悩み解決&幸せ生活向上サイト



読み上げ動画・音声
食事マナー
にぎり寿司が一口で食べられない人の対処法。
ダイエット
小さなお茶碗に変更する。
食事マナー
茶碗とちりれんげ以外の器は、器を持ち上げない。
食事マナー
ちらし寿司は、にぎり寿司とは食べ方が少し異なる。
食事マナー
ラオチュウの一口目は、氷砂糖を入れないのがマナー。
食事マナー
料理が食べ終わったら、すべての蓋は元通りにする。

和食
30食事マナー

お気に入り1 読んだ
その24

をおかわりするときのマナー

ご飯をおかわりするときのマナー。 | 和食の30の食事マナー

本料理では、基本的にご飯のおかわりは自由です。

好きなだけ食べられます。

ただし、おかわりをするとき、守りたいマナーがあります。

茶碗の底に一口分だけ残した状態で、おかわりをお願いしましょう。

意外に思われる人も多いことでしょうが、一口分残すのが正式な和食のマナーです。

ご飯を少し残すのは、和食作法では「つなぎ」の意味があるのです。

「まだ食事は終わっていない」という意味が込められています。

人によっては「おかわりをください」という合図を恥ずかしく思ったり面倒と思ったりする人もいるでしょう。

茶碗の底に一口分のご飯を残している状態が「おかわりをお願いしたい」合図になり、わざわざ話しかける手間もなくなるのです。

恥をかかせたり話しかける手間を省いたりする意味もあります。

ただし、食事を終えたときには、茶碗のご飯をきちんとすべて食べきるようにしましょう。

すべて食べきることで「食事が終わりました」という合図になります。

和食の食事マナー その24

  • をおかわりするときは、
    茶碗一口分だけしておく

次の記事

食事中、箸を休めるときのルール。
※キーボードの左右矢印キーでページを移動することができます(←:前のページ →:次のページ)

もくじ
(和食の30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品