人生の教科書



犬の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

お気に入り0 読んだ
14

いくらおなかがすいているとはいえ、
拾い食いはやめさせる。

いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

犬には「食べられるものは食べておこう」という本能があります。

散歩の途中、道端に落ちているものは手当たり次第に食べられるものかどうかチェックしています。

  • 「おなかが減ったなあ。何かおいしいものは落ちていないかな」

そんなことを思いながら、道端をチェックしています。

まったくもって食いしん坊ですね。

犬は道端をクンクンとかぎ回り、気になるものがあれば立ち止まって、すぐ口にしようとします。

犬には強力な鼻があるので、食べられるかどうかは、おおむねにおいから判断できます。

人の100万倍とも言われている強力臭覚で、においだけでその食品の種類、鮮度など、正確に判断できます。

 

しかし、そうは言っても、拾い食いはあまりおすすめできることではありません。

いくら強力な臭覚とはいえ、絶対ではないからです。

ビニールに包まれていると、においが分からず、腐っているものを口にするかもしれません。

また、一見して問題がなさそうなものでも、犬には毒物であり、おなかを痛める危険性があります。

道端とはいえ、そのほかどんな不審なものが落ちているか分かりません。

散歩の途中に、犬が立ち止まったことにつられて飼い主も止まると「『食べてもいい』という合図かな」と思い口にしてしまいます。

もし犬が道端に落ちている怪しげなものを口にしようとしたら、リードを引っ張り、口にするのをやめさせるようにしましょう。

犬が興味を持っているのは分かりますが、健康面を考えてのことです。

いくらおなかがすいているとはいえ、道端に落ちている不審なものは口にさせないほうがいい。

食べるものは飼い主が与えるものだけにしましょう。

まとめ

犬の気持ちを理解しながら育てる方法 その14
  • 道端に落ちている不審なものを食べようとしたら、
    リードを引っ張りやめさせる。
道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。

もくじ
(犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法)

同じカテゴリーの作品