犬の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

13
1

いきなり登場したハウスに、
なかなかなじんでくれないときの対処。

いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。 | 犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

「せっかくハウスを買ってあげたのに、全然入ってくれようとしない」

こういう悩みを持つ飼い主は多いのではないでしょうか。

いわば、ハウスは犬のための部屋です。

犬のために買ってきてあげますが、犬には「ある日いきなり登場したよくわからない部屋」という感覚です。

その部屋が何のためにあるのか、どういうところなのか、初めからきちんと理解してくれていない場合が多いです。

最初は警戒して近づいてくれません。

「あなたのお部屋はここですよ」と言って無理やりハウスの中に入れると、すぐハウスから出ようとします。

中より外のほうが刺激にあふれているので、すぐ出てしまいます。

「仕方ない」と思い、犬を無理やりハウスに入れて、鍵を閉めて閉じ込める飼い主もいます。

ここを自分の部屋だと思い込ませようとする強硬手段ですが、これもすすめられた方法ではありません。

閉じ込められることで、お仕置きされていると勘違いしてしまいます。

「ハウス=自分の家」と思うのではなく「ハウス=お仕置きの場所」と思うようになってしまうからです。

お仕置きの場所になってしまうと、余計にハウスに入りたがらない悪循環です。

どうすれば、ハウスを自分の家だと上手に伝えることができるのでしょうか。

  1. 扉は開けたままにする

まず普段から鍵をかけず、扉は開けっ放しにしておきましょう。

扉が閉まって鍵をかけられると、閉じ込められる恐怖を覚え、怖がってしまいます。

自由に出入りできることで、入ることへの抵抗感を小さくさせます。

  1. ハウスの中におもちゃを置く

おもちゃ、おいしい餌や水、トイレ用のスペースなど、犬が喜ぶものがハウスの中にあれば、自分から好んで入るようになります。

ゆっくり休めるようなふわふわしたシーツがあれば、なお効果的です。

暖かいシーツがあれば休憩しやすくなり、疲れたときや休みたいとき、自然とハウスの中に入るようになります。

しばらくすれば、ハウスを自分の部屋だと思うようになってくれるのです。

犬の気持ちを理解しながら育てる方法(13)
  • ハウスの中に、犬が喜ぶ物を置いておく。
いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。

犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法
犬の気持ちを理解しながら育てる30の方法

  1. 犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
    犬が素早く動くものに反応してしまうのは、野生だったころの名残。
  2. 犬同士にも相性がある。
    犬同士にも相性がある。
  3. 痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
    痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
  4. 広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
    広いハウスより、狭いハウスのほうが、落ち着く。
  5. 実は、犬も夢を見る。
    実は、犬も夢を見る。
  6. 犬は色を見分けるのが、大の苦手。
    犬は色を見分けるのが、大の苦手。
  7. 先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
    先住犬がいる家で、新しく犬を飼うときの注意ポイント。
  8. なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
    なぜ犬は、飼い主に叱られたときほど大きなあくびをするのか。
  9. 大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
    大はしゃぎする犬を、おとなしくしつける方法。
  10. 猫は、舌の上で水をすくって飲む。<br>犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
    猫は、舌の上で水をすくって飲む。
    犬は、舌の裏で水をすくって飲む。
  11. 犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
    犬用のお洋服は、単なるおしゃれだけではなかった。
  12. 「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
    「褒める量」より「叱る量」のほうが多くなっていませんか。
  13. いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
    いきなり登場したハウスに、なかなかなじんでくれないときの対処。
  14. いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
    いくらおなかがすいているとはいえ、拾い食いはやめさせる。
  15. 道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
    道端の草は、衛生的によくないので食べさせないほうがいい。
  16. 餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
    餌をやるのが楽とはいえ、出したままにするのはやめたほうがいい。
  17. なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
    なぜか自分からリードを噛み切って、飼い主のもとを離れたがる犬の気持ち。
  18. 首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
    首輪に連絡先を書いた迷子札をつけておけば、迷子になっても怖くない。
  19. よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
    よく噛んで食べさせるのを、強要しないようにする。
  20. 犬は肉食。<br>好きな肉にも、順番がある。
    犬は肉食。
    好きな肉にも、順番がある。
  21. 犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
    犬のマーキング行為は、存在のアピールをする重要な役目を果たす。
  22. 犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
    犬が変なポーズで寝始めたら、飼い主は大喜びしていい。
  23. 犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
    犬が本当に成長するために必要なのは、意外にも飼い主以外の人と接する機会。
  24. 飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子供たちの行動。
    飼い主が気を配る必要があるのは、生まれたばかりの子犬より、むしろ子供たちの行動。
  25. 水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
    水口家での飼い主と犬との間にあった、暗黙の了解。
  26. 屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
    屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
  27. 犬のよだれは、人の汗に相当する。
    犬のよだれは、人の汗に相当する。
  28. においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
    においを嗅ぎ回る犬は、人がニュースを確かめることに相当する。
  29. 動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
    動物病院の選び方で大切なのは、先生の思いやり。
  30. 曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。
    曖昧な部分を残したほうが、犬との付き合いはうまくやっていける。

同じカテゴリーの作品

2:51

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION