就職活動

面接マナーで注意したい
30のポイント

読んだ お気に入り0
20

面接では、
個人的な情報をすべて伝えるべきか。

面接では、個人的な情報をすべて伝えるべきか。 | 面接マナーで注意したい30のポイント

面接では、個人的な質問をされる場合があります。

 

たとえば「離婚歴の有無」「子供の人数」「両親の健康状態」などです。

「個人的なことは答えたくない」と思うかもしれません。

もちろん完全に業務と関係ないと感じた質問は、断ることも可能ですが、できるだけ答えたほうが賢明です。

面接官が尋ねるということは、業務上で何らかの関係があるためと考えられるからです。

面接官から聞かれたときだけ、正直に答えれば十分です。

すべて面接官に伝える必要はありませんが、必要範囲内で答えます。

 

ただし、業務に影響しそうな個人的事情は、事前に伝えたほうがいいでしょう。

 

たとえば、子供の保育所への送迎、結婚式を挙げる予定、両親の介護などです。

業務に調整が必要になりそうな情報は、個人的なことでも事前に伝えておくほうが安心です。

早いうちに話しておくほうが、企業も調整をつけやすくなります。

まとめ

面接マナーで注意したいポイント その20
  • 個人的なことは、業務に必要な情報だけ伝える。
面接では、応募者から質問をしてもいいのか。

もくじ
面接マナーで注意したい30のポイント
面接では、個人的な情報をすべて伝えるべきか。 | 面接マナーで注意したい30のポイント

  1. 面接では、本音と建前を使い分けることも必要。
  2. 面接では、胸ポケットにペンを入れない。
  3. 面接官から名刺を渡されたとき、自分も名刺を渡すべきか。
  4. 面接の髪型が、履歴書の写真と違うのは、問題ないのか。
  5. 面接室で、面接官が来るのを待つときのマナー。
  6. 面接官を出迎えるときの気持ちよいマナー。
  7. どの形式の面接が、最も重要なのか。
  8. 入室マナーと退室マナー。
    より大切なのは、どちらか。
  9. 「上着を脱いで楽にしてください」という一言は、社交辞令である場合が多い。
  10. 「自己PRをしてください」と言われるとは限らない。
  11. 話の聞き方も、評価対象。
  12. 珍しい経験を話す際によくある、ジレンマ。
  13. 面接で、書類選考に通過した理由を聞いてもいいのか。
  14. 持病があれば、必ず企業に伝えなければいけないのか。
  15. 面接官が早口でも、自分は落ち着いて丁寧に話す。
  16. 嬉しい言葉の返事は、準備できていますか。
  17. 口臭は、外見より悪影響を与える意外な要因。
  18. アルバイトの面接で、正社員になれる可能性を聞いていいのか。
  19. 面接中、メモ帳を見ながら話してもいいのか。
  20. 面接では、個人的な情報をすべて伝えるべきか。
  21. 面接では、応募者から質問をしてもいいのか。
  22. 面接中、汗が流れたときは、どう対応すべきか。
  23. 一言断りを入れれば、鼻をかむことも怖くない。
  24. すぐ答えられない質問をされたときのリアクション。
  25. 失言しやすいのは、面接官の「何なりとどうぞ」の一言。
  26. 圧迫面接は、期待の裏返し。
  27. 自己PRや志望動機には論理が必要。
     ただし、論理だけではいけない。
  28. 話がまとまらなくなったときの対処方法。
  29. 面接官を怒らせてしまったときの対処。
  30. 面接で飲み物をこぼしてしまったとき、どうすればいいか。

同じカテゴリーの作品