執筆者:水口貴博

面接で注意したい30の言葉遣い

29

話が間延びしたときは「以上です」の一言で、切れ味を演出。

話が間延びしたときは「以上です」の一言で、切れ味を演出。 | 面接で注意したい30の言葉遣い

面接で発言をしていると、話が間延びしてしまうことがあります。

話をまとめにくくなったり、区切りをつけにくくなったりなどです。

どことなく締まりが悪く、だらだらとした雰囲気になると、話の区切りも曖昧になりがちです。

そんなときに有効なのが「以上です」の一言です。

「発言を終わります」という合図を明確に出すことができるため、間延びした会話を引き締めることができます。

適度に使えば、切れ味もうまく演出できるでしょう。

少し話が長くなってしまったときには、有効な一言です。

ただし、使いすぎには注意が必要です。

発言するたびに「以上です」というと、人を寄せ付けないような、冷たい印象を与えてしまいます。

話が間延びして、きちんと区切りを入れたい場合、適度に使う程度がいいでしょう。

面接で注意したい言葉遣い(29)
  • 発言が間延びしたときは「以上です」の一言で、切れ味を演出する。
面接の最後を、きれいに締めくくる言葉。

面接で注意したい30の言葉遣い

  1. 敬語を話せない原因の大半は、年上と話す機会が少ないこと。
  2. 言葉遣いを本当に注意しなければいけないのは、余裕がないとき。
  3. 素晴らしいアピールも、若者言葉を使うと、立派な印象が半減する。
  4. 「乱れた言葉遣いはすべて控える」と考えれば、使用範囲が明確になる。
  5. 面接で使っていい略語もある。
  6. どんな自己紹介でも、きれいに締めくくる一言。
  7. 「一応」が含まれた発言は、好感を得にくい。
  8. 「御社」という言葉を使いすぎると、言葉の説得力が弱くなる。
  9. 「御社しか受けていません」という一言は、便利でも禁句。
  10. 「勉強をさせてください」はNG。
    「勉強します」はOK。
  11. 「すみません」ばかりを言う応募者は、面接官を不安にさせる。
  12. 「安定に引かれた」は、面接では禁句。
  13. 積極性を表現するポイントは「もちろん」というキーワード。
  14. なぜ「やりがいのある仕事をしたい」という一言は、禁句なのか。
  15. 小さな企業でも「小さな企業」とは言わない。
  16. 「やる気がある」と言うだけでは、やる気は伝わらない。
  17. デリケートな質問をするときには、ワンクッションを置くほうがスムーズ。
  18. 面接官が興味を持たない話なら、さっと話題を切り替える。
  19. 「どの企業も1番」という濁した答え方では、強い入社意欲が伝わらない。
  20. 「御社が第1志望です」という嘘に、ためらいを感じるときの考え方。
  21. どんなに面接官の話し方が親しげでも、ため口にはならない。
  22. クッション言葉を使えば、風変わりな回答も怖くない。
  23. 母校をけなした瞬間、不採用の確率が急上昇する。
  24. 「どんな仕事でもします」と思っても、正直に言わないほうがいい。
  25. 感情的な発言は、感情をコントロールできない未熟さを露呈するだけ。
  26. 自分の意見は、間違っていようが変わっていようが、はっきり主張したほうがいい。
  27. 残業ができない事情を話すときに印象をよくする、3つのポイント。
  28. 面接官が乱れた言葉遣いでも、応募者は正しい言葉遣いを心がける。
  29. 話が間延びしたときは「以上です」の一言で、切れ味を演出。
  30. 面接の最後を、きれいに締めくくる言葉。

同じカテゴリーの作品

1:22

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION