就職活動

就職活動の不安と悩みを軽くする
30の言葉

読んだ お気に入り1
13

就職対策本を選ぶ基準で、
大切にしたいこと。

就職対策本を選ぶ基準で、大切にしたいこと。 | 就職活動の不安と悩みを軽くする30の言葉

「この本、おすすめだよ」

「就職対策なら、この本が一番」

「就職活動なら、絶対この本しかない」

友達から就職対策本を、おすすめされることがあります。

また、本屋に行けば「人気ナンバー1」「おすすめ」「ベストセラー」などと書かれている就職対策本も見かけます。

さまざまな評判があるため、どれを信じていいのか、分からなくなるのではないでしょうか。

 

さて、まず大切なのは「この本が一番」と断言できないことです。

人の考え方はそれぞれですから、自分に合った就職対策本も、人によって異なります。

ここで最も頼りになるのは、自分の感覚です。

実際に本を手にとって、ページをぱらぱらめくってみましょう。

「読みやすい」「分かりやすそうだ」「何だか面白そう」など、自分に合う本を選びましょう。

感覚が頼りになりますが、まさしく、その感覚が正解です。

本によって内容に違いがあり、不安になるかもしれませんが、市販の就職対策本に大きな差はありません。

結局のところ、どれもマニュアル本です。

書き方や範囲は異なりますが、軸の部分は、どれもおおむね同じです。

「詳しく知りたい」と思うなら、詳細まで書かれた本がふさわしいでしょう。

「基本的な部分だけを知りたい」と思うなら、基本的な内容を中心に書かれた本がいいでしょう。

もし、自分に合った本が2冊あれば、2冊とも買えばいいのです。

重なる内容もあるでしょうが、より重要な内容であると分かりますし、復習の効果も期待できます。

人生に影響するポイントですから、惜しまずお金を投資しましょう。

わずかな費用で選考率が上がるのですから、安いものです。

世間の批評を参考にするのもいいのですが、本を読む主役は、あくまで自分です。

自分の感じ方を基準に選ぶのが、一番です。

まとめ

就職活動の不安と悩みを軽くする言葉 その13
  • 自分に合った就職対策本は、自分の基準で選ぶ。
メールの冒頭に役職や肩書を加えるだけで、丁寧な印象が出る。

もくじ
就職活動の不安と悩みを軽くする30の言葉
就職対策本を選ぶ基準で、大切にしたいこと。 | 就職活動の不安と悩みを軽くする30の言葉

  1. 丸い卵も、切りようで四角。
    四角い卵も、切りようで丸。
  2. いい企業とは。
  3. どの道に進んでも後悔するのが確実なら、後悔の少ない道を選べばいい。
  4. 毎日数キロのジョギングは、健康対策だけでなく、就職対策にもなる。
  5. OB・OG訪問が少なければ、低い評価しか得られないのか。
  6. 面接官役を演じることも、面接の練習になる。
  7. 自分には大きな可能性が眠っていると信じることが大切。
  8. 企業研究の前に必要なのは、自分研究。
  9. 志望する企業が決まれば、すぐ本エントリー。
  10. どちらでもよい状況があれば、最後の判断基準は、自分の好み。
  11. 就職活動に関する会合への参加も、就職活動の一環。
  12. 自分で決めたことなら、どんな道でも、自分の道。
  13. 就職対策本を選ぶ基準で、大切にしたいこと。
  14. メールの冒頭に役職や肩書を加えるだけで、丁寧な印象が出る。
  15. 面接の不安を防ぐ、3つの想定。
  16. 初任給のいい仕事がある。
    だから、どうした。
  17. 履歴書を買う時点で、必要最低限を意識するのは、早すぎる。
  18. その企業に入社して、10年後の自分を想像する方法。
  19. 面接対応は、疑似的に仕事ぶりを見せているのと同じ状況。
  20. 不幸だから、不幸になるのではない。
    不幸と思うから、不幸になる。
  21. なぜ緊張していることを白状しても、評価は下がりにくいのか。
  22. 就職活動でマナーを心がける、もう1つの重要な理由。
  23. 緊張しているのは、応募者だけではない。
    面接官も緊張している。
  24. 応募者も忙しいが、採用担当者も忙しい。
  25. 企業が求める人物像より、自分らしさ。
  26. 小型の裁縫セットがあれば、面接直前にボタンが取れても安心。
  27. メガネとコンタクトレンズで迷ったときの判断基準。
  28. 何でも仕事に結びつける話し方に、疑問を抱く必要はない。
  29. 営業の仕事を短期間で終わらせるには、どうすればいいか。
  30. 大企業に挑戦する難しさとは。

同じカテゴリーの作品