暮らし

週末を楽しく有意義に過ごす
30の方法

読んだ お気に入り13
20

週末なら、
分厚い専門書でも、
一気に読破できる。

週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できる。 | 週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

知性は、磨かなければ、輝きません。

知性を磨くには、読書をするのが近道です。

本は、先人の知恵の結晶です。

本を1冊読むだけで、長い年月を通して得られることが、すぐ身につきます。

人生をショートカットできるのです。

週末は、読書をするのに、最適です。

読みたい本や、読みかけの本を、週末にまとめて読んでしまいましょう。

週末は、まとまった時間があるため、読書がスムーズに進みます。

平日は、時間の都合で途切れ途切れの読み方になりやすくても、週末なら、たっぷり時間があります。

読書は、途切れ途切れで進めるのもいいですが、やはり一気に読み切るのが一番です。

一気に読むと、話の筋も一気に頭に入るため、身につきやすいのです。

時間がたっぷりある週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できます。

1週間に1冊本を読めば、1年で52冊も読めます。

分厚い本を52冊も読めば、あなたは必ず変わります。

知性は、表情に表れます。

たくさんの知識を得ると、生きることに自信がつきます。

りんとした表情になり、落ち着いた雰囲気を出すのです。

読書は、メイクのようなものです。

本は、知性だけでなく、表情にも磨きをかけます。

 

では、ここで、おすすめのコースがあります。

学校や会社が終わった金曜の夕方に、本屋に立ち寄ります。

読みたい本を買えば、家に帰ってすぐ読み始めましょう。

本は、買ったその日から読み始めるのが、一番スムーズに進みます。

まとめ

週末を楽しく有意義に過ごす方法 その20
  • 週末は、分厚い本の読書に、挑戦してみる。
近所にある娯楽施設に行けば、十分旅行を楽しめる。

もくじ
週末を楽しく有意義に過ごす30の方法
週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できる。 | 週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

  1. 週末は、短いどころか、たっぷりある。
  2. 週末は、自分の都合で定義していい。
  3. 週末の予定は、自分から積極的に立てるもの。
  4. 金曜の夜は、家族へのお土産を買って帰る日。
  5. 人生で本当に差がつくのは、実は週末。
  6. 週末の体感を長くするには、起きる時間がポイント。
  7. 「週末くらいゆっくり寝させてほしい」と思うのは、平日の生活がおかしい証拠。
  8. 週末は、朝のウォーキングから始めるのがいい。
  9. 私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。
  10. 週末に思い出したい、3つの出来事。
  11. 週末1日目の朝食から、ぱっと豪華にしたほうがいい。
  12. 時計をしていないのも、1つのファッション。
  13. 人込みは、無料で元気をもらえるガソリンスタンド。
  14. 週末は、平日に使っている道具のメンテナンスをする時間。
  15. なぜ1週間は、7日間なのか。
  16. 努力した後の達成感は、努力しなければ味わえない。
  17. 週末は、羽目を外してもいい日。
  18. 週末の贅沢は、平日に向けた準備である。
  19. 週末は、たっぷり汗をかくためにある。
  20. 週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できる。
  21. 近所にある娯楽施設に行けば、十分旅行を楽しめる。
  22. 週末は、仕事のことを考えないのが仕事。
  23. 部屋に花を置くから、あなたに華が生まれる。
  24. 週末は、友達に連絡を取ろう。
    合言葉は「今週は、どんな1週間だった?」。
  25. 週末は、1週間の終わりであると同時に、始まりでもある。
  26. 洗濯機が動いている間に、何をするかが大切。
  27. 週末に手紙を書かなければ、一生手紙を書かない人間になる。
  28. 週末に、月曜日の予約をすれば、週末が1日増える。
  29. 最も有意義な週末の過ごし方こそ、海外旅行。
  30. 週末に靴をきれいにすると、平日の足取りが軽くなる。

同じカテゴリーの作品