人生の教科書



犬の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

お気に入り1 読んだ
15

道端の草は、
衛生的によくないので食べさせないほうがいい。

道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

一緒に散歩をしていると、道端にある草を食べようとするときがあります。

犬が草を食べている姿を見ていると、何となく野菜を食べている様子にも見えます。

現在のところ、なぜ草を食べようとするのかは、はっきりした理由は分かっていないようです。

いくつか説はあるようです。

草の栄養分を摂取しようとしている説。

草の独特の感触を楽しんでいるという説。

草を食べることで胃や腸を洗浄させる効果もあるという説。

胸焼けをしたときに草を食べて吐いて戻そうとする説。

草の独特の香りに引かれて反応しているだけという説。

さまざまな説がありますが、いずれも定かではありません。

何となく草は健康そうなイメージが強いので容認している飼い主がいますが、おすすめはできません。

人がまいた除草剤や殺虫剤などが混ざっている可能性が考えられるからです。

そうした毒物を口にすれば、おなかを壊してしまう可能性は十分に考えられます。

場合によっては、死に至らしめるような致死量が混ざっていることもあるでしょう。

基本的に道端に落ちているものは、おなかを痛める危険があるので食べさせないのは基本ですが、道端の草も同じなのです。

まとめ

犬の気持ちを理解しながら育てる方法 その15
  • 道端に生えている草は、
    口にさせないようにする。
餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。

もくじ
(犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法)

同じカテゴリーの作品