人生の教科書



食事マナー
レストラン内では、携帯電話の電源を切るのがマナー。
もしくはマナーモードにする。
就職活動
面接前は、携帯電話の電源を切っておくこと。
人付き合い
携帯電話の魔法にかかってしまうと、周りが見えなくなってしまう。
ビジネスマナー
携帯電話が登場して、待ち合わせにずぼらな人間が増えた。
プラス思考
携帯電話では実現できないサービス。
ビジネスマナー
食事中に携帯電話を触らない。
食事マナー

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り1 読んだ
24

携帯電話の音が、
食事中の雰囲気を壊してしまう。

携帯電話の音が、食事中の雰囲気を壊してしまう。 | 食事の作法とマナーの30の基本

最近になって新しくできたマナーがあります。

携帯電話のマナーです。

携帯電話は、比較的最近になり、突然市場に現れた電話です。

そのため、電話は電話でも、今は若者のほうが携帯電話に詳しい時代です。

携帯電話の出現によって、もちろんマナーも新しくできました。

ぜひ気をつけていただきたい、携帯電話のマナーがあります。

「食事中、携帯電話で話す」というマナー違反です。

食事中、携帯電話で話すのは、相手に失礼です。

以前、楽しく食事をしている最中に自分の携帯電話の着信音が鳴ってしまい、楽しい雰囲気を壊してしまったことがあります。

私は、恥ずかしかった。

携帯電話の着信音は、雰囲気を一気に壊してしまう不快な音です。

せっかくのよい雰囲気も、台無しです。

食事の際も、携帯電話の音には気をつける必要があります。

大切な人と食事をするときには「マナーモード」にしましょう。

少なくとも、相手の気分が悪くなるようなことだけは避けたいです。

携帯電話のようなデジタル機器の出現で、人との関係が薄くなりつつある時代です。

だからこそ、デジタル機器の使い方には、より気をつける必要があるのです。

まとめ

食事の作法とマナーの基本 その24
  • 食事中に、携帯電話で話さないようにする。
次のページ >>
出てきた料理は、すぐ食べ始めるのがマナー。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品