人生の教科書



食事マナー
「本膳料理・会席料理・懐石料理」の違いと特徴。
食事マナー
彩りや盛り付けが美しいほど、その裏には、料理人の苦労がある証拠。
食事マナー
ビュッフェで、できたばかりの料理を必ず食べられる時間帯とは。
食事マナー
四大中華料理が生まれた歴史的背景と特徴。
家族運営
家族とは、鍋料理。
あくが出れば、取り除こう。
暮らし
料理人や給仕は、見えない努力をしている。
食事マナー

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り6 読んだ
25

出てきた料理は、
すぐ食べ始めるのがマナー。

出てきた料理は、すぐ食べ始めるのがマナー。 | 食事の作法とマナーの30の基本

出てきた料理は、すぐ食べ始めるのが、大切な食事のマナーです。

日本料理の代表の1つに、寿司があります。

寿司は高級であるほど、握るのが早いです。

鮮度を大切にしているからです。

寿司を食べに行ったら、職人さんの寿司を握る速さに注目してみましょう。

素早いです。

できるだけ、お客様に新鮮な寿司を食べていただくために、1秒でも早く、握ってくれているのです。

これは、お客様への愛情です。

「早く食べてもらいたい。できるだけ新鮮な状態でいただいてほしい」という、料理人の愛情が込められています。

世の中には、その料理人の愛情に気づいていない人がいます。

食事が出てきても、話をだらだらするばかりです。

せっかく出てきた料理に、なかなか手をつけません。

少しでも新鮮なものを楽しんでもらうため、素早く作ったのに、なかなか手をつけないのは、料理人や店員に失礼です。

一度でも、誰かのために料理を作った経験のある人なら、分かる感覚のはずです。

作った料理を、出した瞬間にすぐ食べ始めてくれるのは、本当に嬉しいものなのです。

作ってくれた料理人や給仕の気持ちに応えるためにも、出てきた料理は、すぐ食べ始めるのがマナーです。

まとめ

食事の作法とマナーの基本 その25
  • 出てきた料理は、すぐ食べ始める。
次のページ >>
みんなで食べると「仲間意識」が強くなる。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品