暮らし

週末を楽しく有意義に過ごす
30の方法

読んだ お気に入り10
9

私たちは、
太陽への感謝を、
すっかり忘れている。

私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。 | 週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

私たちは、太陽への感謝を忘れがちです。

平日は仕事や学校に忙しく、太陽があっても、深く気に留めることがありません。

「おや、明るいものがあるね」という程度です。

太陽は、もっと感謝してもいい存在です。

太陽があるおかげで、地球に水や動植物があふれ、私たちは生きていくことができています。

もし太陽が今すぐなくなれば、その瞬間に、私たちも生きていけなくなります。

今のところはあり得ませんが、事実です。

太陽は、私たちの生きる源です。

太陽の光を浴びると、気持ちも明るくなり、元気も出てきます。

太陽に感謝して、しすぎることはありません。

 

たしかに平日は忙しく、太陽に感謝しようと思っても、余裕がないかもしれません。

うってつけのタイミングは、週末のウォーキングです。

朝にウォーキングをしている途中、太陽に向かって拝みましょう。

拝むために、わざわざ神社やお寺まで行く必要はありません。

太陽に向かって、拝むだけで、いいのです。

拝み方は、自由です。

心の中で「ありがとうございます」と唱えたり、手を合わせたり、拝んだりしましょう。

大切なことは、太陽に向かって、感謝を伝えることです。

感謝した瞬間、心の中でじわりじわりと、生きている実感や喜びが生まれます。

生きている幸せが、実感できるようになるのです。

まとめ

週末を楽しく有意義に過ごす方法 その9
  • 朝のウォーキングの途中で、太陽に向かって、拝む。
週末に思い出したい、3つの出来事。

もくじ
週末を楽しく有意義に過ごす30の方法
私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。 | 週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

  1. 週末は、短いどころか、たっぷりある。
  2. 週末は、自分の都合で定義していい。
  3. 週末の予定は、自分から積極的に立てるもの。
  4. 金曜の夜は、家族へのお土産を買って帰る日。
  5. 人生で本当に差がつくのは、実は週末。
  6. 週末の体感を長くするには、起きる時間がポイント。
  7. 「週末くらいゆっくり寝させてほしい」と思うのは、平日の生活がおかしい証拠。
  8. 週末は、朝のウォーキングから始めるのがいい。
  9. 私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。
  10. 週末に思い出したい、3つの出来事。
  11. 週末1日目の朝食から、ぱっと豪華にしたほうがいい。
  12. 時計をしていないのも、1つのファッション。
  13. 人込みは、無料で元気をもらえるガソリンスタンド。
  14. 週末は、平日に使っている道具のメンテナンスをする時間。
  15. なぜ1週間は、7日間なのか。
  16. 努力した後の達成感は、努力しなければ味わえない。
  17. 週末は、羽目を外してもいい日。
  18. 週末の贅沢は、平日に向けた準備である。
  19. 週末は、たっぷり汗をかくためにある。
  20. 週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できる。
  21. 近所にある娯楽施設に行けば、十分旅行を楽しめる。
  22. 週末は、仕事のことを考えないのが仕事。
  23. 部屋に花を置くから、あなたに華が生まれる。
  24. 週末は、友達に連絡を取ろう。
    合言葉は「今週は、どんな1週間だった?」。
  25. 週末は、1週間の終わりであると同時に、始まりでもある。
  26. 洗濯機が動いている間に、何をするかが大切。
  27. 週末に手紙を書かなければ、一生手紙を書かない人間になる。
  28. 週末に、月曜日の予約をすれば、週末が1日増える。
  29. 最も有意義な週末の過ごし方こそ、海外旅行。
  30. 週末に靴をきれいにすると、平日の足取りが軽くなる。

同じカテゴリーの作品