食事の作法とマナーの
30の基本

20
7

明るい話こそが、
食事をもっとおいしくさせる。

明るい話こそが、食事をもっとおいしくさせる。 | 食事の作法とマナーの30の基本

おいしい食事を、よりおいしくいただくためのスパイスがあります。

「明るい話」です。

会社で上司に褒められたこと、仕事に慣れてきたこと、今度コンサートに行くような明るい話は、食事のときには喜ばれる会話です。

明るい話は難しく考える必要はありません。

前向きな話なら、何でもOKです。

「今日は、いい天気だね」という会話でも、食事をよりおいしくいただけるスパイスになるのです。

学生時代の遠足のときには、お弁当がいつもよりおいしく感じられます。

なぜ遠足で食べるお弁当は、あれほどおいしいのでしょうか。

それは、楽しいからです。

遠足のうきうき気分や、友人とみんなで楽しく食事をすることで、ただの白米のご飯でも、おいしいご飯に変わるのです。

私たちは年を取るにつれて現実的な考え方になり、食事の最中の会話も、現実的な話になってしまいがちです。

昔は食事中にウルトラマンになる話をよくしていたのに、最近はストレスの話ばかりになっていたりします。

おいしく食事をするのは、子供のほうがよほど上手です。

明るい話をしながら食べるのは、子供たちの得意分野なのです。

大人になっても子供たちのように、食事中は明るい話をするように心がけましょう。

明るい話をするだけで、おいしく食事をいただくことができるのです。

食事の作法とマナーの基本(20)
  • 食事中は、明るい話をする。
食べ方がわからないときには「教えてください」と聞ける人が、かっこいい。

食事の作法とマナーの30の基本
食事の作法とマナーの30の基本

  1. 「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
    「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
  2. 「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
    「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
  3. 作ってくださった方にも「食事をいただきます」と感謝する。
    作ってくださった方にも「食事をいただきます」と感謝する。
  4. 外食では、食事を楽しむだけでなく、雰囲気も楽しむことが大切。
    外食では、食事を楽しむだけでなく、雰囲気も楽しむことが大切。
  5. 外食では、食べるだけでなく「サービス精神」を勉強できる。
    外食では、食べるだけでなく「サービス精神」を勉強できる。
  6. 食事をするときには「くちゃくちゃ」と音を立てない。<br>「もぐもぐ」にすればいい。
    食事をするときには「くちゃくちゃ」と音を立てない。
    「もぐもぐ」にすればいい。
  7. レストランで、大声で話すお客様は、嫌われる。
    レストランで、大声で話すお客様は、嫌われる。
  8. 食べ放題で、下心を出し放題にしない。
    食べ放題で、下心を出し放題にしない。
  9. 食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
    食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
  10. 食事を楽しむのは、味だけでなく、器でも楽しむ。
    食事を楽しむのは、味だけでなく、器でも楽しむ。
  11. 食事がまずくても「まずい」とだけは言わない。
    食事がまずくても「まずい」とだけは言わない。
  12. 誰かと一緒に食事をするときは、自分任せのスピードで食事をしない。
    誰かと一緒に食事をするときは、自分任せのスピードで食事をしない。
  13. 食事中には、貧乏ゆすりは禁物。
    食事中には、貧乏ゆすりは禁物。
  14. 「おいしかった」ほど、嬉しい褒め言葉はない。
    「おいしかった」ほど、嬉しい褒め言葉はない。
  15. つい長居してしまう、人気のコーヒーショップによく見られる特徴とは。
    つい長居してしまう、人気のコーヒーショップによく見られる特徴とは。
  16. 「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
    「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
  17. オーダーするときには、メニューばかりを見ない。<br>店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
    オーダーするときには、メニューばかりを見ない。
    店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
  18. オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
    オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
  19. 無理をしてまで、全部食べなくてもいい。
    無理をしてまで、全部食べなくてもいい。
  20. 明るい話こそが、食事をもっとおいしくさせる。
    明るい話こそが、食事をもっとおいしくさせる。
  21. 食べ方がわからないときには「教えてください」と聞ける人が、かっこいい。
    食べ方がわからないときには「教えてください」と聞ける人が、かっこいい。
  22. 友人との食事中には、ちらちら時計を見ない。
    友人との食事中には、ちらちら時計を見ない。
  23. 食事中に肘をつかない。<br>手首をテーブルに乗せればいい。
    食事中に肘をつかない。
    手首をテーブルに乗せればいい。
  24. 携帯電話の音が、食事中の雰囲気を壊してしまう。
    携帯電話の音が、食事中の雰囲気を壊してしまう。
  25. 出てきた料理は、すぐ食べ始めるのがマナー。
    出てきた料理は、すぐ食べ始めるのがマナー。
  26. みんなで食べると「仲間意識」が強くなる。
    みんなで食べると「仲間意識」が強くなる。
  27. 1人での食事は「自立心」を高める。
    1人での食事は「自立心」を高める。
  28. おいしく食事を味わうには、よく噛んで食べればいい。
    おいしく食事を味わうには、よく噛んで食べればいい。
  29. 食事を組み合わせることで、メニューにはない食事を楽しめる。
    食事を組み合わせることで、メニューにはない食事を楽しめる。
  30. 学校の給食は、私たちの食事の原点だ。
    学校の給食は、私たちの食事の原点だ。

同じカテゴリーの作品

食事マナー」の人気記事

1
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事マナー
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事の作法とマナーの30の基本
2
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事マナー
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。
店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事の作法とマナーの30の基本
3
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事マナー
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事の作法とマナーの30の基本
4
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
食事マナー
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
テーブルマナーの達人が心がける30の心得
5
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事マナー
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事の作法とマナーの30の基本
6
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事マナー
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事の作法とマナーの30の基本
7
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
食事マナー
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
8
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
食事マナー
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー
9
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事マナー
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事の作法とマナーの30の基本
10
失敗は、表情で決まる。
食事マナー
失敗は、表情で決まる。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION