犬の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

1
11

犬用のお洋服は、
単なるおしゃれだけではなかった。

犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

散歩をしていると、ときどき犬にかわいらしい洋服を着せた犬に出会うことがあります。

ペットショップに行けば、犬用の洋服を取りそろえているお店も多く見られるようになりました。

インターネットで探せば、サイズ・柄・色などさまざま犬用の服を見つけることができるはずです。

飼い主が趣味のために、犬に洋服を着せている場合が多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

むしろ犬のためと思っているからこそ、洋服を着せている場合のほうが多いです。

洋服を着せるのは、犬にはさまざまな利点があります。

 

たとえば、暑い夏なら「紫外線対策」になります。

強い日差しには紫外線が多く含まれ、犬の健康にも悪影響を及ぼします。

犬も人のように、紫外線を浴びすぎると、皮膚がんになります。

直射日光を防ぐことで、がんへのリスクが低下して、長生きできるようになります。

10歳以上生きる犬が多くなりましたので、長期で見て紫外線対策は健康維持につながります。

 

一方、寒い冬の場合は「防寒具」としての役目も果たします。

雪がふる冬場、寒いと感じているのは犬も同じです。

服を着ていれば、寒さが和らぎ快適になります。

冷たい雨が降っている場合は、犬用のレインコートを着せてあげるのも悪くありません。

もちろん犬も風邪を引きます。

冷たい雨によって体温が下がり、免疫力の低下を防ぐ役目も果たします。

もちろん泥よけにもなりますから、飼い主としても、散歩から帰ってきたときに犬の体を洗う手間が減るはずです。

犬に服を着せるのは「動物虐待だ」という人もいますが、状況によるということです。

もちろんフリルが大きすぎて歩きにくい服は、犬にとって邪魔になるばかりですが、状況に応じた洋服は犬も喜ぶはずです。

熱すぎたり寒すぎたり雨が降っているときなど、状況に応じて服を着せるほうが適切である場合があるのです。

犬の気持ちを理解しながら育てる方法(11)
  • 状況に応じて、服を着せてあげる。
「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。

もくじ
犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法
犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

  1. 犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
    犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
  2. 犬同士にも相性がある。
    犬同士にも相性がある。
  3. 痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
    痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
  4. 広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
    広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
  5. 実は、犬も夢を見る。
    実は、犬も夢を見る。
  6. 犬は色を見分けるのが、大の苦手。
    犬は色を見分けるのが、大の苦手。
  7. 先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
    先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
  8. なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
    なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
  9. 大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
    大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
  10. 猫は、舌の上で水をすくって飲む。<br>犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
    猫は、舌の上で水をすくって飲む。
    犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
  11. 犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
    犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
  12. 「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
    「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
  13. いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
    いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
  14. いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
    いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
  15. 道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
    道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
  16. 餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
    餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
  17. なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
    なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
  18. 首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
    首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
  19. よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
    よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
  20. 犬は肉食。<br>好きな肉にも、順番がある。
    犬は肉食。
    好きな肉にも、順番がある。
  21. 犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
    犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
  22. 犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
    犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
  23. 犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
    犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
  24. 飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子供たちの行動。
    飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子供たちの行動。
  25. 水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
    水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
  26. 屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
    屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
  27. 犬のよだれは、人の汗に相当する。
    犬のよだれは、人の汗に相当する。
  28. においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
    においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
  29. 動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
    動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
  30. 曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。
    曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。

同じカテゴリーの作品