執筆者:水口貴博

犬の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

23
1

犬が本当に成長するために必要なのは、
意外にも飼い主以外の人と接する機会。

犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

人間は、大人になるにつれて、落ち着きを醸し出します。

なぜ子どもはやんちゃなのか。

なぜ大人は落ち着いている人が多いのか。

それはまさに「経験の差」です。

子どものころは、見るもの聞くもの触れるものすべてが新鮮だったため、一つ一つに過剰に反応してしまいがちです。

しかし、大人になるにつれ、多種多様な刺激に触れて慣れが生じるため、少々のことでは動じなくなります。

この考え方は、犬との生活にも当てはまります。

飼い主と犬との生活が始まると、飼い主には慣れます。

飼い主に慣れるのは大変喜ばしいことですが、大切なことが抜け落ちていないでしょうか。

「飼い主以外の人に慣れる経験」です。

飼い主ばかりとずっと接していると、犬が受ける刺激はワンパターンになりがちです。

声・動き・においなどワンパターンです。

飼い主のパターンにしか慣れていない場合、ほかの人を見るやいなや、吠えたり暴れたりなど過剰に反応することがあります。

ぜひ、飼い主以外の人と接する機会を増やしていきましょう。

飼い主以外の人から餌を与えてもらったり、頭や背中をなでてもらったりします。

最初は、今までとは違う違った触り方やにおいなど、いつもと違った刺激に犬は驚くことでしょう。

しかし、しばらく経つと、次第に慣れておとなしくなるはずです。

そういう人もいる。

そういうにおいもある。

そういう触り方もある。

こうした多種多様な刺激に慣れることで、犬が受け入れられる幅が広がり、落ち着きへと変わります。

犬の成長に必要なのは、飼い主以外の人と接する機会です。

飼い主としては、自分以外の人に慣れるのは、悔しいような気持ちになるでしょう。

しかし、飼い主以外の人と慣れてくれれば、本当は大喜びしていい。

飼い主と接することも大切な成長ですが、飼い主以外の人と接するほうが、さらに成長へとつながるのです。

犬の気持ちを理解しながら育てる方法(23)
  • 飼い主意外の人と慣れる機会をたくさん作る。
飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子どもたちの行動。

犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法
犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

  1. 犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
    犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
  2. 犬同士にも相性がある。
    犬同士にも相性がある。
  3. 痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
    痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
  4. 広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
    広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
  5. 実は、犬も夢を見る。
    実は、犬も夢を見る。
  6. 犬は色を見分けるのが、大の苦手。
    犬は色を見分けるのが、大の苦手。
  7. 先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
    先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
  8. なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
    なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
  9. 大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
    大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
  10. 猫は、舌の上で水をすくって飲む。<br>犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
    猫は、舌の上で水をすくって飲む。
    犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
  11. 犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
    犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
  12. 「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
    「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
  13. いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
    いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
  14. いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
    いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
  15. 道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
    道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
  16. 餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
    餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
  17. なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
    なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
  18. 首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
    首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
  19. よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
    よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
  20. 犬は肉食。<br>好きな肉にも、順番がある。
    犬は肉食。
    好きな肉にも、順番がある。
  21. 犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
    犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
  22. 犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
    犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
  23. 犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
    犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
  24. 飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子どもたちの行動。
    飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子どもたちの行動。
  25. 水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
    水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
  26. 屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
    屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
  27. 犬のよだれは、人の汗に相当する。
    犬のよだれは、人の汗に相当する。
  28. においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
    においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
  29. 動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
    動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
  30. 曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。
    曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION