犬の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

3
19

よく噛んで食べさせるのを、
強要しないようにする。

よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

犬の食べ方は豪快です。

吸引器のように、次から次へと胃に流し込んでいきます。

ステーキを与えようものなら、ぺろりと一口で食べてしまうでしょう。

噛んではいるようですが「味わっている」というより「肉を引きちぎるために噛んでいるだけ」という印象。

数回噛んだ後、ごくりと飲み込みます。

「もう少し味わいながら食べればいいのに」

そう思いますが、実際のところ犬は「味わう」というのが苦手です。

舌の上には、味を感じるための味覚器官があります。

そもそも犬の舌は、味を感じる味覚器官が大変少ないのが特徴です。

人の舌は、およそ10,000個の感覚器官である一方、犬はおよそ2,000個しかありません。

人の5分の1しかないため、味が感じられにくい状態です。

例えるなら、味の薄いコンニャクを食べている感覚に近いかもしれません。

歯ごたえはあっても、味がよくわからない状態です。

味わって食べようにも、そもそも味を感じる感覚組織が少ないです。

また「飲み込む」という食べ方にも理由があります。

犬は人と暮らし始める前、野生の中で暮らしていました。

そのときは、食べている最中、いつ外敵がやってくるかわからない状態でした。

少しでも早く食べることを優先していたため「飲み込んで食べる」というスタイルが定着しています。

早く食べるために消化器官は人以上に強力である一方、味わうことは人より劣っています。

「おいしいものを与えればきっと喜ぶに違いない」と思いますが、実は大して味を感じていません。

少し残念ですね。

 

ただし、まったく味を感じていないわけではないようです。

全体的に味に関しては鈍感ですが、甘いものに関しては比較的感度が高いようです。

甘いものであるお菓子を食べるときには「甘くておいしいな」と思っているのでしょう。

この事情を知らない飼い主の場合、ゆっくりよく噛んで味わって食べさせようと、犬をしつけがちです。

犬は味がよくわからない上、本能として飲み込む食べ方なので、しつけにくいのです。

犬の気持ちを理解しながら育てる方法(19)
  • 人の都合でよく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
犬は肉食。
好きな肉にも、順番がある。

もくじ
犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法
よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

  1. 犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
    犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
  2. 犬同士にも相性がある。
    犬同士にも相性がある。
  3. 痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
    痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
  4. 広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
    広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
  5. 実は、犬も夢を見る。
    実は、犬も夢を見る。
  6. 犬は色を見分けるのが、大の苦手。
    犬は色を見分けるのが、大の苦手。
  7. 先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
    先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
  8. なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
    なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
  9. 大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
    大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
  10. 猫は、舌の上で水をすくって飲む。<br>犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
    猫は、舌の上で水をすくって飲む。
    犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
  11. 犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
    犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
  12. 「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
    「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
  13. いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
    いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
  14. いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
    いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
  15. 道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
    道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
  16. 餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
    餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
  17. なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
    なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
  18. 首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
    首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
  19. よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
    よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
  20. 犬は肉食。<br>好きな肉にも、順番がある。
    犬は肉食。
    好きな肉にも、順番がある。
  21. 犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
    犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
  22. 犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
    犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
  23. 犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
    犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
  24. 飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子供たちの行動。
    飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子供たちの行動。
  25. 水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
    水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
  26. 屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
    屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
  27. 犬のよだれは、人の汗に相当する。
    犬のよだれは、人の汗に相当する。
  28. においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
    においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
  29. 動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
    動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
  30. 曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。
    曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。

同じカテゴリーの作品