪問をしたことがあれば、一定の評価は得られます。

もちろん人数が多ければ多いほど、評価も高くなりやすい傾向があります。

 

では、OB・OG訪問の数が少ない人は、多い人に勝てないかというと、そうとは限りません。

あくまで傾向です。

少ない人数でも、できるだけ詳細に説明する努力をするのがポイントです。

聞いた内容や感じたことなどを、できるだけ詳細を具体的に答えるといいでしょう。

OB・OG訪問で大切なのは、人数より、得られた内容です。

 

「先輩から何を言われ、それをどう生かしたか」です。

 

学びと成長に焦点を当てた具体的な説明ができれば、面接官も深くうなずくでしょう。

OB・OG訪問の人数は少なくても、そこから数多く学びと成長が得られていると分かれば、評価も高くなります。

また、先輩から言われた印象的な言葉を紹介するのもいいでしょう。

OB・OG訪問の様子が具体的になり、しっかり生かしていることが伝わります。

OB・OG訪問が少ないといって諦めず、できるだけ多くの学びと成長が得られたことを伝えましょう。

工夫をすれば、OB・OG訪問が多い人より、好感度が高くなる可能性があります。

就職活動の不安と悩みを軽くする言葉 その5

  • OB・OG訪問の数が少なくても、
    学びと成長に焦点を当てた具体的な説明をして、
    印象的にする。
面接官役を演じることも、面接の練習になる。

もくじ
(就職活動の不安と悩みを軽くする30の言葉)

同じカテゴリーの作品