人生の教科書



食事マナー
ご飯をおかわりするときのマナー。
食事マナー
中国茶の主な種類と特徴。
食事マナー
食事中は、お茶を飲まない。
できれば、水も控えたい。
自分磨き
お茶は飲み物。
口をゆすぐものではない。
投資
文化のある物を、実際に使ってみる。
食事マナー
脂っこい中華料理を毎日食べている中国人が、太らない理由。
食事マナー

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り3 読んだ
10

食事を楽しむのは、
味だけでなく、
器でも楽しむ。

食事を楽しむのは、味だけでなく、器でも楽しむ。 | 食事の作法とマナーの30の基本

食事をするときには、食事だけ楽しむのではありません。

盛り付けられている食器を、見て楽しむことが大切です。

私が家族で徳島にいる妹の大学へ、学園祭を見に行ったときのことです。

大学の近くに、しっかりお茶をたててくれるお店があり、お茶を飲みに行きました。

座る椅子は、日本的な赤い布が敷かれてあり、テーブルもとても落ち着いています。

店内には本格的なお茶のいい香りがします。

大きな器に、少しだけ緑色のお茶が入っていました。

母はみんなが飲む前に「これはこのように飲むのよ」という説明を始めました。

母は昔、茶道をやっていました。

人一倍、お茶にはうるさい人です。

「飲む前に、まず茶碗を見てから飲むと、よりおいしくいただける」と母が言った一言が印象的でした。

 

たしかにそのときに飲んだ茶碗は、立派なものでした。

茶碗博物館に置かれていそうな、立派な茶碗です。

茶碗をよく見てから、お茶を飲むと、お茶の味が深い味わいに変わってきます。

私は「これはお茶だけでなく、食事をするときには大切なことだな」と思いました。

コーヒーショップにしろ、レストランにしろ、独特の器に食事が盛り付けされていることが多いです。

私は、今までそれに気づかずに、ただ食べてばかりいました。

独特の器にも、お店のこだわりがあります。

器で、違う視点から、おいしさを楽しむことができるようになるのです。

食事では、食べるものを見るだけではありません。

盛り付けられている器も、見て楽しむことが、よりおいしく食事をいただくことができるコツなのです。

まとめ

食事の作法とマナーの基本 その10
  • 器の装飾やデザインも、見て楽しむ。
次のページ >>
食事がまずくても「まずい」とだけは言わない。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品