人生の教科書



読み上げ動画・音声
心の健康
「立派に見せよう」とする人は、立派ではない人。
体臭対策
からいものや熱いものを、食べすぎない。
ファッション
指先の小さな爪は、体全体のイメージまで波及する。
自分磨き
考えすぎて性格の人は、適度な気分転換を身につけておこう。

食事作法マナー
30基本

お気に入り6 読んだ
21

からないときには
「教えてくださいけるが、
かっこいい

際的な料理をいただくときには、どう食べればいいのか分からないときがあります。

韓国料理、中国料理、インド料理など、それぞれの国料理には、それぞれの食べ方があります。

中には、どう食べればいいのかまったく分からない料理が出てくるときもあります。

韓国料理には「プルコギ」という肉料理があります。

プルコギには、決まって、大きなレタスも一緒に運ばれてきます。

最初私は、レタスはレタスのままで食べていました。

肉は肉だけで食べていました。

すると、一緒に食べていた韓国人の友達が「このレタスで肉を包んで食べるんだよ」と教えてくれました。

私は、食べ方がよく分からず、適当に食べていたことが恥ずかしくなってしまいました。

こんなことなら、出てきた時点で店員に食べ方を聞いておくべきだったなと後悔しました。

ワインをオーダーするときには、ソムリエが出てきます。

どんなにワインに知識があっても、ソムリエにはかないません。

ワインのオーダーで困ったときにも、ソムリエに聞けばいいのです。

恥ずかしがる必要はありません。

ソムリエはワインの専門家です。

  • 「ワインについては、よく分からないのですが、飲みやすいものをお願いします」

  • 「甘くて、おいしく飲めるワインをお願いします」

  • 「この料理に合うワインをお願いします」

そう言うと、ソムリエは喜んで引き受けてくれるでしょう。

ソムリエにとって、ワインのことで頼られることは、やりがいを感じるのです。

分からないときには「分かりません。教えてください」といえる、勇気が必要です。

分からないのに、知ったかぶりをするのは、かっこいい食事マナーとは言えません。

かっこいい人は、見栄を張らず「教えてください」と言える、勇気を持った人なのです。

食事の作法とマナーの基本 その21

  • からないときには、
    店員

同じカテゴリーの作品