人生の教科書



食事マナー
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
スキンケア
「いただきます」「ごちそうさま」という習慣は、若返る習慣だ。
食事マナー

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り12 読んだ
1

「いただきます」と
「ごちそうさま」が、
一番大切な食事のマナー。

「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。 | 食事の作法とマナーの30の基本

本屋では「食事マナーの基本」「大人の食事マナー」といった内容の本を多く見かけます。

私は、食べるのが大好きです。

食べるときにはかっこよく、礼儀よく、きれいな食べ方をしたいと思います。

本屋に行って、マナーの本をよく読んだものです。

 

しかし、本屋にあるマナーの本には、いつも大切なことが抜けていて、不思議に思うことがあります。

フォークの持ち方やナプキンの使い方より、はるかに大切なことがあります。

食事の際の「いただきます」と「ごちそうさま」の一言です。

「食べるときには『いただきます』と『ごちそうさま』が大切」とは、なかなか書かれていません。

当たり前すぎることだからでしょうか。

 

では、当たり前すぎる「いただきます」と「ごちそうさま」をきちんと言えていますか。

今「いただきます」と「ごちそうさま」を言えない人が増えています。

親から、食事の際の一言を教わらずに育っています。

今、日本では「飽食の時代」といわれています。

食べ物が不足していた時代とは違い、今は、食べ物があふれている時代です。

コンビニに行けば、簡単に食べ物を手に入れることができます。

デパートに行けば、野菜やパン、ご飯など何でも手に入ってしまいます。

そのために「食べることへのありがたみ」を忘れているのです。

本来生きるためには「食べる」ということは、必要なことです。

生きるために、欠かすことのできない基本的な生理現象です。

だから余計に、食事の際は食べることに対して、感謝をして食べることこそ、本当にかっこいい食事マナーなのです。

会社の雰囲気や食べる場所によっては、大きな声で「いただきます」「ごちそうさま」と言いにくいこともあるでしょう。

そんなときは、心の中で「いただきます」「ごちそうさま」と言いましょう。

食事に感謝して食べることができるほうが、はるかに大切な食事マナーなのです。

まとめ

食事の作法とマナーの基本 その1
  • 「いただきます」
    「ごちそうさま」と言って、
    食事に感謝をする。
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品