暮らし

週末を楽しく有意義に過ごす
30の方法

お気に入り25 読んだ
10

週末に思い出したい、
3つの出来事。

週末に思い出したい、3つの出来事。 | 週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

「今週も早かったな」

週末になると、そんな言葉が口癖になっていませんか。

早く感じたのは事実かもしれませんが、それだけでは寂しいです。

「早い、早い」が口癖になっていると、さらに早く時間が過ぎてしまいます。

週末になれば、今週あった出来事を思い出しましょう。

今週の出来事を思い出すことで、早く感じた週末を反省する効果が生まれます。

できるだけたくさん思い出すのが、ポイントです。

特に思い出してほしいことが、3つあります。

  1. 一番おいしかった食事

まず一番楽しかった食事を思い出しましょう。

食事は、生きる力の源です。

おいしい食事ができるだけで、幸せなことです。

もし、思い出せなければ、おいしい食事をしていない証拠です。

せっかく生きているのですから、1週間に一度は、贅沢な食事をするべきです。

さっそく今からでも、おいしい食事に出かけましょう。

  1. 一番楽しかった出来事

次に思い出したいのは、一番楽しかった出来事です。

何を楽しく感じましたか。

友達と楽しく話をしたこと、好きな本を読んだこと、面白いテレビで大笑いしたことなど、思い出しましょう。

楽しいことが思い出せなければ、来週は、楽しい出来事ができるような過ごし方をしましょう。

  1. 一番頑張ったこと

最後に思い出したいのは、一番頑張ったことです。

何を一番頑張りましたか。

今週を振り返り、一生懸命に頑張った出来事を思い出すと、気持ちよく週末を迎えることができます。

頑張った自分を思い出せば「また来週も頑張るぞ」という意気込みが、こみ上げてきます。

反省できるところは反省し、来週に向けた改善材料にしましょう。

この3つを思い出すことができれば、早いと感じた1週間でも、有意義であったと分かるはずです。

さあ、また来週が始まります。

おいしい食事をして、楽しく過ごしながら、一生懸命頑張りましょう。

週末ごとに、この3つの思い出ができれば、人生を有意義に過ごすことができるのです。

まとめ

週末を楽しく有意義に過ごす方法 その10
  • 週末は「一番おいしかった食事」「一番楽しかった出来事」「一番頑張ったこと」を思い出す。
週末1日目の朝食から、ぱっと豪華にしたほうがいい。

もくじ
週末を楽しく有意義に過ごす30の方法
週末に思い出したい、3つの出来事。 | 週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

  1. 週末は、短いどころか、たっぷりある。
  2. 週末は、自分の都合で定義していい。
  3. 週末の予定は、自分から積極的に立てるもの。
  4. 金曜の夜は、家族へのお土産を買って帰る日。
  5. 人生で本当に差がつくのは、実は週末。
  6. 週末の体感を長くするには、起きる時間がポイント。
  7. 「週末くらいゆっくり寝させてほしい」と思うのは、平日の生活がおかしい証拠。
  8. 週末は、朝のウォーキングから始めるのがいい。
  9. 私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。
  10. 週末に思い出したい、3つの出来事。
  11. 週末1日目の朝食から、ぱっと豪華にしたほうがいい。
  12. 時計をしていないのも、1つのファッション。
  13. 人込みは、無料で元気をもらえるガソリンスタンド。
  14. 週末は、平日に使っている道具のメンテナンスをする時間。
  15. なぜ1週間は、7日間なのか。
  16. 努力した後の達成感は、努力しなければ味わえない。
  17. 週末は、羽目を外してもいい日。
  18. 週末の贅沢は、平日に向けた準備である。
  19. 週末は、たっぷり汗をかくためにある。
  20. 週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できる。
  21. 近所にある娯楽施設に行けば、十分旅行を楽しめる。
  22. 週末は、仕事のことを考えないのが仕事。
  23. 部屋に花を置くから、あなたに華が生まれる。
  24. 週末は、友達に連絡を取ろう。
    合言葉は「今週は、どんな1週間だった?」。
  25. 週末は、1週間の終わりであると同時に、始まりでもある。
  26. 洗濯機が動いている間に、何をするかが大切。
  27. 週末に手紙を書かなければ、一生手紙を書かない人間になる。
  28. 週末に、月曜日の予約をすれば、週末が1日増える。
  29. 最も有意義な週末の過ごし方こそ、海外旅行。
  30. 週末に靴をきれいにすると、平日の足取りが軽くなる。

同じカテゴリーの作品