就職活動

面接マナーで注意したい
30のポイント

読んだ お気に入り0
14

持病があれば、
必ず企業に伝えなければいけないのか。

持病があれば、必ず企業に伝えなければいけないのか。 | 面接マナーで注意したい30のポイント

持病とはいえ、幅があります。

軽度から重度まで、持病の具合もさまざまです。

まず、業務に影響しない程度の持病なら、特に話す必要はありません。

履歴書の健康欄では「良好」と書けます。

面接で健康状態を問われても「特に問題ありません」と答えておけば、十分です。

もちろん「伝えておくほうが安心」という人は、伝えてもかまいません。

「○○の持病がありますが、業務に差し支えありません」と言っておけば、企業も安心するでしょう。

正直に告白する姿勢を見せておけば、好印象につながる可能性もあります。

 

ただし、業務に影響する可能性のある持病は、企業に伝える必要があります。

 

たとえば、車を運転する仕事で「てんかん」の持病がある場合は、仕事に影響します。

後から持病が発覚すると、大きな問題に発展する場合があります。

企業から聞かれなくても、応募者から伝えておくほうがいいでしょう。

選考に影響する可能性もありますが、隠さず、きちんと伝えておくことをおすすめします。

まとめ

面接マナーで注意したいポイント その14
  • 業務に影響する持病の場合は、きちんと伝えておく。
面接官が早口でも、自分は落ち着いて丁寧に話す。

もくじ
面接マナーで注意したい30のポイント
持病があれば、必ず企業に伝えなければいけないのか。 | 面接マナーで注意したい30のポイント

  1. 面接では、本音と建前を使い分けることも必要。
  2. 面接では、胸ポケットにペンを入れない。
  3. 面接官から名刺を渡されたとき、自分も名刺を渡すべきか。
  4. 面接の髪型が、履歴書の写真と違うのは、問題ないのか。
  5. 面接室で、面接官が来るのを待つときのマナー。
  6. 面接官を出迎えるときの気持ちよいマナー。
  7. どの形式の面接が、最も重要なのか。
  8. 入室マナーと退室マナー。
    より大切なのは、どちらか。
  9. 「上着を脱いで楽にしてください」という一言は、社交辞令である場合が多い。
  10. 「自己PRをしてください」と言われるとは限らない。
  11. 話の聞き方も、評価対象。
  12. 珍しい経験を話す際によくある、ジレンマ。
  13. 面接で、書類選考に通過した理由を聞いてもいいのか。
  14. 持病があれば、必ず企業に伝えなければいけないのか。
  15. 面接官が早口でも、自分は落ち着いて丁寧に話す。
  16. 嬉しい言葉の返事は、準備できていますか。
  17. 口臭は、外見より悪影響を与える意外な要因。
  18. アルバイトの面接で、正社員になれる可能性を聞いていいのか。
  19. 面接中、メモ帳を見ながら話してもいいのか。
  20. 面接では、個人的な情報をすべて伝えるべきか。
  21. 面接では、応募者から質問をしてもいいのか。
  22. 面接中、汗が流れたときは、どう対応すべきか。
  23. 一言断りを入れれば、鼻をかむことも怖くない。
  24. すぐ答えられない質問をされたときのリアクション。
  25. 失言しやすいのは、面接官の「何なりとどうぞ」の一言。
  26. 圧迫面接は、期待の裏返し。
  27. 自己PRや志望動機には論理が必要。
     ただし、論理だけではいけない。
  28. 話がまとまらなくなったときの対処方法。
  29. 面接官を怒らせてしまったときの対処。
  30. 面接で飲み物をこぼしてしまったとき、どうすればいいか。

同じカテゴリーの作品