人生の教科書



金銭感覚
健康運は、金運とつながっている。
生き方
若いうちなら、失敗も許される。
食事マナー

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り5 読んだ
19

無理をしてまで、
全部食べなくてもいい。

無理をしてまで、全部食べなくてもいい。 | 食事の作法とマナーの30の基本

食べるときには、できるだけ残さないように食べることがマナーです。

せっかくの料理ですから、全部食べたいものです。

 

しかし、やはり量が多いときは、食べきれないときがあります。

量が多くて、食べきれないときには、無理をしてまで食べる必要はありません。

無理をして食べているところを見ても、痛々しいだけです。

苦しい表情は、見ているほうも苦しくなります。

私の家は、自給自足の家庭です。

自分の家で食べるお米を自分の田んぼで育てています。

幼いころから、お米ができる一部始終を知っているため、お米1粒の感謝を深く感じます。

お米を作るのは、大変なことなのです。

自分の家でできたお米を、自分の家庭の食卓で食べることになります。

やはり自分の家で作ったお米は、情がありますから一番おいしく感じます。

だからとはいえ、差し出された食事を全部食べなければいけないのかというと、そうでもないのです。

私の母は、私にとって多い量だと気づくと「無理をしてまで食べなくてもいい」と言ってくれます。

私が苦しそうな顔をしてまで食べていると、食卓の雰囲気が悪くなるのです。

みんなで楽しく明るく食べる食卓でありたいものです。

食べきれなくて食事とにらめっこをしていても、みんなに迷惑になるだけです。

友達が、量が多くて食べきれなさそうなときには、こちらから進んで「無理して全部食べなくてもいいよ」と言ってあげましょう。

苦しい表情は、見ていてもつらいし、本人もおいしく味わうどころか、苦しいだけです。

日本人は、戦争の影響もあってか「もったいない精神」がいまだに根強くあります。

もったいない気持ちは、もたなければなりません。

 

しかし、その反面、無理をしない気持ちも持つ必要があります。

そのときそのときに応じて、臨機応変に対応することが大切です。

まとめ

食事の作法とマナーの基本 その19
  • 「無理して全部食べなくてもいいよ」と、言ってあげる。
次のページ >>
明るい話こそが、食事をもっとおいしくさせる。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品