離婚の危機を回避する
30の方法

7
5

部屋の光と色が明るいと、
夫婦仲も明るくなる。

部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。 | 離婚の危機を回避する30の方法

ある日の仕事中、光にまつわる不思議な出来事に、2つ、遭遇しました。

まず1つ目の光にまつわる不思議な出来事は、職場で仕事中の事でした。

職場の同僚と、一緒に仕事をしていたときのことです。

同僚は、何かいつもより不機嫌そうな表情をしているように見えました。

私は「何かあったの」と尋ねると、同僚は「いつもと変わらないよ」と答えます。

では、なぜ同僚は不機嫌そうな表情に見えたのか。

理由は単純でした。

部屋が薄暗かった。

部屋が薄暗いと、顔に影ができやすくなります。

その顔にできた影のせいで、不機嫌そうな表情に見えているだけでした。

いつもと変わりない表情でも、薄暗いところの場合、不機嫌そうな表情に見えてしまいます。

「なんだ、暗いから怒っているように見えただけか」

意外な光の効果に、驚きました。

2つ目の光にまつわる不思議な出来事は、昼間に職場で起こりました。

ある日「これからはエコの時代だ」ということで「エコ活動」を始めるようになりました。

その活動の一環として、昼間は電気を消すことになりました。

昼間は仕事もないし、部屋の電気を暗くすれば電気代を節約できます。

一眠りしたい人のためにもちょうどいいということで、すぐ導入されました。

私が電気を消す当番になり、お昼になれば部屋の電気はすべて消すようにしました。

昼間なので外からの光は入ってきますが、お化け屋敷のように薄暗い職場になります。

そのエコ活動を始めてから、不思議な変化を感じるようになりました。

昼食が、いつもより味気なく感じられるようになりました。

昼食はいつもと変わらないメニューですが、部屋の電気を消して暗い中で食べると、不思議と昼食の味がぼんやりしてきます。

言い方は悪いですが、腐っているように見えてしまい、食への感覚に影響を与えていました。

暗いと、せっかくの新鮮な食材も台無しです。

さて、この2つの不思議な現象は、実は職場ではなく、家庭内でも起こっています。

あなたの家の部屋をチェックしましょう。

ずばり、部屋の電気が暗くなっていないでしょうか。

喧嘩しやすい夫婦の部屋は「部屋が暗くて、雰囲気が悪い」という特徴があります。

暗い部屋の中なら、夫のいつもと変わりないはずの顔が、なぜか怒っているように見えます。

妻が一生懸命に作った料理も、暗い部屋の中で見ると、新鮮さに欠けて、味気なく感じます。

どんなににこにこしていても、どんなにおいしい食事も、薄暗い部屋では台無しです。

部屋の電気が暗いというだけで、マイナスの印象を受けてしまいます。

どうでしょうか。

明るさとはいえ、侮れませんね。

そこで大切なのは「部屋の明るさ」です。

部屋の明るさを、もう少し明るくしてみましょう。

部屋が明るくなれば、住んでいる人の心も自然と明るくなり、夫婦の会話が和らぐ効果があります。

明るい雰囲気の仲では、喧嘩がしづらくなります。

夫婦仲を改善させるためには、明るい部屋の雰囲気作りをしていきましょう。

電球を、もう一段階明るいものに取り換えるだけです。

部屋の電気が明るいと、夫婦仲も明るくなるのです。

離婚の危機を回避する方法(7)
  • 部屋を、明るくさせる。
部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。

離婚の危機を回避する30の方法
離婚の危機を回避する30の方法

  1. 結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
    結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
  2. 夫だけが使うものは夫のもの。<br>妻だけが使うものは妻のもの。<br>夫婦が共用するものは夫婦のもの。
    夫だけが使うものは夫のもの。
    妻だけが使うものは妻のもの。
    夫婦が共用するものは夫婦のもの。
  3. 夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
    夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
  4. 「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
    「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
  5. 熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
    熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
  6. 「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
    「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
  7. 部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
    部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
  8. 部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
    部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
  9. 会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
    会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
  10. 言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
    言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
  11. 口喧嘩をするから早口になるのではない。<br>早口になるから口喧嘩になる。
    口喧嘩をするから早口になるのではない。
    早口になるから口喧嘩になる。
  12. 夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
    夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
  13. 集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
    集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
  14. ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
    ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
  15. マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
    マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
  16. 嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。<br>1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
    嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。
    1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
  17. 「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
    「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
  18. 普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
    普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
  19. 違いはあって当然。<br>違いを楽しめることが必要だ。
    違いはあって当然。
    違いを楽しめることが必要だ。
  20. 子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
    子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
  21. ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
    ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
  22. 「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
    「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
  23. 1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
    1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
  24. 「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
    「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
  25. 家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
    家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
  26. 緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
    緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
  27. 緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
    緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
  28. 心の中で、パートナーと一度離婚する。
    心の中で、パートナーと一度離婚する。
  29. 別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
    別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
  30. 「よい離婚」も、世の中にはある。
    「よい離婚」も、世の中にはある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION