人生の教科書



食事マナー
箸で器を引き寄せないこと。
食事マナー
箸先は、その人の育ちや教養が垣間見える部分。
食事マナー
箸を持ったまま、他の器を持たない。
食事マナー
器に口をつけたまま、料理を箸でかき込まない。
食事マナー
和食マナーの最大のポイントは、箸の使い方。
食事マナー
大皿の料理を、自分の箸で取らない。
食事マナー

箸の使い方の
30のマナー

  • 箸で人を指さない。
箸の使い方の30のマナー

もくじ

1
★2

箸で人を指さない。

箸の使い方のタブーは、数多くあります。 特に不快感を与えやすいのが、箸で人を差す行為です。 箸で人を指さすのが相手に失礼なのは、すでにご存知ですね。 相手に不快感を与える代表的な行為です。 指だけでなく、箸の場合も同じです。 特に気をつけていただきたいのは、お酒が入ったときです。 和食の際はお酒が振る舞われることが多いです。 日本酒はアルコール度数も比較的高めです。 お酒が入るということは「うっかり」も起こりやすいということです。 うっかり目上の人に対してやってしまうと、笑っては済まされません。 たとえ酔っていたとして、箸で人を差すのだけは注意しましょう。 箸で人を差さないように注意する。

2
★1

何を食べようかと、箸を皿の上で迷わせないこと。

想像してみましょう。 箸を持ったまま、並べられた料理をぐるぐると迷ってしまうことがありませんか。 「どれを食べようかな」と迷い、ついやってしまいがちですが、マナー違反になります。 見方によっては、好きな料理がなくてどうしていいのか、分からない印象を受けます。 料理を品定めしているようにも感じます。 いずれにせよ、卑しい印象を受けてしまいます。 たとえ同じ器の具で迷ってもマナー違反になりますので、ご注意ください。 箸を取ってから食べる料理を決めるのではなく、食べる料理を決めてから、箸を持ちましょう。 また、ある料理を取ろうと箸を伸ばした後、突然ほかの料理へ箸を移すしぐさもよくありません。 料理を出した人は、何か変な物でも入っているのかと気になります。 「これだ!」と決めたら、一直線に手を差し出す。 迷いやためらいは、いけません。 食べる料理を決めてから、箸を持つ。

3
★1

箸で器を引き寄せないこと。

盆の奥にある器は、手が届きにくいものです。 そういうとき「そうだ。箸を使おう」とひらめきます。 箸を使えば手の届く範囲が広がるので、箸を使って寄せようとするのです。 しかし、これはよくありません。 箸を使って器を寄せると、器を倒してしまうことがあります。 引きずった摩擦のため、器にもテーブルにも傷をつけてしまうでしょう。 フォーマルな和食ほど、盆にも器にも高級なものが使われる傾向がありますから、丁寧に扱うことが大切です。 器を引き寄せるときには、丁寧に両手を使い、器を持ち上げてからにしましょう。 落ち着いた動作が、美しいのです。 器を引き寄せるときは、両手で持ち上げる。

4
★0

器の上に、箸を置かない。

食事中、手を休めたいときがあります。 目の前に器があると、箸を器の上に置いてしまおうとすることがあります。 うっかりやってしまいそうですが、これもタブーの1つです。 これはよく見かけます。 いけない理由は、汚れた箸先が目立ってしまうからです。 箸先は口の中に入れるため、食事の汚れがついています。 汚れた箸を、目の前にさらすのはよくありません。 箸の汚れが目立つため品がなく、食欲を減退させるのです。 箸を休めるときは、箸置きに置くのが決まりです。 箸置きがなければ、箸袋を2つに折って、箸置きの代わりにしましょう。 箸を休めるときには、箸置きに置く。

5
★1

箸で器を叩かない。

「カン、カン、カン」 器を叩きながら遊んでいる子供を見かけました。 響き渡るほど、大きな音でした。 「こら。ダメでしょ」 すぐ母親が止めに入ったので、音は収まりました。 箸で器を叩くと、響き渡りやすい音が出ます。 これは悪いマナーです。 箸は遊び道具ではありません。 茶碗や器が傷つきますし、周りにいるお客さんに対して不快な思いをさせてしまいますね。 食事を軽んじている様子にも見受けられます。 古くから、茶碗を叩くことは、悪霊を招く行為と言われます。 まだ子供だったから許されたのです。 これが大人なら、目が当てられません。 箸で器を叩かないようにする。

6
★1

箸から箸へ、食べ物を渡してはいけない。

箸の使い方のマナー違反には、必ず理由があります。 外国人には、箸の使い方でタブーがあるのは、前提知識がないと理解が難しいのではないでしょうか。 「箸から箸へと、食べ物を渡してはいけない」 別に問題ないような使い方に思えますが、よくない使い方です。 日本人ですら、若い人の中には理由を知らない人が、多くいるものです。 あなたは、この使い方がいけない理由を、説明できますか。 もちろん理由があります。 仏教では、火葬場で死者を焼いた後、骨が残ります。 残った骨は、箸を使って骨壺に骨を収めます。 このとき、骨の収め方に特徴があります。 1人が骨を箸でつかみ、ほかの人がつかまれた骨をつかんで、骨壺に収めるのです。 なぜ、こうした方法を採っているのでしょうか。 日本語で「箸」と「橋」では、発音や響きが同じです。 仏教では、この世とあの世の境には「三途の川」と呼ばれる川があると言われます。 箸を使って骨を渡すことで、その川をうまく「橋渡し」ができるように、という願いが込められているのです。 これはあくまで、火葬の際、死者の骨を拾うときにする方法です。 死者に対して行う箸の作法です。 日常の食事の際は、絶対にやめるようにしましょう。 食事中にするのは、この「骨拾い」を連想させてしまうため、タブーとされているのです。 もしほかの人に料理を渡したければ、受け皿の上に載せてから渡すようにするのがマナーです。 料理を渡すときは、受け皿の上に残せてから、渡す。

7
★0

食べ物を、箸で突き刺さない。

箸で物をつかむときには、手に力を入れる必要があります。 「箸で突き刺せば、力を入れる必要がなくなるので、楽に食べられるのではないか」 そう思う人も多いことでしょう。 しかし、そう単純な話ではありません。 たとえば、滑りのある里いもを食べるとき、刺してから口に運んでいる途中で、落ちてしまうかもしれません。 また、客観的に突き刺しているしぐさは、別の意味があるのではないかと疑われやすいしぐさです。 火の通り具合を疑っているようにも見られますね。 おなかいっぱいで、いやいや食べている様子にも受け取れます。 命の源である食べ物に対して、乱暴な扱いをしている印象も受けてしまいます。 箸を突き刺すのはよくないマナーです。 箸でつかんで食べるようにしましょう。 食べ物を、箸で突き刺さないようにする。

8
★2

一度箸で取ったものを、食べずに器に戻さない。

一度、箸で取ったものを器に戻すのはNGです。 また、箸が触れた料理を取らずにいるのもよくありません。 箸は口元に触れますから、箸が触れたものは自分のだ液も料理につくということです。 自分が食べる分にはいいのですが、触れてそのままにするのはNGです。 一度箸で取ったり触れたりしたものは、責任を持って食べきるのが基本です。 「そうは言っても、取ってから食べられないと気づくときがあるだろう」 たしかに取ってから「しまった!」と気づくこともあります。 あなたなら、そういうときどうしますか。 正式なマナーがあります。 もし、取ってから食べられない料理だと気づいたときは、戻すのではなく、皿の隅に寄せておくことをおすすめします。 本来は食べるのがマナーですが、仕方ないときの対処法です。 一度箸で取ったり触れたりした食事は、責任も持って食べきる。

9
★2

食べ物の汁を落としながら食べない。

汁気の多い料理をいただく際、箸の先から汁がぽたぽた落ちることがあります。 普通に食べていれば自然となってしまう状態ですが、箸先の汁を落としながら食べるのはよくありません。 ぽたぽた汁が落ちていると、それだけテーブルに落としやすくなるということです。 特に気をつけたいのは、しょうゆを使うときです。 しょうゆは色が濃いため、テーブルの上に落ちれば目立ちますし、畳の上に落ちれば汚れを落とすのに苦労するからです。 服に付いてしまえば、すぐ拭いて取れる汚れではありませんね。 また、ぽたぽた落ちるしずくは「涙を連想させる」とも言われます。 行儀が悪いだけでなく、悲しいニュアンスも含まれるので、控えるようにしましょう。 こういうときは、器の上で汁気をある程度取って、懐紙や受け皿で受けながら食べます。 汁気の多い料理は、汁を切ってから食べるか、懐紙を使う。

10
★4

吸い物の中身を、箸でかき回さない。

吸い物は、しばらく時間が経つと、沈殿が目立ちます。 みそや具には重みがあるので、上半分は透明になって水っぽくなり、下半分にみそや具がたまってしまうのです。 さすがに、味わいにも大きな偏りが出てしまいます。 こんなとき、箸を使って中身をかき回したくなりますが、マナー違反です。 派手にぐるぐる回すのは、料理で遊んでいるかのように見え、行儀が悪く感じられます。 見方によっては、箸を洗っているようにも見えてしまうでしょう。 そうした誤解を生みやすいしぐさは、最初からしないほうが無難です。 さて、ここが難しいところです。 そのままで飲むと味気ない。 だからとはいえ、かき回すのもいけない。 どうすればいいのでしょうか。 ぐるぐると何度もかき回すからいけないのです。 この場合、口をつける前、円を描くようにさっと1回だけ、箸を回します。 「1回だけ」というのがポイントです。 こうすれば、かき混ぜている様子に見られにくく、同時にみそや具がきれいに混ざります。 かき混ぜた後飲むときには、箸を椀の向こう側に横に揃えて持つと、品がよく見えます。 沈殿物が気になるときは、箸で1回だけさっと混ぜる。

11
★1

箸を使って器の中身を探らない。

「もしかしたらおいしい料理が、器の底に隠れているかもしれない」 器の上のほうは目で確認できますが、底は見えません。 中身を確かめたくなる気持ちは分かります。 しかし、盛られた料理を箸で探るのはタブーです。 せっかくの盛り付けを壊してしまうからです。 時間や労力を使った盛り付けを壊すのは、料理人に対して失礼です。 せっかく華やかに彩られている料理ですから、できるだけ壊れないように食事を進めたいですよね。 器の底が気になっても、箸で探るような使い方は避けるようにしましょう。 刺し身や天ぷらなら、左から順に食べます。 煮物なら、上から順に食べます。 形を崩さないように食べるよう心がけましょう。 器の底が気になっても、箸で探らずに食べる。

12
★1

吸い物の中で、箸を洗ってはいけない。

箸が汚れたからとはいえ、みそ汁や茶の中に浸して、箸の汚れを取るのはいけません。 箸の汚れを落としたということは、その汚れは料理に混ざったということです。 みそ汁で洗えば、汁が汚れます。 茶で洗えば、茶が汚れますね。 食べるときに口にするなら、意味がないのです。 そもそも見た目も上品ではありません。 箸は、食べるために使うものです。 箸先の汚れを、口でなめて落とすのも、NGです。 あらたまった場でどうしても取りたいときは、懐紙を使って取るのがマナーです。 箸を吸い物や茶に浸して、洗わないようにする。

13
★0

箸先をかじらない。

箸先をかじると、箸の寿命を短くします。 箸先がつぶれてしまっては、もう使えません。 一瞬で終わりです。 特に日本料理店では、高価な箸が使われているため、大きな損失になります。 では、使い捨ての割り箸ならいいのかというと、そういう話でもありません。 そもそも歯形が残った箸は、見た人に不快感を与えます。 たとえば、箸先を噛む癖のある人が、友達宅に招かれて食事をごちそうになったとします。 食事をしていると、いつもの癖で、箸先を噛んでしまった。 食事が終わって帰った後、歯形が残った箸を見て、友達にどう思われるでしょうか。 やはり不快感を抱くに違いありません。 これは習慣の問題です。 そういう癖そのものがよくありません。 癖はいつの間にか、ほかの人に悪い印象を与えます。 往々にして、箸先を噛む癖は、子供のころに形成されたままの場合が多い。 湿った箸先を噛むと、独特の木の味が染み出て、面白くて癖になってしまうのです。 また、甘えたがる幼い時期は、箸を噛んでいて気持ちをなだめていることもあります。 そのときの癖が残ったまま大人になっている人が、多いのです。 子供のころについてしまった癖は、大人になってからも、なかなか抜けません。 恐ろしいことに、当たり前のことと思い込んでしまい、気づけないのです。 あなたはいかがでしょうか。 自宅で使っている自分用の箸の箸先を、いま一度、チェックしてみましょう。 噛んだような跡があるなら、癖があるということです。 箸先を、かじらないようにする。

14
★2

箸を持ったまま、おかわりをしない。
おかわりをしたご飯を、すぐ食べない。

箸を持ったままおかわりをするのは、タブーとされています。 和食は、ゆっくりじっくり味わうものです。 箸を持ちながらおかわりするのは、慌てていて落ち着きがない様子にうかがえます。 和やかな場の雰囲気を壊してしまうのです。 全体を通して、慌てず騒がず、落ち着いた行動を心がけましょう。 上品なおかわりの手順は、次のとおりです。 (1)箸を、箸置きに置く おかわりをするときは、箸を箸置きに置きます。 (2)茶碗を両手で添えてお願いする 片手で茶碗を差し出さず、茶碗を両手で添えてお願いします。 おかわりを受け取るときにも、両手で受け取るようにしましょう。 (3)待っている間は、何もしない おかわりを待っている最中、暇だからと言って、お新香などをつまむのはよくありません。 「早くしてよ」とせかしている様子に見えます。 そういうつもりがなくても、そういう誤解を生みかねないのです。 待っている間は、同席者との会話を楽しむようにしましょう。 (4)受け取った茶碗は、一度盆に置く おかわりで受け取った茶碗に、すぐ箸をつけるのはよくありません。 早く食べたい気持ちはあるでしょうが、一度盆の上に置いてから食べ始めるのがマナーです。 おかわりをするときは、箸を一度置いてからにする。

15
★0

箸を振り回さない。

会話が弾んだときには、手ぶりをして分かりやすく話そうとすることがあります。 つい、指揮者のように棒を振り回してしまうのです。 指揮者が棒を振り回すのはよくても、食事中、箸を振り回すのはいけません。 西洋料理でも、ナイフやフォークを振り回してはいけませんが、和食でも同じです。 なぜいけないのか、言うまでもありませんね。 手が滑って、箸が飛んでしまったり、箸についている汚れが飛んでしまったりする場合があるからです。 箸先は鋭いので、うっかり相手の目に突き刺さっては大変です。 「まさか。そんなことあるはずがない」 そう思うかもしれませんが、事故は油断したときに起こります。 食事中に会話が弾めば、手元に注意です。 もし手ぶりをするときは、必ず箸を置いてからにしましょう。 手ぶりをするときは、箸を置いてからにする。

16
★0

ご飯に、箸を突き刺さない。

私が幼いころ、最も親から叱られたのは、このマナー違反です。 苦い思い出があります。 食事中、何となく箸をご飯に突き刺したとき「そういう箸の使い方は絶対にやめなさい!」と、怒った口調で注意されたものです。 親がひどく怒っているので、それだけ悪いことなのだなあと思ったものです。 この箸の使い方は、仏教で死者を弔うときに使われます。 葬式で、死者の枕元に、箸を立てたご飯を見たことがあるのではないでしょうか。 箸は「あの世とこの世の掛け橋」という意味があります。 そのため死んだ人には、ご飯に箸を突き刺して供えます。 仏様に向かって、死者がこの世からあの世で迷うことなく、安らかに成仏するように祈りを捧げるのです。 葬式で故人を弔うとき、ご飯に箸を差すのは間違いではありません。 しかし、あくまで死んだ人に対してする使い方です。 生きている人がするのは、大変縁起が悪いためしてはいけません。 ご飯に箸を突き刺すのは、仏様にあげるときにすることです。 冗談でもするべきではありません。 日本国内ではもちろん、海外で和食を食べるときにも注意しましょう。 箸をご飯に突き刺すのは、やめる。

17
★0

箸を使って、口の中いっぱいに食事を押し込まない。

おなかがすいていると、がつがつとした勢いのある食べ方をしてしまいがちです。 よく漫画では見られる風景ですね。 たしかにそばで見ていると、おいしそうに食べているように見えます。 しかし、向かいに座っている同席者から見て、どうでしょうか。 口の中が見えてしまい、不快になってしまうのです。 風船のように頬張っていると、喉に詰まりやすくなりますし、時には口から食べ物が噴き出てしまうかもしれません。 焦っているような印象も受け、見ている側が落ち着かなくなるでしょう。 お世辞にも美しい食べ方とは言えないのです。 また、見た目だけでなく、健康においてもよくありません。 頬張ることで、食事をよく噛んで食べることができません。 噛む回数が減ると、だ液の分泌も少なくなるため、消化が悪くなります。 おいしさは、噛むことで引き出されます。 よく噛むことでだ液の分泌が促され、おいしさが引き出されていくのです。 本当においしそうに食べている姿は、がつがつと押し込んでいる姿ではありません。 よく噛んで食べている姿です。 よく噛んでいる様子から、よく味わっていることがうかがえますね。 それが、本当においしそうに食べている様子なのです。 一口ずつ、よく噛んで、味わいながら食べる。

18
★0

箸を握らない。

箸を使い始めた子供は、握るような持ち方をしています。 最も初歩的な持ち方ですね。 器用にまだ手先が動かせない幼児なら分かります。 しかし、大人がすると、子供じみた印象を受けてしまいます。 握るのは同席者に幼稚な印象を与えてしまいますし、箸本来の機能を果たしにくいと考えていいでしょう。 また、食事の途中に握るような持ち方をすると、攻撃的な意味合いを持ちます。 箸を武器のようにしている姿に見えるためです。 幼稚で品がありませんから、握るような持ち方は、しないようにしましょう。 握るような箸の持ち方は、やめる。

19
★4

拝むように、両手で箸を挟まない。

「いただきます」 「ごちそうさま」 日本では、食事をいただく際と終える際、手を合わせる習慣があります。 西洋で言えば、食事前、キリストに向かって「アーメン」と言って祈りを捧げるのと同じです。 その様子に若干の違いはありますが、意味していることは同じです。 命を捧げてくれる存在に対して、感謝の念を表しています。 「おかげで、今日も私はおなかを膨らませて生きることができます。ありがとうございます」ということです。 しかし、この手を合わせるときに、ささいなマナー違反を見かけることがあります。 箸を両手で挟んだまま「いただきます」と言っているのです。 この箸の使い方は、仏教において、仏様に差し上げるための箸使いとされています。 生きている人がこうした使い方をするのは、死を連想させ、大変縁起が悪いとされています。 「いただきます」と言うときは、箸を持たずに両手を合わせます。 「いただきます」と「ごちそうさま」は、箸を持たずに両手を合わせる。

20
★0

箸先を、なめない。

箸を使ってご飯を食べるとき、箸先にご飯粒がつくことがあります。 これが気になり、箸先をなめたくなるときがありませんか。 なめたくなっても、そこでストップです。 赤ちゃんがおしゃぶりをしているかのように見えてしまい、行儀がよくありません。 ご飯粒がつくのは、箸が乾燥しているためです。 さて、そうすると、1つ浮かぶ疑問があります。 どうやって、箸先のご飯粒を取ればいいのか。 箸先をなめていけなければ、ご飯粒の取り方に困りますね。 まず、大前提として押さえておきたいことがあります。 そもそも、ご飯粒が箸先についてしまうような状況がよくありません。 ご飯粒がつかないように箸を使って食べるのが、本来のマナーです。 そのためにどうすればいいのか。 汁物から先に手をつければいいのです。 汁物をいただく際、箸を使って湿らせておけば、ご飯粒がつくことはなくなります。 その意味もあり、和食を頂く際は、汁物から食べ始めるのが一般的です。 しかし、状況によって、汁物がない和食もありますね。 箸先を湿らせておこうと、食事をする前に、箸の先をなめて湿らせるのはタブーです。 では、汁物がない場合はどうすればいいのか。 あらたまった正式な場では、懐紙を使うのが正式なマナーです。 ただし一般的な場なら、茶碗のふちでさっと取るくらいなら許されます。 あからさまな行為になりすぎないよう、さりげなく、さっと取るようにしましょう。 箸先にご飯粒がつかないよう、汁物からいただく。

21
★1

器に口をつけたまま、料理を箸でかき込まない。

器に口をつけたまま、箸を使ってかき込むように料理を食べていませんか。 勢いよく食べる人もいますね。 しかし、逆にそうしたずるずるいう音が不愉快だと感じる人がいるのも事実です。 相手に不快を与える可能性がありますから、静かに食べるように心がけるのが無難です。 和食は、不要な音を立てないようにします。 静かに落ち着いて食べることが大切です。 もちろん家庭内での食事の場合なら許容されますが、あらたまった場では控えます。 たとえば、お客様や目上の方と同席する会席の場では厳禁です。 では、音を立てないように食べるにはどうするか。 食べるとき、器に口をつけたまま、料理を箸で口に流し込むことがよくありません。 食べる際は、箸でつかんで口に運ぶ。 これがあらゆる和食における、基本動作です。 器に口をつけて、料理を箸でかき込まないようにする。

22
★1

大皿の料理を、自分の箸で取らない。

大皿で出された料理の場合、一人一人が取っていきます。 特に中華料理の円卓テーブルでは、しばしば見られる光景ですね。 中国では「友好の証し」として解釈される文化があるためです。 自分の使っている箸を使って同席者に取り分けることで、お互いの交流を深めようとする表現になる意味が込められています。 ただし、所が変われば文化も変わります。 日本で食べる場合は事情が異なります。 和食の際、自分が使っている箸を使って取るのは、マナー違反になります。 不衛生だからです。 一度、口をつけた箸で取るのは、相手に不快を与えます。 一般的に大皿の料理には、取るための専用の箸が用意されているはず。 それを使って取りましょう。 また、箸を上下ひっくり返して使う人もいるようですが、これも作法としてはNGです。 汚れていない部分を使おうとする気遣いは分かりますが、本来の箸の使い方ではないからです。 正式な場では控えたい使い方です。 もし大皿の料理であるにもかかわらず、箸がない場合もあるでしょう。 その場合、お店の人にお願いして、もう1膳いただくようにしましょう。 みんなが気持ちよく食事をするためのマナーです。 和食では、大皿の料理は、専用の箸を使って取るようにする。

23
★0

箸を、つまようじの代わりにしない。

食事をしていると、歯の間に詰まった食べかすが気になることがあります。 「むずむずして気になる!」 その気持ちはよく分かります。 痛くもかゆくもないのですが、歯と歯に詰まった食べかすは、なんとも言えない妙な不快感があるのです。 テーブルにつまようじがあれば、解決はスムーズです。 しかし、店によっては用意されていない場合があります。 「テーブルにつまようじがない。どうすればいい?」 そんなとき驚くべきことに、箸をつまようじの代わりとして使おうとする人がいます。 こうした箸の使い方はいけません。 箸先が傷つくばかりだけでなく、同席者に不快感を与えてしまうからです。 たとえ割り箸でも控えたほうがいい。 箸を使って歯の間にある食べかすを取る様子は、大変見苦しいものです。 本来の箸の使い方に反しています。 この場合、歯ブラシを携帯していれば、解決します。 食事をすることが分かっていれば、携帯用の歯ブラシを持参していきましょう。 歯ブラシ1本なら、場所を取りませんし重くもないはずです。 食後の歯がきれいになるばかりか、息もすっきりします。 食事の際は、常に携帯しておきたいアイテムです。 歯ブラシを持参する。

24
★0

2人一緒に、同じ器の料理を挟まない。

大皿にいくつかの料理が盛り合わせになっている料理があります。 大皿に盛り付けられた揚げ物や刺し身は、代表的ですね。 みんなで一斉に取りたいところですが、ちょっと待ってください。 同時に取ろうとしていないでしょうか。 複数人が同じ器に同じタイミングで、箸を入れて取ろうとするのは、マナー違反です。 料理を取り合って競争しているように見えてしまい、相手に不快を与えてしまう場合があるからです。 少し取るのが遅いか早いかの違いです。 わずかな差ですが、相手の気分を害してしまうことがあるのです。 食の恨みは恐ろしい。 もし、先にとっている人がいれば、取り終わるまで待つようにしましょう。 盛り合わせ料理に先に手をつけている人がいれば、取り終わるまで待つ。

25
★1

素材の異なる箸を、使ってはいけない。

箸の使い方には、仏教の影響を受けているものが大半を占めています。 「素材の異なる箸を使ってはいけない」というタブーも、その1つです。 それくらいいいだろうと思うのですが、単純な話ではありません。 素材の異なる箸を使うのは、見た目に違和感があるというのは当然ですね。 実はこのほかにも、重要な意味が含まれています。 仏教では、死者を火葬した後、骨を骨壺に入れます。 地域にもよりますが、一般的にわざと素材の異なる箸で骨をつかみ、骨壺に入れます。 一般的には、木と竹の箸を一対にして使うことが多いようです。 なぜ、わざと異なる箸を使うのでしょうか。 2つの深い意味が込められています。 (1)慌てたことを表現するため 通常、身内がなくなるというのは、大変ショックの大きい出来事です。 動揺して取り乱すのが普通です。 そういう場合、逆に箸が揃っているのは不自然です。 「箸が揃っているかどうかも気づかないほど、動揺している」 動揺したショックを受けていることを表現するために、わざと異質の箸を対にして使うのです。 (2)この世とあの世を区別するため 素材の異なる箸を使うことは「この世とあの世を区別する」という意味があります。 骨をつかんでいる人は生きていますが、箸でつかんでいる骨は死んでしまった人です。 骨をつかんでいる人まで、つられて死を招いてしまわないよう、わざと異質の箸を使うとされています。 さて、これで異質の箸を使ってはいけない理由が分かりましたね。 もちろん火葬の際なら異質の箸を使うのはいいのですが、食事の場ではタブーです。 死を連想させるため、大変縁起が悪いのです。 同じ素材の箸を使うようにする。

26
★1

箸を持ったまま、他の器を持たない。

和食では、盆の上に並べられた料理を順に食べていきます。 食べるたびに器を手で持ち上げて食べるわけですが、この際、よく見かけるマナー違反があります。 箸を持ったまま、ほかの器を持とうとする光景です。 「え? どこがいけないの?」 そう思う方も多いのではないでしょうか。 手間を感じて、うっかりやってしまいがちですが、よくありません。 別の器を持ち上げるときには、一度箸を置きます。 器を持ってから、箸を持ちます。 また、器を持つときも、片手で持ち上げるのではなく、両手を添えてから持ち上げるようにします。 和食では、これが正式なマナーです。 この順番は常に意識しましょう。 大変丁寧で上品に見えます。 器を両手で持ってから、箸を取る。

27
★0

箸を、スプーンのようには使わない。

箸は使い方によっては、スプーンのように使えます。 2本の棒の幅を狭くして平行に固定すれば、スプーンのように料理を乗せることができるようになります。 こうすれば、箸でつかむより、一度に多くの食事を口に運べるようになるので、便利に感じます。 しかし、こうした箸の使い方はNGです。 本来の箸の使い方に反しているばかりだけでなく、箸が汚れやすくなるためです。 箸をスプーンのように使ってしまうと、箸の大半を汚してしまうことになり、見苦しくなりますね。 場合によっては、箸を持つ手まで汚してしまうこともあるでしょう。 理想を言えば、汚していいのは「箸先3センチまで」です。 少し厳しいように感じますが、可能なかぎりこのルールを守ろうと心がけていると、箸の扱い方が大変上品に見えてきます。 スプーンのように、箸を使わないようにする。

28
★1

割り箸の木くずを取るために、箸をこすり合わせない。

割り箸は、もともとつながっているものを割ってから使います。 この際、割ったときの木くずが残ってしまうことがあります。 木くずの状態によっては、鋭くて、食事をする際に、手元や口元をけがする可能性が出てくるのです。 木くずがあるようなら、割り箸を割った後、木くずを取らなければなりません。 こういうとき、箸同士をこすり合わせて取る人がいます。 この使い方はいけません。 割った箸同士をこすり合わせるのは「粗末で質の悪い箸」という意味になります。 もし木くずが気になる場合は、手を使って取るようにしましょう。 当たり前に取ればいいだけです。 鋭い木くずが指に刺さるとけがをしますから、木くずが刺さらないように丁寧に取ることが大切です。 取った木くずは、盆の上の隅に置いておきましょう。 割り箸を割って木くずが気になったときは、手で取り除く。

29
★1

口や器を使って、箸の先を揃えない。

食事をしているうちに、箸の2本の棒が、上下にずれてしまうことがあります。 箸の先がずれていると料理をつかみにくくなりますから、箸の先を揃えようとします。 このとき、口や器を使って箸先を揃えようとするのは、マナー違反です。 箸の先や器に傷ついてしまいます。 また、何かを突き刺すようなしぐさとして誤解される場合もあり、上品ではありません。 では、箸の先を揃えるときにはどうするか。 難しく考える必要はありません。 一度、器を盆に置いてから、両手を使って、箸先を揃えるようにすればいいだけです。 箸の先を揃えるときは、口や器を使わず、両手を使う。

30
★1

箸を、ナイフとフォークのようには使わない。

箸は2本の棒からできていますが、料理を切り分けるとき、1本ずつ箸を持って使う人がいます。 たとえば、豆腐のような柔らかい料理が出ると、箸を左右に1本ずつ持ち、一口サイズに切り分けるのです。 そのほか、天ぷらの衣を外したり、肉を切り分けたりするときにも、見かけることがあります。 例えて言えば、ナイフやフォークと似た使い方です。 一見、便利に思える使い方ではあるのですが、マナー違反です。 箸を両手に1本ずつ持って、料理をちぎるのはいけません。 大変見苦しいためやめましょう。 あくまで、箸は箸であり、ナイフやフォークではありません。 ナイフやフォークのように使わないことです。 では、ちぎりたい料理が出てきた場合、どう対処すればいいのでしょうか。 箸をつまむようにして、切るのが一般的です。 もし少し力が必要なときは、懐紙を使って押さえて固定しておくと、切りやすくなります。 料理を分けるときは、箸をつまむようにして切り分ける。

同じカテゴリーの作品