ペットから尊敬される飼い主になる
30の方法

  • 田舎には、
    都会にはない自然と野生動物たちがいる。
ペットから尊敬される飼い主になる30の方法

田舎には、都会にはない自然と野生動物たちがいる。

私は田舎出身で自由奔放な環境だったこともあり、ペットはさまざまな種類を飼ってきました。
実は、そのペットの多くは、ペットショップで購入した動物ではありません。
なんと、拾ってきた動物たちです。

田舎には、都会にはない自然と野生動物たちがいる。

動物との出会いは、ある日、突然。

運命の出会いとは、人との出会いだけの話ではありません。
ペットとの出会いも、運命があります。
地球上には、何十億もの人間がいます。

動物との出会いは、ある日、突然。

ペットを飼うのは、そもそも親に反対されるもの。

ペットを飼うとき、親に大反対された経験はありませんか。
私はあります。
それも数え切れないほどあります。

ペットを飼うのは、そもそも親に反対されるもの。

ペットは、家族の一員である。

私は、今回犬についての執筆をしようとしたとき、どのカテゴリーにしようかと思いました。
HAPPY LIFESTYLEでは、大きなカテゴリーを設けて、作品の内容ごとに適切なカテゴリーに入れています。
『「ペット」については、どのカテゴリーにしようかなあ』

ペットは、家族の一員である。

ペットがいるだけで、生活の華やかさはずいぶん変わる。

ペットと暮らし始めて変わったのは、生活スタイルです。
飼い主が親とすれば、ペットは子供と同じ扱いです。
養う対象が増えることで、何かと気になることが増えます。

ペットがいるだけで、生活の華やかさはずいぶん変わる。

自己啓発書100冊読むより、ペット1匹飼うほうが、はるかに成長できる。

ペットを飼うのは、大きなインパクトがあります。
人生へのインパクトです。
ペットの種類は問いません。

自己啓発書100冊読むより、ペット1匹飼うほうが、はるかに成長できる。

未成年者がペットを飼うというのは、すごいこと。

ペットを飼い始めると、自分が飼い主になるということですね。
命を預かり、養う対象ができます。
ほうってはおけない存在ができる。

未成年者がペットを飼うというのは、すごいこと。

人間の運命は自分で決められる。
ペットの運命は、自分では決められない。

人間の場合、ある程度、自分の運命は自分で決められます。
何を食べるのか。
どこに住むのか。

人間の運命は自分で決められる。ペットの運命は、自分では決められない。

ペットにも人間と変わらない表現を使うほうが、人間味を帯びてくる。

ペットとの心の距離感は、表現を変えると自然と近づけます。
「表現」は重要です。
軽々しい言い方を使っていると、軽々しいペットに思えますが、人間と変わらない表現を使えば、人間のような感覚が出てきます。

ペットにも人間と変わらない表現を使うほうが、人間味を帯びてくる。

動物に触れていると、哲学ができる。

あらためて考えると、神秘的なことがあります。
これまで犬・猫・モルモット・インコなど、さまざまな動物を飼ってきましたが、どのペットにも共通していることがあります。
動物園に行き、さまざまな動物たちを見るとき、多くの動物たちにも共通していることがあります。

動物に触れていると、哲学ができる。

なぜ、あらゆる動物は、他者と出会ったとき、反射的に目を見るのか。

犬が、猫と出会うと、目を見ます。
猫がカメと出会うと、同じように目を見ます。
人間も、あらゆる動物を見るとき、まず目を見ます。

なぜ、あらゆる動物は、他者と出会ったとき、反射的に目を見るのか。

自分がおいしく感じる食事を、ペットも同じように感じるとは限らない。

ペットを飼い始めるやいなや、真っ先に犯してしまいがちな間違いがあります。
それは「人間の都合で餌を与えてしまう」ということです。
自分はチョコレートが大好物だから、ペットもおいしく感じるに違いないと思って、同じものを与えてしまう。

自分がおいしく感じる食事を、ペットも同じように感じるとは限らない。

ペットの種類によって、生活習慣はまったく異なる。

ペットを飼い始めてまず勉強するのは「餌について」です。
「大好物の餌」と「与えてはいけない餌」については、ペットの健康や体調に直接つながることです。
ペットの種類によって、食は全然違います。

ペットの種類によって、生活習慣はまったく異なる。

中途半端な気持ちなら、ペットは飼わないほうがいい。

ペットを飼い始めたら、まず勉強です。
適当に育てて、うまく育つのはまれです。
たいてい育て方に失敗して、逆に苦しめてしまいます。

中途半端な気持ちなら、ペットは飼わないほうがいい。

ペットについて勉強すると、さらに親近感が湧くようになる。

ペットについて勉強すると、親近感がさらにわくようになります。
人間とは違った生活習慣や生活サイクルがあります。
それをきちんと知って理解するためには、ペットの本を買って勉強することが必要です。

ペットについて勉強すると、さらに親近感が湧くようになる。

どんなに寂しい都会生活も、ペットのおかげで救われる。

私は人と一緒にいると、気を使ってしまうほうです。
気の合わない人と一緒にいると疲れるのは当然ですが、気の合う人とでも「気分を害さないように」と多少気を使ってしまいます。
人と一緒にいると、つい顔色をうかがってしまい、そんな自分に疲れてしまいます。

どんなに寂しい都会生活も、ペットのおかげで救われる。

動物園に行くと、人としての野性的本能が目覚めてくる。

私は休日、1人で動物園に行くことがあります。
1人で動物園に行くのも珍しいと思います。
特に、東京の上野動物園にはよく行きます。

動物園に行くと、人としての野性的本能が目覚めてくる。

ペットを飼ったほうが、掃除の習慣がつきやすくなる。

部屋の中で犬や猫を飼っていると、一般的に部屋が散らかりやすくなります。
無造作に部屋のものをめちゃくちゃにして、しかも一切、片付けをしてくれません。
散らかして、ほったらかしにしている様子を見ていると「飼い主を困らせているのではないか」と思うこともあるでしょう。

ペットを飼ったほうが、掃除の習慣がつきやすくなる。

ペットがいるほうが、なぜか恋人ができやすくなる理由。

ペットを飼い始めると、自分の時間が少なくなります。
恋人がいない人がペットを飼うと、人付き合いに割ける時間が少なくなるので、余計に恋人ができにくくなるような気がします。
あなたの知り合いにペットを飼っている人はいませんか。

ペットがいるほうが、なぜか恋人ができやすくなる理由。

ペットを飼うと、自然と性格が明るくなる。

「どうしたの? 何かいいことあった?」
ペットを飼うと、そんなことを友人から言われるようになります。
人が変わったかのようになります。

ペットを飼うと、自然と性格が明るくなる。

ペットのいたずらには、飼い主へのメッセージが含まれている。

ペットが部屋を走り回って散らかしたり、いたずらをしたりすることがあります。
おしっこをもらしたり、部屋のかどを噛んだりなどです。
ペットがいたずらをするのは、飼い主へのメッセージです。

ペットのいたずらには、飼い主へのメッセージが含まれている。

「問題なく育っているけど、何か物足りない」そう思ったら、プレゼントしてほしいものがある。

ペットが大好きな人は、熱心に世話をしたり、面倒を見たりすることでしょう。
最低限、餌を与えたり掃除をしたりすれば、ペットは育ちます。
しかし、問題なく育っているけれど、何か物足りなさを感じていませんか。

「問題なく育っているけど、何か物足りない」そう思ったら、プレゼントしてほしいものがある。

ペットを育てるときに必要なのは、ギブ&ギブの精神。

「この子といると癒されそうだ。よし、家で飼うことにしよう」
よくありがちなペットを飼い始めるきっかけですが、あまりいい動機とは言えません。
いきなり最初から「見返り」を求めているからです。

ペットを育てるときに必要なのは、ギブ&ギブの精神。

癒してあげようとする人が、癒される。

「ペットを癒してあげよう」という気持ちで接すると、自然と自分が癒されます。
実家で飼っている犬のクッピーの頭をなでてあげると、喜びます。
犬なのに、目を半開きにしながら「癒されるよ」という表情をします。

癒してあげようとする人が、癒される。

悩んだり疲れたりしたときこそ、ペットとじゃれて、お告げを受け取る。

ペットは、所有しているものに執着しません。
過去を振り返ったり、未来を案じたりしません。
誰かと比べることもありません。

悩んだり疲れたりしたときこそ、ペットとじゃれて、お告げを受け取る。

初めから完璧な飼い主はいない。
ペットを飼い始めて頼られることで、飼い主らしくなっていく。

総じて、飼い主にはしっかりした人が多いと思います。
よくペットを飼っている人たちに出会うことがありますが、皆さんしっかりしています。
犬を飼っている人は、毎日欠かさず定期的に散歩をしています。

初めから完璧な飼い主はいない。ペットを飼い始めて頼られることで、飼い主らしくなっていく。

ペットの理解できない行動を、理解してあげる。

私がペットを飼っているときの楽しみの1つに「ペットの理解できない行動」があります。
どんな動物にも、理解できない行動があります。
人とペットとでは生物的に大きく異なるため、人間からすると、理解ができないだけです。

ペットの理解できない行動を、理解してあげる。

謝るという行為には、相手への謝罪と同時に、自戒の念が込められている。

ふとした拍子に、ペットのしっぽを踏んでしまうことがあります。
うっかり餌をやり忘れることがあります。
ぼうっとして、踏んづけてしまうことがあります。

謝るという行為には、相手への謝罪と同時に、自戒の念が込められている。

言うことを聞かないから叩くと、余計に言うことを聞いてくれなくなる。

生まれたばかりの赤ちゃんは、言うことを聞いてくれません。
まだ、親の言っていることが理解できないからです。
言っていることが理解できませんから、言うとおりにしてくれなくて当然です。

言うことを聞かないから叩くと、余計に言うことを聞いてくれなくなる。

本当に正しい育て方は、マニュアル本には書かれていない。

ペットを育てるマニュアルには、基本的なペットの育て方が記されています。
まだペットの育て方というものをよくわかっていないときには、穴が開くほど読んで、ペットを学ぶことが大切です。
私もペットを飼う際に、マニュアル本には大変お世話になりました。

本当に正しい育て方は、マニュアル本には書かれていない。

同じカテゴリーの作品

1:22:26
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION