人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

気持ちを理解しながらてる
30方法

お気に入り0 読んだ
1

素早くものに反応してしまうのは、
野生だったころの名残

犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

は素早く動くものに反応して、追いかけようとする本能があります。

子供たちがサッカーボールで遊んでいると、そのボールを追いかけ、飛びかかろうとします。

  • 「そうか。犬もサッカーを一緒にしたいのだな」

いえいえ、違います。

決してサッカーに参加したいのではありません。

動くボールが獲物のように見えているだけです。

素早く動くものを見たとき、狩猟本能が駆り立てられ、追いかけたくなります。

これは野生だったころの名残です。

犬は、人と暮らし始める以前のころ、森や林を走り回って獲物を捕まえていました。

  • 「素早く走るものを見かけたら、獲物だから、とりあえずすぐ追いかけろ」

こういう狩猟本能がインプットされています。

本能であるため、動く物を見たとき、とっさに体が反応してしまいます。

その昔からの名残が現在でも残っており、素早く動くものを見かけたとき、つい追いかけて飛びかかろうとしてしまいます。

もちろん車や子供は獲物ではありません。

追いかけるという条件反射のようなもので、実際に噛みついてしまうことは、まずありません。

 

しかし、その「急に走りだす習性」が、意外な危険を作り出してしまうことがあります。

急に動き出した車に反応して、道路に飛び出し、車にひかれてしまうかもしれません。

また、急に走りだした子供に飛びかかって倒れさせ、けがをさせてしまうこともあるでしょう。

飼い主は、素早く動く物体を見かけたとき、反応する犬の動きを予想して、リードを握り締めるようにしましょう。

犬の習性を理解しながら「その先にある危険」を未然に防ぐのです。

犬の気持ちを理解しながら育てる方法 その1

  • 素早くものをかけたら、
    しっかりリードめる
犬同士にも相性がある。

もくじ
(犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法)

同じカテゴリーの作品